転勤族の女性が仕事と結婚を両立させる方法:別居婚がベストの形!

転勤族は男性が多いというイメージを持っている方が多いかもしれません。しかし転勤のある仕事をしている女性もたくさんいます。

転勤族の女性は結婚できないなんて言われていますが、本当なのでしょうか?

今回は転勤族の女性が仕事と結婚を両立させるためには、どのような方法があるのかを紹介します。

女性の転勤族は大変!?

どんな会社に勤めていても、総合職の場合は転勤があります。どちらかというと男性が多いイメージのある総合職ですが、女性でも総合職でバリバリ仕事を頑張っている人はたくさんいるでしょう。

転勤族はせっかく慣れた地でも、転勤によって関係をまた一から築いていかなければならず、とても大変です。また、引越しは精神的にも体力的にも疲れます。

家族の負担が大きい

家族がいる場合の転勤族は、家族にも迷惑がかかってしまうケースが多いです。単身赴任をすれば家族に寂しい思いをさせてしまうし、かといって毎回ついてきてもらうのは難しいでしょう。

子どもがいると転勤の度に毎回転校させてしまうことになり、友達もまた一から作り直さなければならないので大変です。

また、ついてきてもらうためには子供やパートナーを説得する必要も出てきます。特に子供を説得する際には慎重に伝えることが必要となってきます。それが重なると、自分自身も家族も精神的負担が大きくなります。

男性でも大変な転勤族は女性の場合、さらに結婚はできるのか、子どもは生めるのか、といった心配も付いてきます。

転勤のある女性は結婚できない!?

転勤のある女性が結婚できないということはないですが、やはり難しいのが現状でしょう。その証拠に、結婚前は総合職で転勤もありバリバリ働いていたという人でも、結婚や出産を機に仕事のやり方を変えたという人は多いのです。

女性が転勤のある仕事の場合、ついてきてくれる男性は少ないかもしれません。転職してもすぐに働けるような職種である場合、在宅でできる仕事である場合には奥さんが転勤族でも、問題ないかもしれません。

旦那の協力がないと、女性が転勤のある仕事を続けることは無理といえるでしょう。

転勤族の女性が仕事と結婚を両立させる方法

転勤族の女性が仕事に結婚にと両立させるのには、どのような方法があるのでしょうか。

別居婚という結婚の形

結婚して一緒に暮らすのが一般的だと考える人は多いです。しかし、結婚には別居婚という結婚の形もあります。

戸籍上は夫婦ですが、一緒に暮らしていないという結婚の形です。「一緒に住まないのに結婚する意味あるの?」と思われる方ももしかしたらいるかもしれません。しかし近年、さまざまな理由から別居婚は増えているのです。

その背景には結婚してもキャリアを失いたくないと、バリバリ働く女性が増えてきたということもあるかもしれません。

別居婚であれば妻が転勤族でもなにも問題ありません。しかし子どもを持つことは難しくなるでしょう。子供なしでもいい場合は、別居婚という選択もあります。

妻が夫、家族を養う覚悟を持つ

一般的に結婚して仕事を辞めたり勤務体制を変えるのは、妻の場合が多いです。女性が稼いで男性が家に入るというケースの夫婦も多くはないですが存在します。

その場合、育児は夫に任せて自分がバリバリ稼いで家族を養うくらいの強い気持ちを持つと、転勤族の女性でも仕事と結婚を両立させることができるでしょう。

最後に

転勤族の女性が仕事、もしくは結婚や出産を諦める必要はありません。別居婚や事実婚など、結婚の形はさまざまです。ただ、自分の仕事を優先した上で結婚や出産をしようと思うと、乗り越えなければならない障壁が多いのが現実です。

自分の仕事はどうしても犠牲にできないけど、結婚して子供を産みたい、なおかつパートナーや子供とは同居したいという人は、ある程度自分が収入面で家庭を支えるという覚悟が必要になります。

一般的に女性の方が家庭より仕事を優先するケースは少ないので、結婚する前にパートナーにきちんと伝えたり、自分の仕事や家庭に関しての考えに理解を示してくれる人や、ある程度価値観を共有できる人を選ぶと良いでしょう。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る