栄養士が結婚が結婚する方法:婚活するときのアピールポイントも

主に学校や飲食店・病院などの様々な現場で才能を発揮し、栄養の指導や食事の指導に欠かせない職業の1つである栄養士。健康面での配慮に安心感を抱ける職業だからこそ、出会いや結婚を経て共に過ごせる存在になれば心強く頼りになるでしょう。

しかし極端に女性が多い職場環境ゆえに出会いがなく結婚しにくいといいます。

では栄養士はどこに出会いの場所を求めればよいのでしょうか。詳しく見ていきたいと思います。

どうしても身近に出会いが無いという方は活動しやすい価格の結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」をためしてみませんか。

ゼクシイ縁結びカウンター[公式]

栄養士が結婚するための身近な出会い

出会いが少ないと言われる栄養士。しかし、出会いの場は自分で作り出すものです。これを参考に積極的に出会いを掴みにいってみてください。

栄養士の働ける場所は女社会だけじゃない

栄養士ときくと、学校も女ばっかりだったし職場も女しかいないというイメージですが、実は栄養士には様々な働き口があります。

例えば、製薬会社で研究のために栄養士を募集している場合もありますし、製菓メーカーでの品質調査のなどといった働き方もあります。

まずは栄養士の働き方を徹底的に調べて、女社会じゃない職場選びをするのも一つの手かもしれません。

今ある環境での出会いを探す

例えば、学校給食の栄養士をやっているとして、女性としか関わりがないと思い込んでいるかもしれませんが、本当にそうなのかもう一度振り返ってみましょう。

実際は、学校の先生や営業の人、配達の人など様々な男性と関わっているはずです。もう一度視野を広げて仲良くなれる機会がないか考えてみましょう。

あなたが気付いていないだけで、意外とすぐ近くに将来の旦那さんがいるかもしれません。今一度周りの男性を意識してみましょう。

知人・友人からの出会い

同窓会や趣味が高じて繋がった友人から異性を紹介されることや、学生時代の繋がりから恋愛に発展するケースもあります。

信頼を置いている友人からの紹介であれば、自分の好みも把握した上での出会いになるので長いスパンでの交際が望めますよね!

周囲も知っており、認めてくれている相手であれば言うことなしです。友人へ紹介を頼んでみてはいかがでしょうか。また、可能であれば合コンをセッティングしてもらうのも良いかもしれません。

栄養士が結婚するために本気で婚活するなら

婚活する際のアピールポイント

栄養士の最大の魅力は手に職があることです。栄養士の女性は40歳でも50歳でも手に職があるため、普通のパートよりも断然給料の高い仕事を見つけられます。

結婚して、育児に専念し、子供が十分大きくなってからでも仕事にでることができるというのは資格を持っていいる人の特権です。そこを大いにアピールしていきましょう。

また、栄養バランスを考えた食事をつくれるというのは、男性からの人気を集めやすいです。子供ができたときのことを考えても、子供の健康を保てる食事をつくれることは誰でもできることではありません。

このような栄養士という職業の魅力を自分で理解した上で、最大限活かして婚活をしていってください。

結婚相談所

やはり確実に結婚したいのであれば、結婚相談所にいくのが一番です。結婚相談所は高いイメージがありますが、「ゼクシィ縁結びカウンター」なら、低価格で質の高いサービスを受けることができます。

かかる費用は入会金3万円と月会費9,000円のみです。他の結婚相談所でかかるような初期費用、お見合い料、成婚金は一切かかりません。

その低価格にも関わらず、入会から1ヶ月以内に80%の人がデートまで成立させるという実績も保証されています。

ゼクシィ縁結びカウンターでは無料相談会をおこなっています。ゼクシィ縁結びカウンターへの無理な勧誘なしに結婚のプロに個室で話をきくことができます。

何千、何万人もの婚活女性をみてきたプロから無料で結婚についての話を聞ける貴重な機会なのでぜひ足を運んでみてください。

ゼクシイ縁結びカウンター[公式]

婚活パーティー

婚活パーティーなら特に「エクシオ」がおすすめです。エクシオなら100種類近くの婚活パーティーが開催されているため、あなたに合った婚活パーティーが見つかるはずです。

女性は500円から参加できるものがあります。ハイスペックな男性限定のパーティーが高頻度で開催されているのが魅力のひとつです。国家公務員や医師など職業や年齢が限定されています。

バリエーション豊かで、どんなパーティーがあるのか見ているだけで楽しいのでぜひ一度サイトを覗いてみてください。

エクシオ婚活パーティー[公式]
あなたの悩みは解決しましたか?もし解決していない場合は、下記のQ&Aから相談してみてください。ユーザーがあなたの恋愛の悩みに向き合ってくれます。 Q&A掲示板で悩みを匿名相談

記事の著者

出会い・モテの悩みをもっと見る