ぷよぷよになった彼氏にダイエットしてもらう方法:ふたりで一緒にできる方法もご紹介

記事の著者:639282

「最近彼氏が太ったかも…?」長く付き合っていれば、そう感じることもあるでしょう。

生活習慣は長い時間の中でたくさん変わるものですし、それに応じて人の体型も変化していくことは多々あるものです。痩せることもあれば、太ったと感じることもあるのです。

しかし、せっかく大好きでかっこいい彼氏が太ってしまうのは、彼女としては少し残念に思ってしまうもの。できればダイエットをして、出会った頃のかっこいい彼氏のままでいてほしいと思いますよね。

かといって「太った」ということを彼氏に話してしまうことで、彼氏を傷つけてしまうのも嫌ですよね。では、彼氏が太ってきたと感じたときはどのようにして、ダイエットをしてもらえば良いのでしょうか?

今回はぷよぷよになった彼にダイエットをしてほしい時の対処法をご紹介します。

彼氏に太ったことを自覚させる

ネット 結婚

まずダイエットをしてほしいのであれば、彼本人が太ったという事実に目を向ける必要があります。

しかし直接「太ったね」といえば、デリカシーのない彼女だと思われてしまうかもしれません。そこで彼に自然と自覚してほしい時の対処法をご紹介します。

雰囲気変わった?と聞く

太ったことを直接的に伝えるのではなく、「何か雰囲気変わった?」くらいのテンションで聞いてみましょう。

髪型が変わったのかな?服装が変わったのかな?と気にかけていくうちに彼は、太ったから顔周りのフェイスラインが違うのか!太ったからいつもと着こなしが違うのか!と気づいてくれるはずです。

引き締まった体が好きなことをアピール

直接「太ってきたよ」と言えるのが一番ですが、なかなか言い出せない場合も多いでしょう。彼氏を傷つけてしまうのではないかと不安な人も多いはず。

最終的には、本人が「ダイエットしよう」という気持ちになれば良いのですから、なんとか彼がダイエットにやる気になってもらえるように振舞うのも一つの手でしょう。

そのため、引き締まった身体の男性が好きだということを彼の前でさり気なくアピールしてみるのはいかがでしょうか?テレビや雑誌などを観ているときに「あの人の腹筋かっこいい!」程度であれば言いやすいのではないでしょうか?

あなたに好かれたい一心で、急に彼氏がダイエットに目覚める可能性もあります。

他のかっこいい男性を褒めてみる



男性はプライドが高く負けず嫌いな人が多いです。その男性のプライドを利用して、彼氏にダイエットさせるようにする方法もおすすめです。

スタイルのいい男性が居た場合、「〇〇さんってスタイルよくてかっこいいよね~」と他の男性を褒めるようにして下さい。

芸能人を褒めてもいいですが、芸能人を褒めても比較の対象にならないことが考えられるため身近に居る人がおすすめです。

彼氏の友達など彼氏の身近にいる男性のスタイルを褒めて行きましょう。そうすることで、負けず嫌いな男性であれば頑張ってダイエットするようになるでしょう。

体重計をプレゼントする

彼氏の家に体重計はありますか?女性は体型を気にする方が多く体重計が家にあるという方は多いです。しかし男性の家は女性の家と比べ体重計があるという人は少ないです。

もし彼氏の家に体重計がないのであれば、体重計をプレゼントしてみてはどうでしょう。体重計をプレゼントする場合、できれば体脂肪率なども表示される体重計をプレゼントすることをおすすめします。

しかし中には「体重計をプレゼントするなんて露骨じゃない?」と思う人もいるかもしれません。

その場合は、一緒に家電量販店の体重計コーナーに行き、彼氏に体重を測ってもらうという方法をおすすめします。彼女が「体重計が欲しいんだけど付き合ってくれない?」と彼氏を自然に誘ってみるといいでしょう。

体重を測り自分の体重を知らせる、そして体脂肪率を知らせるそうすることで自分が太ったことを自覚することができるのです。

太ったことを自覚すると彼氏もダイエットをするようになるでしょう。

直接言う

あなたは彼氏とどこまで本音で話すことができるでしょうか。自然体で親友のように、言いたいことを何でも言えるカップルもいますし、「まだなかなか本音で話すことはできなくて…」というカップルも多いでしょう。

特に付き合いの長いカップルは、家族や親友のように、お互いの悪いところを指摘し合える関係のカップルも多いです。もし、彼氏と何でも言いたいことを言い合える仲なら、「最近太ってきてない?」とはっきり伝えても良いでしょう。

