業者に頼らず自分で遺品整理しよう:始める時期と手順5ステップ

記事の著者:1587224

故人亡き後、残るのは多くの事務手続きと、遺品整理です。

今は専門的に遺品整理を行う業者や遺品整理士という資格をもったプロ、遺品も扱うリサイクル業者があります。しかし、故人を偲びながら、業者の手を借りずに心ゆくまで遺品整理をすることもとても良い選択肢だと思います。

体力と気力も必要としますが「自分で遺品整理をしたい」という思いがあるのなら、遺品整理はあなたにとって故人と心を通わせる素敵な時間になるかもしれません。

今回は、遺品整理のステップを5項目で説明します。

1.始める時期

賃貸アパートや借家に住んでいた方であれば、故人が亡くなった後も賃料は継続するので、早めに遺品整理を始めることをオススメします。

もし故人が孤独死でご遺体が発見されるまでに期間があいた場合は、その間の賃料も支払う必要があります。ですから、支払う期間はできるだけ短い方が良いでしょう。

となると、遺品整理業者に頼んだほうが良いとも思われるかもしれませんが、部屋の汚染状況や異臭の状況によっては、原状回復にかかる費用が変わってくるだけでなく、損害賠償を求められることもあります。

業者に依頼する前に、環境を整えておいたほうが最終的な査定額も変わってくるので、できることは自分たちでやりましょう。

持ち家であれば、年間の固定資産税はかかりますが、期限はありません。遺品整理をしながら気持ちの整理をしていきましょう。

2.まずは仕分けをする

遺品の一つ一つに故人、そして遺族の思い出が詰まっています。

手に取ってみましょう。そして、時には思いを馳せながら、仕分けをしていきましょう。

遺品は4種類に仕分ける

(1)保管しなければならないもの
  通帳や現金、印鑑、へそくり、保険証券、金品など。
  日記やエンディングノートも遺言として必要になってくる場合があります。
(2)形見分け
(3)仕分けできず迷うものは一時保管
(4)処分するもの

段ボールや、ビニール袋に梱包、袋詰めしながら仕分けていきます。とても時間のかかる作業になるとは思いますが、根気強く行っていきましょう。

気持ちの整理のため、思いを馳せることももちろん必要ですが、あまり時間をかけすぎると、その後の作業が困難になってきます。時には気持ちを割り切ることも重要です。

3.家の入口に近いところから開始し、どんどん家の外に運び出す

家の中には沢山の物があり、どこから手を付ければよいかわからない時は、玄関や掃き出し窓等出入り口になる近い場所から始めてみましょう。

遺品を分別し、一時保管するときに出入口に近いところのスペースが物置にできると、搬出するときに楽になります。

家の中に物が溜まっていくと、士気が下がると同時に混乱することも多くなってきます。不要なものは家の外に出していくことで、家の中はスッキリしてくるでしょう。

搬出先に分けて分別しておくと、家の外も整理がつくのでオススメです。

4.搬出

仕分けしたものを搬出をしていきます。

家電の場合は、家電リサイクル法により、家電によってリサイクル料金がかかるだけではなく、消費税もかかります。委託業者によってサービスが異なることもあるので確認しましょう。

トラックをレンタルする場合の相場としては、レンタルする時間や日数によっても変わってきますが、軽トラック1台で8000円台~1万3000円です。

5.持ち家は残すのか残さないのか

荷物の運び出しが終了し、家の中をスッキリさせた後は、家そのものをどうしていくかという点が問題になってきます。

更地にして売地に出すのか。、家の状態によってはそのまま売り家とするのか、誰かの名義に変更するのか、納得いく結論を見つけましょう。

家をどうするのかが決める頃には、故人への気持ちにも少しずつ整理がついてくることでしょう。

負担が大きい場合は、業者に依頼することも必要です

遺品整理業者が専門的に遺品整理を取り扱っています。

プランも多岐にわたるので、できるところまで自分たちで行い、不用品の片付け、清掃、搬出はプロに依頼するという選択肢も時には必要です。

他人の手を借りると雑に扱われてしまうのではないか、他人に家に入られたくないと思う気持ちもあるかもしれません。

しかし、一番必要なことは故人を亡くした後、遺族の負担をできるだけ少なくして、余裕をもって故人を悼むことができる環境を整えることです。

家族、親戚で検討しながら、自分たちにとって一番良い道を探っていきましょう。