お尻の黒ずみにサヨナラしよう!簡単にできる改善方法

夏に限らず、ジムやプールなどの更衣室や温泉、岩盤浴など他人に体を見られる機会は多いですよね。そんな時に気になるのがお尻の黒ずみ。

鏡を見て「なんかお尻がざらつく」「黒ずみになっている!」なんて驚いたことはありませんか?いったいこのお尻の黒ずみは何故できてしまうのでしょうか。

今回は綺麗なお尻を保つために、お尻に黒ずみやざらつきができてしまう原因と綺麗なお尻を取り戻す改善方法を紹介していきます。

こちらもおすすめです→もう悩まない!デリケートゾーンの黒ずみをケアして女子力UP!

綺麗なお尻を手に入れたい方はこちらをチェック!

お尻が黒ずむ原因

お尻の黒ずみの最大要因は下着や生理用ナプキンによる擦れです。

これを改善するには良い素材の下着に買い換える必要があります。

また長時間座っていることが多い仕事の方は蒸れが黒ずみの原因になっているかもしれません。

ここからさらに詳しく黒ずみの原因について見ていくので、原因がわからず困っている方はぜひ参考にしてみてください。

下着や座る際の圧迫

主にお尻の黒ずみの原因と言われているのは、下着との摩擦、そして座った時の圧迫です。

摩擦などの刺激を肌が受けると、肌を守る為にメラニンを生成します。

そのメラニンが下着などの摩擦によって沈殿し、色素沈着を起こしてお尻の黒ずみが出来てしまうのです。

メラニンを発生させないことが大切ですが、もしメラニンによって黒ずみができてしまったらメラニンを減らしてくれる食べ物を食べるなどして改善しましょう。

例えばビタミンCが含まれるフルーツなどを食べるのがおすすめです。

過角化

過角化も原因のひとつ。肌はとにかく敏感で、下着との摩擦に加えて乾燥を起こしてしまうと、ターンオーバーを繰り返し角質層を更に厚くして皮膚を守ろうとします。

この現象が過角化と呼ばれ、これを繰り返し過ぎると今度は肌自体がごわごわとした触り心地に変化してしまったり、肌がくすんで黒ずみの原因となってしまうのです。

蒸れすぎも良くないですが、同時に乾燥してしまうのもお尻の黒ずみに良くありません。

乾燥しないように保湿することが大切です。おすすめのデリケートゾーン専用美容クリーム「ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム」をぜひ使ってみてください。下のボタンから詳細をチェックできます。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームをチェックする

ニキビ

当然のことですが、お尻の肌も、顔と同じです。顔にニキビができるように、お尻にもニキビはできます。

ニキビがつぶれたり炎症を起こすと、治った後に黒く跡が残ってお尻の黒ずみの原因になることも。

ニキビができるのは蒸れてる状態のお尻で、特に生理中にナプキンを長時間していることがお尻ニキビの一番の原因です。

生理中こそ、ナプキンをこまめに変えるなどしてお尻を清潔に保つことを心がけましょう。

お尻の黒ずみ対策・改善

原因が分かったところで次はお尻の黒ずみを改善するための方法を具体的に見ていきましょう。

いくつかの原因が当てはあったという人はできるものからでいいので、一つずつ試してみてください。

また簡単な改善方法で言うと、デリケートゾーン専用石鹸を使用するのがおすすめです。

いつも全身に使っているボディソープは刺激が強すぎることがほとんどなので、デリケートゾーン専用に変えるだけでかなり改善されることでしょう。

おすすめはデリケートゾーン用保湿美容液ソープ【アンボーテ フェミニーナウォッシュ】 です。ぜひチェックしてみてください。

デリケートゾーン用保湿美容液ソープをチェックする

メラニン色素をためない

まずは黒ずみの元となるメラニン色素をためないようにする対策を立てましょう

座ることは避けられないので、下着を見直したり、体を洗うときにはごしごしと洗わずふわふわの泡で優しく洗ってあげてください。

下着は締め付けがきついものや、ナイロン製を選ばないよう注意しましょう。下着を見直すだけでもお尻への刺激は随分と減ります。

できれば天然素材の綿や麻、絹などでできた下着を選ぶとよいでしょう。

清潔を心がける

お尻は普段、衣服で覆われており、ほとんど外気に触れることがありません。

また、生理中ともなるとナプキンを使用するため、さらに空気を遮断することに。

例えば仕事でずっとイスに座り続けていないとダメな場合などは特に、ムレたり、既にできているニキビに刺激を与え続けることになるため、なかなか対処が難しいと感じるかもしれません。