彼氏も最初はショックを受けるかもしれませんが、はっきり言ってもらえた方が本人的にも危機意識が上がるので、一番効果的です。

彼がダイエットを始めたら



自分が太ったことを自覚して、彼がダイエットを始めたらぼーっと見ているだけではいけません。

彼のモチベーションになれるように自分自身も何かしら取り組んでみましょう。

一緒に頑張っているという空間を作ることで、彼のダイエットも長続きしてしっかりと効果につながります。

彼氏と一緒にジムに通う

ダイエットをするためにはきつい食事制限や毎日運動をしなければならず、誰でもダイエットのやる気を起こすのは、なかなか大変なものです。

ですが、そんなダイエットも一人だと始めるのも、継続するのも難しいですが、友達や恋人と一緒に実践すると続けやすいでしょう。

そのため、彼氏が太ってきて痩せてほしいと思うなら、「私がダイエットしたいから付き合ってほしい」という名目で一緒にジムなどに通い始めると良いでしょう。一緒にジムで運動することができれば、お互いに楽しくダイエットができます。

目的は彼を痩せさせるためとはいえ、結果としてあなた自身のダイエットにも繋がるため、一石二鳥です。

RIZAP(ライザップ)は、トレーナーとマンツーマンでレッスンを行える完全個室のジムなので、今まで1人ではなかなか運動が長続きしたことがないという方におすすめです。

リバウンドしにくい体作りに取り組むことができるので、彼と一緒に通い、ふたりでシェイップアップしてみてはいかがでしょうか?

ライザップをチェックする

普段から一緒に運動する

ジムに通うのが難しい場合は、ランニングがおすすめです。もし、近くにランニングすることができるような広い公園があれば、公園デートとし一緒にランニングすると良いでしょう。

ランニングはハードルが高いという場合であっても、まずがお散歩感覚でウォーキングに取り組んでみましょう。

ウォーキングで、歩きながら彼との会話を楽しむのも充実した時間になるでしょう。

また彼氏が好きなスポーツがあれば、一緒にスポーツをしてみるということもおすすめです。ラウンドワンなどスポーツを楽しむところへ行き一緒に体を動かしてみてください。

一緒に食べるものを健康的なものにする

彼氏が太ってきたと感じたときは、外食に出かけるとき、一緒に家でご飯を食べるときのメニューを一度見直してみるのも良いでしょう。

もしかしたら外食デートでは、焼き肉や豚カツのなど高カロリーメインディッシュに加え、デザートまで食べてしまっているかもしれません。

無理に食事制限をする必要はありませんが、なるべく野菜を増やす、食べる量を調整するなどして健康的な食生活に変えていけると良いでしょう。

食事の内容を変えることに抵抗がある方は、野菜から食べるように意識をしたり、よく噛んで食べるように意識するだけでも痩せるかもしれません。

食生活を変えるだけで、痩せやすい身体になったり、疲れにくい身体になったりする可能性もあるので、ぜひ気楽に試してみてくださいね。

彼氏のために低カロリーな料理を作ってあげる

彼氏が一人暮らしの場合、彼氏のために料理を作ってあげるという方法もおすすめです。

一人暮らしの男性でもしっかり自炊している人も居ますが、カップ麺やコンビニといったものを普段食べている男性の方が圧倒的に多いです。

カップ麺やコンビニのお弁当はカロリーが高いものが多いため、毎日のように食べていると太ってしまいます。そのため、彼女が健康のことを考えた低カロリーのものを食べるだけでも充分なダイエットになります。

デートの時に外食はやめ、できるだけ家でカロリーの低いメニューの食事を食べるようにしダイエットさせていきましょう。

太った彼氏が痩せてくれないなら



彼氏が太ってしまってダイエットをさせるために頑張っても、彼氏が行動しなければ痩せることはできません。

もし、ダイエットをするように促してもしてくれないようであれば、自然と魅力も薄れていってしまうことでしょう。

時間が経っても彼氏が変わらないのであれば、別れて新しい男性を探すのも良いかもしれません。マッチングアプリのペアーズでは、国内最大級の800万人が利用しています。

相手のことを写真で見ることができるので、痩せているかどうか確認することができます。また、アプリ内にあるコミュニティのスポーツ関係に入っていたら、日頃から体を動かしている可能性が高いでしょう。

ペアーズでは豊富な検索機能を使うことで、自分の理想の条件と合致した男性を探すことができます。女性は無料で登録できるので、ぜひ気軽に新しい出会いを見つけてみてください。

無料で出会いを探す[ペアーズ]