彼氏の酒癖が悪い原因と対策:直すには厳しさが必要!

彼氏の酒癖が悪くて悩む女性は意外と多いと言います。男性は比較的女性よりも社会の中での付き合いが多いですし、飲み会や接待などでお酒を飲まされることもあるでしょう。

ですが、そんな彼氏の大変さは理解していても、いざその酒癖の悪さを目の前にすると、うんざりする部分も多いはずです。

彼氏の酒癖が悪くて困っている場合はどうすれば良いのでしょうか。彼が酒にのまれてしまう原因を理解して、改善されるように対処しましょう。

以下では、酒癖が悪くなってしまう人の特徴や原因、対処法についてご紹介していきます。

しかし、もしお酒を飲むと暴力的になり、あなたに暴力を振るうようになったら無理に付き合わず、別れて新しい相手と付き合ってみるのも手かもしれません。そんな方は、マッチングサービスの「Pairs(ペアーズ)」を利用してみて下さい。

ペアーズに無料登録

酒癖が悪い彼氏の特徴

まず初めに、酒癖が悪いと言われる人の特徴をご紹介していきます。

あなたの彼氏がどのくらい当てはまっているか、チェックしてみましょう。

ストレスをためやすい

ストレスをこまめに発散できずに、溜め込んでいる人は酒癖が悪い傾向にあります。

普段、思っていることを言うことができないため、お酒の力を借りて日頃のストレスを発散します。

人の話を聞かない

人の言うことを聞かず、自分の思うとおりにしなければ気がすみません。

そのため、いくら周囲が飲み過ぎは体に悪いや、今日はその辺でやめたほうが良いとアドバイスをし、お酒を止めようとしても言うことを聞きません。

そのため、、摂取量が増え周りに迷惑を起こすことがあります。

寂しがりや

寂しい気持ちからお酒の力を借りて逃げようとします。

そのため、徐々にお酒の量が増えていき、アルコール依存症になったり飲みすぎて暴れたりすることがあります。

自分は1である、誰も自分のことをわかってくれないなどと感じ、構ってほしい気持ちから行動におこすことも。

アルコール依存症

酒癖が悪い人は、アルコール依存症になっていることも十分に考えられるでしょう。

本人はお酒をやめようと思っても、体が言うことを聞かずお酒を欲しがります。お酒を我慢することで、手の震えがきたりイライラが抑えられなくなるなどの禁断症状が出ます。

また、お酒が飲めないことでストレスを感じイライラし、暴言を吐くような人も。

脱ぎ癖がある

酒癖の悪い人の特徴で、飲みすぎると服を脱いでしまうことが多く見られます。

服を脱ぐことで、お酒で熱くなった体を冷やしたり、開放的な感覚が得られます。そのため、人前であっても関係なく脱いでしまいます。

どこでも寝れる

お酒を飲むとどこでも寝てしまう人はいると思います。

お酒に飲まれた状態で寝てしまうと、お店や道路など場所を問わずに寝てしまいます。道路の真ん中で寝てしまうなんて人も。

このような人は通常でも、自分の意志よりも欲望に負けてしまうことが多くあるでしょう。

隠れて飲む

酒癖が悪い人は酒に呑まれるまで飲んでおり、アルコール依存症の人がほとんどです。

そのため、お酒をやめるように言われても隠れて飲んでいる可能性が高いでしょう。自分の前だけではなく、彼氏の友人など飲み友達にも禁酒をさせていることを伝えておきましょう。

もし、彼氏があなたの前では禁酒しているフリをしていても、実際に隠れて飲んでいたのが発覚した場合、酒癖の悪さの改善は見込めないでしょう。

そんな彼氏にうんざりしたら、12万人がカップル成立したという実績を持つペアーズで、新しい相手に乗り換えてしまうのもおすすめ。

「いいね!」のボタン1つでマッチングが可能なので、効率良く新しい男性を探せます。

ペアーズに無料登録

酒癖が悪い原因

酒癖が悪い人の特徴をご紹介しましたが、では実際、酒癖が悪くなってしまう原因とは何が挙げられるのでしょうか。

以下では酒癖が悪くなってしまう原因をご紹介していきます。

酒癖が悪いのはストレスのせい

男性は付き合いや接待などで飲みに行くことも非常に多いものですが、全員酒癖が悪いのかというと、そんなことは全くないでしょう。

問題は、なぜ自分の彼氏が酒癖が悪いのかということです。彼氏の酒癖が悪いのには、必ず原因や理由があります。

まず一つ目として挙げられるのは、彼氏自身が慢性的にストレスを抱えているせいで、お酒をいつも飲んでしまうことです。ストレスが溜まっているからこそ、そんなに飲んでは危険だとは思いつつも、お酒の席では羽目を外しすぎてしまうのでしょう。