できるだけ通気性の良い下着や生理用ナプキンを選んだり、お風呂で優しく洗ってから化粧水で引き締めるなど、顔と同じようにケアしてあげると良いでしょう。

デリケートゾーン専用ソープを使ったことがないという方はぜひ【アンボーテ フェミニーナウォッシュ】を使ってみてください。

デリケートゾーン用保湿美容液ソープをチェックする

薬用クリームなどでしっかりと保湿をする

お尻がざらつく原因やニキビができる原因は乾燥です。肌は水分を失って乾燥すると、自分の体から皮脂を分泌して補おうとします。

そうなることを防ぐためには保湿化粧水やクリームを塗ることが大切。顔だけではなくてお尻まで入念に保湿することを心がけましょう。

それでも症状が改善しない場合は、お尻や背中ニキビ・黒ずみケア専用クリームがおすすめです。

無添加・低刺激の「ルフィーナ」は、保湿成分を豊富に配合した背中のケア専用のクリームで、潤いのある肌を保ちます。

また、安心して試せるように120日間の返金保証付き!気になった方はぜひチェックしてみてください。

お尻ニキビ専用クリーム「ルフィーナ」をチェックする

ワセリンやアットノンは黒ずみに効果がある?

ワセリンやアットノンは黒ずみ改善に効果があると言われていますが、実際は大きく効果があるわけではありません。

ワセリンは比較的価格が安く購入しやすいですが、保湿効果があるだけなので黒ずみ改善の方法としてはあまりおすすめしません。

またアットノンは新陳代謝を促す効果はありますが、ワセリンと同様、黒ずみには効果はありません。

食生活に気をつける

外側からのケアも大切ですが、体の内側からもケアもできるとよいでしょう。ニキビに効果的な栄養素である、ビタミンBやビミンCをしっかり摂取してください。

ビタミンBを多く含む食材は胚芽米・納豆・マグロ・卵・レバーなど。ビタミンCを多く含む食材はパプリカ・パセリ・レモン・キウイ・いちごなどです。

なるべく食べ物から摂取する方が良いですが、食事で摂取するのが難しい人は、サプリメントなどで補うと良いですね。

アレルギー体質の方はサプリメントが体に合わないこともあるので、買う際は気を付けるようにしましょう。

効率的にミネラルを補給する

ミネラルには様々な働きがあります。酵素の働きを補助したり、体の組織を形成する成分になっていたり、栄養素を体へ巡らせるための補助を行なっていたりもいます。

そんなミネラルが体の中で減ってしまうと、消化や吸収が悪くなり、肌荒れや臓器の新陳代謝の低下、新しい細胞形成が遅れてしまうこともあります。

自分でお尻の黒ずみを取るためには、黒ずみ部分が角質となって剥がれ落ちるのを待つのが1番でしょう。角質となって剥がれ落ちるためには、その下に新しい細胞が形成されないといけません。

その新しい細胞を形成のために、ミネラルは欠かせない成分なのです。

「麗潤水プレミアム」はミネラルを最適に配合し、体の吸収を考えイオン化した商品です。コップの水に数滴入れて飲むだけでOKなので、いつでも手軽にミネラルを摂取することができます。

もちろんミネラルは食事から摂取することが可能ですが、「麗潤水プレミアム」でもっと手軽に摂取してみませんか?

麗潤水プレミアムをチェックする

最終手段は皮膚科治療

お尻の黒ずみは、皮膚科でも治療することが出来ます。短期間で治したいという方は病院に相談するようにしましょう。

まずはレーザーを黒ずんだお尻の部分に当てて、沈着してしまっているメラニン色素を破壊。

レーザー治療は一度で綺麗になることはほとんどないので、最低でも5回以上がおすすめです。

一回大体1万円~3万円が相場ですから、約15万円が必要になります。

また、レーザーが怖いという人や症状の軽さによっては、外用薬が処方される事も。

この外用薬には漂白効果があり、メラニン色素を抑える効果を持つハイドロキノンが配合されています。レーザーが少し怖い人は外用薬でも良いかもしれません。

また、内服薬もあります。色素の沈殿に効果があると言われるビタミンCやビタミンEが含まれた内服薬です。自分の症状に合う治療法をお医者さんと相談し、決めましょう。

まとめ

お尻の黒ずみは座る時間の長い人程なりやすい症状。家にいる間は座る時間を短くする、下着に気を遣って刺激をなるべく避ける、お風呂で力いっぱい擦らない、などの心がけが大切です。

また、お風呂ではボディーソープで全身一緒くたに洗ってしまうのではなく、お尻だけ別にデリケートゾーン専用の石鹸の泡で優しく洗うようにしましょう。

お風呂のあとは、しっかり保湿を行うこと。それだけでもお尻の黒ずみは随分と改善されます。

根気強くケアを続けて、つるつるの黒ずみがないお尻を目指しましょう。

お尻ニキビ専用クリーム「ルフィーナ」をチェックする

記事の著者