息子夫婦から絶縁宣言された:親としてどう対処する?

息子夫婦からの絶縁宣言というのは、親の心情を考えると痛ましいものですが、そこにいたる経緯と原因はなんだったのでしょうか。絶縁理由を考察することで、今後の親子関係をどうしていくのかを前向きに考えることができるかもしれません。

そもそも絶縁というのは心情的なものであり、親子の縁は切れるものではありません。年を経て息子夫婦が自分の子供を独立させる年齢になった時、今度は自分が絶縁される立場になるかもしれないのです。

絶縁宣言された原因

息子夫婦に干渉しすぎた

息子夫婦からの絶縁宣言をされた原因の多くが、息子夫婦の家庭に姑が干渉しすぎた、ということです。

例えば、息子夫婦が共働きのため、家事の援助に行っていたものの、つい口出しをし過ぎて、嫁の悪口を言ったり、息子夫婦のやり方に口出しをしすぎたことが息子あるいは嫁の感情にふれたため、ついには絶縁を宣言された、というような事例です。

絶縁は嫁の意思


息子夫婦vs姑の問題は、平たく言えば嫁対姑の問題と言えます。嫁の姑に対する嫌な感情が起因していることが多いのです。

それは息子夫婦の家庭への過干渉であることが多いのです。

そもそも干渉するにいたったのは、姑が一方的に息子夫婦に何かと口出ししたり、家庭を訪れたりしたのか、それとも息子夫婦からの要請で家事を援助していたのか、では事情が違ってきます。

また姑に悪意はなくても、嫁が姑を嫌っているだけなら、しばらく冷静になってみれば、息子の気遣いで関係が修復できるかもしれません。

絶縁宣言された後の対処法

嫁と息子夫婦を大事にする


息子夫婦と何らかの理由で関係が悪くなってしまっても、例えば娘は、よほどそれ以前の親子関係が悪くない限り、姑の味方であり続けるでしょう。

嫁に取られてしまった息子には見切りをつけ、仲良くできる娘と良い関係を続けて行けるようにしましょう。

遺言で意思表示をする


息子夫婦からの絶縁宣言にいたった原因が、人としてあまりに理不尽なものであった場合かつ、これから先の関係修復も無理そうな場合は、遺言で遺産をなるべく息子に残さないなどの法的な措置も考えましょう。

親子といえども違う家庭の嫁と結婚し、別世帯を構えた息子は、たとえ嫁の意見かもしれないとは言え、限りなく他人と思った方が気持ちが楽になるかもしれません。

法的には遺留分があるので、全く渡さないわけにはいきませんが、親の意思を示すことにはなるでしょう。

また、自分の夫婦関係も見直し最後まで人生を共にするパートナーとしてお互い尊敬し大事にできるよう、共通の趣味を見つけたり、家庭以外に目を向けて日常生活に楽しみを見つけるようにしましょう。

また、親子関係を修復したくて誰かに相談したいという方は、電話占いエキサイトで相談してみてはいかがでしょうか。

電話占いエキサイトでは、150名以上の占い師のなかから自分にあった占い師を選らべます!

私の性格をよく読んでいただきました。また息子の相談の件では、もう本当に、日頃から実は私自身も気にしていた私の態度が息子の問題に顕著に表れていたのとを伺った時は、心に響きました。今のうちから、きちんとできることをやっていかなくちゃ、と思いました。早速明日の朝から頑張ります!!

このように親子関係を扱ってくれる占い師も多く在籍しています。

さらに、新規会員登録で2,500円分無料で占ってもらえるので、ぜひチェックしてみてください!

エキサイト電話占いをチェックする

記事の著者