仕事復帰の心構えとは?:ママになって仕事復帰するときの注意点

妊娠し産休に入り、子どもが生まれ育休に入った後に仕事復帰するママは多いです。

しかし、産休前と同じ働き方ができるのか不安を感じているママは多いのではないでしょうか?育児に加えて、仕事も始めなければならないとなると、子どものことは心配ですし、仕事も産休前と同じように働けるのか復帰への不安も大きいですよね。

仕事復帰するときママはどのようなことに気を付ける必要があるのでしょうか?そこで今回は仕事復帰するママに、注意して欲しいことを紹介していきます。

復職をする際に何から始めたらいいかわからないという人も多いでしょう。大手派遣サイト「リクルートスタッフィング」では、リクルートグループならではのサポート体制が整っているので安心です。

リクルートスタッフィングで仕事を探す

ママが再就職できるコツ

苦戦する人も多い主婦の再就職。主婦で再就職を目指す場合どのようなことに気をつけ、何をアピールすればいいのでしょうか?

1.自分の強みはなんなのか自己分析する

あなたの1番の強みはなんでしょう?面接のとき自分の強みや弱みをしっかりと伝えられないと面接で落ちてしまう可能性が高いです。

自分がどのような職種が向いているのかしっかり自己分析し、面接の際に「私は〇〇が強みです。なのでこの仕事の〇〇に向いていると思いました」としっかりアピールできることが大切です。

もちろん強みだけではなく弱みを知っておくことも重要なポイントになります。そしてその弱みをリカバリーするための努力をすることも大切なことです。資格取得のために勉強を始めるのもいいかもしれません。

特に子どもがいるママさんは、勤務時間や急な早退、欠勤について質問をされることが多いです。そんなときの対応策も家族で話し合いを行い、あらかじめ決めておくことも重要なポイントになるかもしれません。

2.情報収集をしっかりと行う

情報収集はとても大切です。あそこの企業は主婦が多く働いている、今積極的に募集をしているなどの情報をゲットできれば就活でとても有利になります。

また受ける企業の情報を詳細に知っていることも大切なポイントです。新卒採用ではないので、企業も即戦力になりそうな人を探していることがほとんどです。

受ける企業の社内の情報を理解したうえで、今自分はどのように考えているのか、会社の〇〇問題に対して自分ならどんな対策を行いどんなことができるのか。ここまで話せると他の就職希望者と差を付けることができるでしょう。

3.再就職支援を利用する

ハローワークや派遣会社ではスキルアップするための英語講座やパソコン講座などを行っている企業が多くあります。実際に会場に行かなくて自宅のパソコンで参加可能な講座もあるので、地方の方や子どもがいるママさんも安心してください。

今身につけている知識をさらにレベルアップしたり、今まで知らなかった知識を学んだりすることができます。もちろんキャリアカウンセリングではあなたにあった会社も教えてくれます。

自分のライフスタイルに合わせて働きたいという方には、大手派遣サイト「リクルートスタッフィング」がおすすめです。

柔軟な働き方ができる派遣ならママになっても仕事を続けていけることができます。

リクルートスタッフィングで仕事を探す

再就職の心構え

1.家事の分担を事前に決めておく

ママが仕事復帰した場合、家のことはどうするのか事前に決めておく必要があります。家事分担をしっかり決めておかないとトラブルになってしまうケースが多いです。

どうしても「家事をするのは女性」という考えになりがちです。料理や洗濯、掃除、子育て、さらに仕事もやらないといけないとなるとママはパンクしてしまいます。

家事分担の方法はそれぞれの夫婦の働き方によって異なってきます。料理、掃除、洗濯などで分担してもいいですし、何曜日は誰が何をするのか曜日で決めてもいいでしょう。

共働きになった場合は旦那さんにも家事を手伝ってもらい自分の負担を減らせるようお願いしておきましょう。

2.子どもが病気の時の対応を決めておく

仕事復帰した場合に1番困るのが子供の急な体調不良です。保育園では37度5分を超えると預かってもらえません。

平熱がもともと高い子、すぐに熱を出す子の場合頻繁に保育園から連絡がかかってきます。その場合はもちろんすぐにお迎えに行く必要があります。しかし迎えに行くたびに仕事を休まなければならないとなると、ママは精神的にもとても辛いものです。

そのため子どもが熱を出してしまった場合はどう対応するのかについて事前にしっかり考えておく必要があります。

親が近くに居ればいいのですが、最近は親の近くに住んでいても親も働いている場合が多く頼れないということも多いようです。

現在では病児保育、保育ママ、ファミリーサポートなど病気の場合にお願いできる機関も多くあるので、仕事復帰の前に探しておく必要のをおすすめします。

3.復帰の前の挨拶は忘れずに

仕事復帰する場合、復帰する前の日に職場に挨拶に行きましょう。事前の挨拶を行わずに復帰日にいきなり来て仕事を始めてしまうと、上司や同僚からの印象が悪くなってしまう可能性が高いです。

そのときに差し入れなどを持って事前に挨拶に行くことを忘れないようにしましょう。お菓子は別けやすいよう小分けになっているオフィスでも食べやすいお菓子が無難です。

しっかり人数分用意するようにして下さい。人数が変わっている場合もあるので事前に聞いておくと安心です。

また挨拶のときには「子どもの急な体調不良などで迷惑をかけることもあるかもしれませんが、宜しくお願いします。」と伝えておくだけで、復帰後仕事がしやすくなります。挨拶時の服装はスーツまたフォーマルな格好が望ましいです。

4.職場の状況を聞いておく

産休に入る前と現在で変わったことがないか事前に上司や同僚に聞いておきましょう。業種にもよりますが、1年以上経つといろいろと変わっている場合もあります。

大きな企業などの場合は特に、人事異動などで人が変わっている場合もあるので、職場の状況は事前に知っておくことで復帰後スムーズに仕事を始めることができます。

仕事復帰後、周りの人にいろいろ質問をし続けてしてしまうのは精神的にも辛いもの。あらかじめ状況を聞いておくことで、質問の頻度も下がるでしょう。

また仕事仲間と時々メールや電話をして職場とのつながりを持っておくと、復帰後も安心して仕事を始めることができます。

5.決して無理はしない

産休、育休明けで仕事復帰した場合、「早く仕事ができるようにならなくちゃ」とつい張り切ってしまいがち。もちろん気合を入れる必要はありますが、仕事の後には育児、家事が待っていますし、体力も全盛期よりも下がってしまっている可能性もあります。

たとえママが体調を崩してしまったとしても、育児をストップすることはできません。ママの身体のためにも子供のためにも、体調不良に陥らないよう注意することが必要です。

無理をしない働き方をするためにも、再就職には派遣の仕事がおすすめです。大手派遣サイト「リクルートスタッフィング」なら自分のライフスタイルや希望に合わせて仕事を見つけることができます。

リクルートスタッフィングに登録する

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る