慢性的にストレスを抱えている人にとって、お酒の席ほど自分を解放できる場はないと言います。

酒癖が悪いのは彼氏だからとあなたに甘えているから

彼氏の酒癖が悪いことがいつまで経っても治らないのは、酔っ払うと全てあなたに委ねて、甘えてしまっているからというのもあります。

彼氏だからこそ、お酒に酔っ払ったときは何をしても許される、あなたなら受け入れてくれると彼は思ってしまっているのです。

恋人という関係を都合よくとらえてしまい、お酒に酔ったときはいつでも甘えを受け入れてくれる、と彼氏自身が履き違えてしまっている場合もあります。

酒癖が悪い彼氏の対処法


では最後に、酒癖の悪い彼氏の対処法をご紹介していきます。

まずは自分にできそうなことからやって、彼との関係を回復させてみましょう。

悩みや愚痴があったら聞いてあげる

彼氏の酒癖の悪さを治してもらう方法として、まずはあなた自身も、彼がストレスを日常的に溜め過ぎないように協力してあげられると良いでしょう。もし彼に悩みがあったり、愚痴を話したいときがあったときは、積極的に付き合うようにしていくと良いはずです。

そもそも、あなたとの関係に悩みを抱えている場合もあります。そんなときは一度しっかりと話し合って、お互いの悩みやストレスは解消すべきです。

彼氏がストレスを抱えていて悩んでいるなら、一緒にストレス発散ができる場所に出かけるなど、彼女としてサポートできることは積極的にやっていけると良いでしょう。

たまにはしっかり怒ることも必要

彼氏の酒癖が悪くても、いつも怒れず、うんざりしながらも受け入れてしまう女性も多いのではないでしょうか。

ですが、もし本当に彼氏に酒癖の悪さを治して欲しいなら、気持ちを彼に伝えることも大事です。もし彼氏が酔っ払っていたときのことを覚えていないなら、内容も伝えて改善してもらえるように相談してみましょう。

真摯に話し合えば、きっと反省してくれる男性も多いはずです。

自分は飲まれないようにする

酒癖が悪い人と飲んでいるときは、自分まで酔ってしまうと大変なことになってしまいます。

自分自身も冷静な判断ができずに、お互いがテンションが上がって雰囲気が悪くなってしまったり、周りに迷惑をかけることがあるでしょう。

そのためにも、自分をしっかりと持って、飲まれない程度でお酒を楽しみましょう。

同情させる

相手の話に飲み込まれるのではなく、自分の話に相手を飲み込みましょう。

相手が同情しやすい話題だと良いです。同情することによって話を聞いてもらえ、彼氏が少しはおとなしくなるでしょう。

お酒を薄める

相手が席を立っている間や、注文時に相手にばれないように店員さんにお願いするのも良いでしょう。

はじめから薄めてしまうとバレてしまうことがあるので、2、3杯目位からにしましょう。

また、彼氏の酒癖が悪くなるリミットがわかるのであれば、その手前から徐々に薄めていくのが良いです。

酒癖が悪い彼氏と別れたいなら

酒癖が直るように対処しても変化が見られなかったり、隠れて飲んでいる彼氏と付き合い続けると、今後も辛い思いをするでしょう。

いくら彼氏のことが好きであっても、酒癖が悪すぎたり、暴言・暴力を振るうなんてことがあったら、無理に付き合わずに別れるのも手です。

しかし、中には「そろそろいい年だし、今の彼と別れて新しい相手が見つかるか不安」という方もいるのではないでしょうか。酒癖の悪い彼氏と別れたいけど、次に良い男性がいない人は、マッチングアプリのペアーズがおすすめです。

ペアーズには、趣味や嗜好の合う人同士が集まる「コミュニティ」という機能もあり、「お酒飲めない体質」「お酒は苦手」などのコミュニティがあります。

また、実際に出会う前にメッセージのやり取りができるので、酒癖の悪い彼に疲れたあなたを癒してくれるような人が、きっと見つかるはずです。

まずはペアーズに無料で登録して、気になる男性がいないか探してみましょう。

ペアーズに無料登録
あなたの悩みは解決しましたか?もし解決していない場合は、下記のQ&Aから相談してみてください。ユーザーがあなたの恋愛の悩みに向き合ってくれます。 Q&A掲示板で悩みを匿名相談

記事の著者

彼氏・元カレの悩みをもっと見る