海外駐在中に妻が生活を楽しむ4つの方法:孤独でも焦らない!

記事の著者:639282

駐在妻が生活を楽しむためにはどうすれば良いのでしょうか。海外駐在中、夫は仕事があってなんとかうまくやれても、しっかりと前向きに駐在中の時期を楽しまなければ海外駐在妻は気持ちが沈みやすいです。

全く知らない土地で言葉も文化も違い、夫以外に頼りになる人が普段からおらず、夫自身も仕事が忙しければなかなか構ってもらえないことも多いです。するとますます妻の不安は大きくなり、孤独に悩むことが多くなってしまいます。だから、駐在妻の友達を作ったり、SNSを活用したりして、不安を取り除きましょう。

今回は、駐在中の時期を楽しむための方法を4つ紹介します。海外駐在中の生活に悩む主婦の方はぜひ参考にしてみてください。

駐在妻の友達を作る

まずは、現地でも交流できる友達を作ることが一番です。とはいえ、現地で何も知らないところから友達を作るのもハードルが高すぎると感じる人も多いでしょう。

そんなときはまず、夫を通じて他の駐在妻を紹介してもらえるのが一番です。家にこもっていても気持ちは晴れませんので、話が分かる友達を作って出かけるようにすると良いでしょう。

自分たちよりも駐在期間が長い人であれば、友達になった駐在妻から、現地のことをいろいろと教えてもらえるのでかなり助かるはずです。

寂しい思いをしているのはお互い様なので、駐在妻同士はすぐに打ち解けて仲良くなりやすいとも言いますし、ぜひ繋がりを持てそうであれば仲を深めていきましょう。

特に駐在員は住んでいる場所が同じようなところである場合も多いので、交流はしやすいはずです。

駐在妻の気持ちが分かる人とSNSで交流する

なかなか実際に他の駐在妻とリアルで交流するのが難しい場合は、今の時代、強い味方となるのはやはりSNSです。

駐在妻の話が分かる人、苦労話を聞いてくれる友達がいれば、普段からSNSで交流を深めておきましょう。そこで近くにいる駐在妻同士偶然出会うことがあれば、結果として万々歳です。

また、SNSに現地の写真などをアップすることを楽しみに生活するのもありでしょう。

海外生活はなかなか経験できることではないので、自分なりの楽しみ方を身に着けられるのであれば、それが一番です。

趣味に時間を費やす

これを機に、家で出来る趣味に時間を費やすことも良いでしょう。駐在妻は時間を持て余すことが多いとよく言われています。

だからこそ孤独を感じ、気持ちも沈みやすいのですが、趣味が多い人や自分の時間を大切にしたい人には逆にチャンスだとも言えます。しっかりと自分の時間を満足に使えるときなんて、今後いつ来るかも分かりません。

趣味がある人は、今まで自分の時間を満足に持てなくてつらい思いをしていたはずです。駐在期間を機に、自分の趣味を極めてみるのも一つの手です。

孤独であることに焦りを感じない

海外駐在妻が気落ちせずに生活を楽しむコツの一つとして、やはり孤独であることに焦りを感じすぎないことがあげられます。

冷静になって考えてみれば、その国にずっと住むわけでもないですし、そこまで焦る必要もない場合も多いです。

孤独とはいえ最大の味方である夫もいますし、日本にいる友達とも連絡は取れるはずです。

長い時間をかけて自分のペースでゆっくり行動していけば、現地で交流できる友達もいずれできるでしょう。あまり焦りを感じすぎないことも大事なことです。