おもちゃを増やさない方法7選:長く大事に使うことを教えよう!

子どもが成長するにつれて、おもちゃの数もどんどん増えていきます。増え続けるおもちゃをどう収納するか、頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。

限りあるスペースの中に、すべてのおもちゃを収納するのはまず不可能なことです。

増えてしまいがちなおもちゃですが、どうすれば適切な量をキープできるのでしょうか。

1つ1つを大事にすることを教える

たくさんのおもちゃがある方が色々な遊びができると思い、次から次へとおもちゃを買ってあげたりしていませんか?

1つ1つのおもちゃを大事に長く使うように教えることで、不要なおもちゃを増やさずに済むでしょう。少ないおもちゃでも遊びのバリエーションを広げることはできますし、子どもの発想力も豊かに育ちます。

買い方を考える~本当に子どものために買っている?~

「種類が多い方が飽きないから…」と考えていっぱいおもちゃを買ってあげても、子どもが遊んでいるものはいつも決まったものだったりしませんか?

部屋に溢れるたくさんのおもちゃは、本当に子どものために買っているのでしょうか。親がたくさん買い与えて安心感や満足感を得ている、という可能性も考えられます。

子どもが喜ぶかなと思って買うのではなく、本当に欲しがっているから買うというようにすると、自然とおもちゃの数もキープできるでしょう。

いらないおもちゃは断る勇気を持つ

ノベルティとして頂いたり、家に遊びに来るたびに小さなおもちゃを持ってきてくれる祖父母など…想定外におもちゃをもらう機会は多いものです。

いらないおもちゃは、思い切って断る勇気を持つように心がけましょう。

祖父母や友人など、断りづらい方に対しては、さりげなく他のおもちゃのリクエストをしてみるのも手です。

量より質を大事に

安価なプラスチックのおもちゃを次から次へとたくさん持つよりも、木製など質の良いおもちゃを長く持つことで、子どもにおもちゃに対する愛着心が生まれます。

ものを大事にする、という心を小さいころから育むことはとても大切です。大事に使ったおもちゃの思い出は、きっと記憶に残るでしょう。

簡単に捨てない

親があまりにも簡単におもちゃを捨ててしまうと、子どもはそれを見ておもちゃを使い捨てのように考えてしまうかもしれません。壊れても、なくしても、すぐ買ってもらえると思ってしまいます。

少し壊れていたとしても、子どもにとっては大切なおもちゃです。長く大事に使うという気持ちを教えるためには、親も簡単にものを捨てないように気をつけましょう。

壊れたおもちゃはまた使えるように、修理してあげるのもオススメです。

おもちゃの収納スペースを決めておく

おもちゃを増やさないためには、おもちゃのお片付け場所はここだけと、収納スペースをはっきりとさせておくことが重要です。

ここに収まる分しかおもちゃは持たない、と決めておくことでおもちゃがあふれかえることを防ぐことができます。

親の考えを子どもにも見せることが大切

親がものを大量に買い込んだり、次から次へと消費するような癖を持たないようにしましょう。質のいいものを長く大切に使っている姿を子どもは見て、真似します。

これは子育て全般に言えることですが、子どもにこうさせたい!こう教えたい!と思ったら、まずは親自身がそのようにしているかどうか、振り返ってみることが大切です。

記事の著者

子育ての悩みをもっと見る