転勤をきっかけに転職する際に注意すべきこと:転職活動がハードに!?

転勤辞令が出され転勤することになってしまったものの、さまざまな理由から、転勤したくないという人はいるかもしれません。

転勤したくないため転勤辞令が出されたことをきっかけに転職を検討をする人もいるのです。

そこで今回は転勤をきっかけに転職する際に、注意しなければならないポイントを全部で5つ紹介していきます。ぜひチェックしてみてください。

なお次の仕事を探す場合は、国内最大の転職サイト「リクルートエージェント」に登録することをおすすめします。

リクルートエージェントでは、専門のアドバイザーが希望業種や職種の相談や書類の書き方までサポートしてくれるので初めての転職でも安心です。

リクルートエージェントのサイトを見る

転勤によるデメリット

まずは、転勤をすることによるデメリットについて考えていきます。

転勤によって生まれるプラスの面ももちろんありますが、これらのデメリットを踏まえた上で、転職をするかどうかを検討してみてください。

1.人間関係がリセット

職場の人間関係だけでなく、ご近所付き合いも0からのスタートになります。また、転勤先によっては学生のころからの友人も気軽に会えなくなってしまいます。

人付き合いが苦手な人の場合人間関係がリセットされてしまうのは相当きついでしょう。

2.子供を転校させなければならない

大人になっても新しい環境、新しい人間関係には急に慣れることはできません。子供ならなおさらです。

子供の性格をなどで一緒に転勤するのが、単身赴任にするのか決めましょう。

3.家族と離れることになる

共働きの場合や、子供のことを考えた場合、単身赴任を選択しなければならないかもしれません。その場合、新しい環境、職場な上に家事まで自分ですべて行わなければいけなくなります。

家に帰ると待っているのは温かいご飯ではなく、暗い部屋です。きっと想像しているよりもずっとさみしいはずです。

4.手続きが面倒

住所が変わると住民票の移動だけでなく、クレジットカード、銀行なども住所変更しなければなりません。

他にもマイホームを買いずらい、一回転勤すると転勤族になる可能性があるなどデメリットはあげれば尽きません。また、女性は特に結婚・出産のタイミングを考えるとできるだけ転勤は避けたいところです。

転勤をきっかけに転職するデメリット

次に、転勤を契機に転職をした時に生じるデメリットを考えていきます。

シングルマザーや共働きの過程においては特に、「子供を転校させる必要がある」、「子育てと仕事の両立に親の協力が必要」など、遠隔地への転勤が難しい場合も多いです。

そのため、転勤を命じられたことを理由に転職を考える人は少なくありません。しかし、転勤を理由とした転職にはリスクがあるのも事実です。

転職を考える上では重要なポイントなので、ぜひ今後の行動の参考にしてみてください。

自己都合か会社都合か

まず、転勤の辞令はほとんどの場合拒否することができません。そのため、転勤を理由に退職しようとすると、自己都合退職になるのが一般的です。

自己都合退職だと、退職してから失業保険が支給されるまでに3ヶ月の待期期間が必要となります。そのため、退職するまでに次の就職先が決まっていなければ、無収入の状態での就職活動を強いられるということです。

会社側からの金銭的な支援がなかったり、遠方で勤務が難しいような地への転勤を強いられた場合、会社側の権利の濫用に該当する場合は、会社都合退職になる場合もあります。

しかし、雇用契約を結んだ際に、「全国に転勤する可能性がある」ということを事前に伝えられている場合、会社都合退職として扱われないので、退職を考える前にまずは雇用契約書を見直してみましょう。

十分な転職活動の時間が確保できない

転勤の内示は、異動日の1ヶ月前くらいに出るのが一般的です。1ヶ月という期間は、次の転職先を決めるには十分な時間とは言えません。

一方、元の会社に在籍している限り、人事異動に従って転勤しなければなりません。そのため、人事異動後の転職活動では、面接のたびに地元に戻る必要があります。

そのため、転勤を理由とする転職活動は、時間的、距離的な制約を受けます。時間をかけて転職をするには、まずは退職をしなくてはならず、次の仕事が見つかるまでの間、金銭的にも余裕が無くなることも。

また、その状態を恐れるあまりに転職先を焦って見つけようとすると、仕事内容や待遇などで妥協することになります。結局転職先の仕事も続かず、また転職活動を行うはめになるかもしれません。

転職先が限られる

転勤を理由として転職するのですから、次の就職先で転勤を命じられては意味がありません。そのため、転職活動では、転勤のない職種、会社を探すことになります。

転勤のない職種、会社に絞って転職活動するのは、大都市では問題ありませんが、地方では選択肢が限られる可能性が高いです。そのため、他の条件で大きく妥協せざるを得ない場合もあります。

年収が下がる

転勤を理由に転職するのですから、一刻も早く転職先を見つける必要があります。しかし、そのタイミングで希望条件に近い会社が求人を出しているとは限りません。

また転職をしたところで、必ずしも今より条件が良くなるという保証もないため、慎重に吟味する必要があります。

さらに、「勤務地」及び「転勤がない」ことを条件にするため、あなたのスキルを活かせる会社に転職できるとは限りません。そのため、年収が大きく下がることを覚悟する必要があります。

