いらなくなった冷蔵庫の正しい廃棄方法6つ:友人や知人に譲ろう!

記事の著者:1059325

引っ越しや冷蔵庫の買い替えのときなど、まだ使える冷蔵庫なのにやむを得ず古い冷蔵庫を廃棄しなければならなくなったという経験はありませんか? 

冷蔵庫を廃棄するには、家電リサイクル法で定められた適切な廃棄方法で廃棄しなければなりませんが、古い冷蔵庫ってどうやって廃棄したらいいのかということはよくわからない人も多いものです。

今回は冷蔵庫の廃棄方法を手っ取り早く知りたいという人のために、冷蔵庫の正しい廃棄方法を6つ紹介します。

冷蔵庫を自分で廃棄するには

友人・知人に譲る

現在使っている冷蔵庫なので、使おうと思えば引き続き使うことができます。

友人・知人で冷蔵庫を必要としている人がいれば譲ってしまいましょう。引き取りに来てもらえば運搬料も廃棄料もかかりません。

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップに買い取ってもらうのも選択肢のうちの1つです。リサイクルショップに買い取ってもらえるのであれば自宅に引き取りに来てもらえるので、運搬料も廃棄料もかかりません。

買取りが断られるケースもありますので、実際に冷蔵庫を店に持ち込む前に問い合わせをしてみることをおすすめします。

ネットオークションなどで販売する

ネットオークションなどで冷蔵庫を必要としている人に売り渡すこともできます。

ただし、大型の冷蔵庫の場合は宅配便の送料が高くなったり送れなかったりすることも。また、しっかり梱包しないと途中で破損したりする恐れがありますので注意が必要です。

市町村指定の処分場に引き取ってもらう

市町村に問い合わせると廃棄方法を確認しましょう。

他の人から譲ってもらったり、買ってもらった冷蔵庫など、廃棄する冷蔵庫を購入した電気店がわからず、1日でも早く処分したい場合は、市町村に問い合わせると廃棄方法を確認しましょう。

市町村指定の処分場に自分で持ち込めば引き取ってもらうことができます。

市町村指定の処分場へ持ち込む

冷蔵庫を市町村指定の処分場に自分で持ち込む場合は、郵便局にある振込用紙(家電リサイクル券)を使ってリサイクル料金を支払い、全国にある指定の処分場へ直接持ち込みます。

市町村指定の処分場へ自分で持ち込むので運搬料金はかかりませんので、リサイクル料金のみ自己負担となります。

市町村の指定処分場の所在地は、家電製品協会のホームページで確認することができます。

業者に廃棄をお願いする場合

新しい冷蔵庫を購入する電気店に引き取ってもらう

新居に引っ越した後、新しい冷蔵庫を購入するときに電気店で古い冷蔵庫を回収してもらうことができます。不要になった冷蔵庫を引き取ってもらうには、リサイクル料金と収集・運搬料金がかかります。

リサイクル料金はメーカーごとや冷蔵庫の容量によって異なり、170L以下は3,672円から、171L以上は4,644円からで、メーカーごとに料金が異なります。

また収集・運搬料金は小売業者ごとに異なりますので、新しい冷蔵庫を購入するときに電器店に確認しましょう。

廃棄する冷蔵庫を購入した電気店に引き取ってもらう

古い冷蔵庫を新居では使わない場合は、その冷蔵庫を購入した電気店に引き取ってもらうこともできます。

その際にリサイクル料金と収集・運搬料金がかかりますので冷蔵庫引き取りの可否と合わせてリサイクル料と収集・運搬料金も確認しましょう。

不要になった冷蔵庫は正しい方法で処分しましょう!

「電話一本で無料で引き取りにきてくれる」という謳い文句の無許可処分業者に依頼することは避けたほうが無難です。

無料で回収すると言っていたのに、荷物を積み込んだ後に高額な請求をされるなど、回収業者と思わぬトラブルに巻き込まれたり、回収した冷蔵庫の不法投棄を助長してしまったりする恐れがあります。