同棲で食費を節約してラクに貯金する方法:できるカップルはもうしてる!

カップルの中には、できるだけ一緒にいたいという理由の他に、一人暮らしに比べ家賃の節約をできるからという理由で同棲を始めるカップルも少なくありません。

一人暮らしでも同棲生活でも節約は、いつでも誰にとっても課題となってきます。しかし、節約を成功させるには、知識を身につけたり、意識して行動していかなければなりません。

そして節約術を身に着けて、継続していくことがとても大切です。今回は、一番節約のしやすい食費の節約術と貯金のためのヒントを紹介していきます。

食費の節約術

外食に行く回数を減らす

節約するならば、まずは食費です。簡単に始められるのはやはり外食を控え自炊をする生活にしましょう。

外食メニューの中には、目玉商品として一食あたりが自炊するより安いものも確かにありますが、栄養面からも、飽きがくるという観点からも、そればかりを食べてはいられません。

外食を断絶する必要はありませんが、基本的には自炊をし、自炊をする癖をつけることをおすすめします。そして自炊をするとなれば、大切となってくるのが買い物の仕方です。

工夫して買い物をする

利用するスーパーの特売日をしっかり把握し、その日を狙ってお目当ての物だけを買いに行くなど買い物の仕方を工夫するだけで大きく節約に繋げることができます。

また、曜日によって安いものが異なるスーパーもあるので注意してください。しかし、安いからといって必要のないもの買うのはいけません。

節約の道を節約・貯金の道を阻みますので、安売りの日を狙いながらも必要ないものは買わないようメモなどに書いて買い物をすると効果的です。

朝・昼・晩の自炊

そして自炊は、朝・晩だけでなく、仕事や学校で食べるお昼ご飯もお弁当にし、家で用意して持っていくようにするとかなりの節約に。

また、お弁当も晩御飯の余りを持っていくというスタイルにすると、「お弁当を作る」というよりは「詰めるだけ」なので手間が省けて意外と苦になりません。

残り物の活用

煮物やおひたし、ハンバーグなどは多めに作って冷凍保存しておくと効果的。別の日に温めるだけで食べられるので便利な上に、買い物を控えたいときにもそれを食べればいいので、節約にもかなり貢献してくれます。

また、残り物からリメイクして新しいおかずを作れると味に飽きずに続けやすいです。

間食を減らす

主要な食事以外に間食をする癖のある人は、お菓子代も少しずつ減らしていく努力も必要です。お菓子といえども計算してみるとかなりの節約になってきます。

急にお菓子ゼロにしてしまうと、ストレスになるので少しずつ減らすと長期的に続けることができます。

貯金をするために

毎月の貯金額を決める

本気で貯金をするには、毎月の貯金額を決めることです。毎月の水道光熱費、家賃、食費などの生活費の予算をだすときに貯金の項目を設けます。

確実に貯金するために余ったお金を貯金するという考え方ではなく、もともと貯金の金額は家賃などと同様「毎月支払うもの」と考え、はじめからそのお金を貯金用通帳なり貯金箱にいれておきます。

このお金はあくまで支払ったお金なので手を付けられないというルールを作り、お互いに守るようにしましょう。

はっきりとしたルールを決める

しっかりルールを守って続けることができれば、今は少し我慢が必要でも何年か後に今の自分たちに感謝するようになります。

本当にわずかな金額でもいいので、無理のないことを前提に節約できた金額を毎日貯金箱に入れていくのも一つの方法です。

余ったお金を月ごとに貯金に回すより、日々少しずつでも入れたほうが毎日結果が見られるので、貯金や節約の意識が強くなることができます。

記事の著者

同棲の悩みをもっと見る