培ったスキルを十分に活かせない

一人暮らしの方に比べて転職を機に転職しようとする人は、まず家族の事を中心に考えるため、自分が培ったスキルを活かせずに妥協を強いられることも多いはずです。

特に小さなお子さんがいる家庭ではいざ転職となるとさまざまなリスクを負います。転職となれば積み上げた次席は認められても次の会社では新参者として扱われるので、自分が描いていた「転職で成功する」という理想像は壊れるかもしれません。

そのため転職をしようと決めたなら衝動的ではなく、じっくりと「今何をすべきか」を頭の中で整理しながら着々と推し進めましょう。

転職する上での制限とは、子供のために残業ができない、家から遠い職場で働く場合など理解がある夫を味方につけて急がずに実行に移すようにしましょう。

転職理由を説明しにくい

転勤を理由として退職すること自体は、全く問題ありません。しかし、就職面接では、「転勤したくない」という退職理由を理解してもらえない可能性があります。

そのため、就職面接での転職理由では、元の会社に対する不満と受け取られないように、退職理由に工夫が必要です。

例えば、転勤先で頑張りたい気持ちはあるのだけれど、「高齢の親を残して行けない」、「シングルマザーなので子育てに両親の協力が必要」など、自分自身の理由に置き換えましょう。

転勤をきっかけに転職する方法

以上のことを踏まえて転職を決意したら、次に取るべき行動は転職への準備です。

スムーズな退職・転職が行えるように、事前に調べられることは早めに済ませておきましょう。

転勤を拒否した場合どうなるか調べてみる

転勤辞令が出てしまい、転勤したくないので転職しようと思っている場合、一度転勤を拒否してもそのまま会社で働くことができないのかどうか調べてみましょう。もしかすると過去に転勤を拒否し今も働いているという人がいるかもしれません。

雇用契約書で勤務地や職種が限定されている場合、人事異動が権利の濫用といえる場合、育児や介護などのやむを得ない理由がある場合は転勤辞令を拒否することができるようです。

しかし転勤を拒否してしまうと、その後出世は難しいようです。また会社での風当たりが強くなるかもしれません。そのことに注意してください。

退職の意思は早めに伝えよう

転勤辞令は早いところだと2ヶ月前から出されます。しかし、会社によってさまざまであり、遅いところは転勤辞令が出されバタバタと引越し準備をしなければならないというケースもあります。

しかし多くの会社では転勤辞令が出される前に本人に通達があるようです。その通達の時期も会社によってさまざまです。

転勤をきっかけに退職する場合は、早く退職の意思を上司に報告することが必要です。転勤日ギリギリに伝えると、会社はもう転勤の準備をしているので大変迷惑をかけることになります。

退職する際は、円満退社を目指しましょう。そのためには早めに退職を伝える必要があります。

次は転職のない会社を選ぼう

転勤をきっかけに転職する場合、次の転職先は転職のないところを選びましょう。もし次の転職先も転勤のある会社を選んでしまえばまた転勤をきっかけに転職しなければならなくなるかもしれません。

基本的に転勤辞令があれば転勤を拒否することはできません。介護などよっぽどの理由がなければ無理です。マイホームを建てたばかり、赤ちゃんが生まれたばかりで転勤という人もいるのです。

転勤が嫌な人は、次は転勤のない会社を選ぶようにしてください。

転職活動中の面接で退職理由を伝える時には慎重に行う

転職活動をする際、面接で以前勤めていた会社を退職した理由を尋ねられることが多いです。その時に正直に「転勤が嫌で退職しました」と言わないように注意してください。

このような理由で退職したことをいうと面接官の印象が悪くなってしまいます。転勤があるないは入社する時には分かっていた事実です。それなのに転勤を理由に退職したとなると、印象が悪くなってしまうでしょう。

では、どのように伝えるのかというと「転勤辞令が出る前に転職を考えており…」とうまく退職理由を考えて伝えましょう。

退職を考える前に頼れる先輩に相談をする

転勤がきっかけで転職するという判断が本当に間違いではないか?頼れる先輩と共に膝を突き合わせ話し合う事で心に響くアドバイスを頂けるかもしれません。

しかし、以前から転職を考えていて突然の転勤が言い渡されたならそこまでも悩まないでしょう。

そうでは無く転勤を避けるために、漠然的に転職を思い立ったのならば先輩の言葉に耳を傾ける必要は十分にあります。

話し合うことで、転勤が避けられるのならば避けることもできるかもしれませんが、一般的に部下の言い分を一方的に聞き入れる会社はそうありません。

転職すると決めつける前に頼れる先輩の言葉を聞き入れることで、新たな選択肢が生まれるかもしれません。そのため話を聞き入れるという姿勢は忘れないでください。

前職の人にも退職理由は正直に話さない

転職活動中の面接で、退職した理由は正直に話さないようにしましょう。また、退職する会社であっても同僚や上司にすべて正直に退職したい理由を伝えるのはNGです。

上司だけにうまく退職したい理由を伝えていても、同僚に話してしまうと上司に伝わってしまう可能性が高いです。

そのため会社の人には退職したい本当の理由を伝えないようにしましょう。スムーズな退職に支障が出る恐れがあります。

なお、転職の際には、国内最大の転職サイト「リクルートエージェント」がおすすめです。転職活動のサポート体制が充実しているので、働きながらでも次の仕事を探すことができます。

また、退職に関するサポートもしっかりしているので、安心して任せられます。プロのアドバイザーと自分の納得のいく転職活動をしましょう。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る