妊娠で別れるカップルの4つの特徴:タイミングや意識の問題が原因

彼女の妊娠が発覚したら、嬉しいもの、幸せなもの思って素直に喜べるカップルは、想像より少ないと言います。

特に思いがけず妊娠してしまった場合や、結婚を意識せずに付き合っているカップルなどは、妊娠は問題にしかならないと言われがちです。

そんな望んでいなかった妊娠をきっかけに別れることになるカップルもたくさんいます。

喜べるはずの妊娠をきっかけに別れる、なぜそのようなカップルがいるのでしょうか。

今回は妊娠で別れてしまうカップルの特徴についてまとめてみました。

産むべきか否かで意見が分かれている

まだ結婚を考えていなかったカップルで、「子供は欲しいかどうか」という話はなかなかするものではないでしょう。

しかし、妊娠が発覚した段階で「産むべきか」という話は絶対にするはずです。その段階で急に子供をどうするかという話が現実的なものになります。

現実を前にしてみると気が引けてしまい、どちらかが子供のことは望まなくなってしまう場合もたくさんあるのです。

また、もともと子供が欲しいとは思っていなかったのにも関わらず妊娠してしまったりなど、産むべきかどうかでそれぞれ意見が分かれてしまうことはたくさんあります。

そのせいで幸せなはずの妊娠をきっかけとして、結果的に別れることになってしまうのです。

結婚するつもりがない

そもそも結婚するつもりもなく、一時的な恋愛を楽しむつもりで付き合っていた二人にとって、妊娠は正直トラブルでしかなくなってしまいます。

妊娠をきっかけに結婚を考えてみる場合もあるでしょうが、それでもやはり結婚するつもりがないという考えに至った場合は、結果として妊娠中絶を選ぶしかありません。

妊娠中絶は女性にとって非常に重いことですし、心の傷はお互いに抱えることになるでしょう。

そうすると、中絶をした、という事実を残したままそれ以上付き合う意味を感じなくなるカップルはとても多いようです。

彼に責任感がない

お互いに出産のことは望んでいても、実際に出産を前にして女性の方が彼氏に幻滅してしまう場合もあります。

というのも、子供に対する責任感というのもが彼に宿るのは、女性よりも遅いと言われがちのようです。

そのため妊娠中の彼女の前でタバコを吸ってしまったり、父親になる人とは言い難いような行動を取ってしまったりなど、彼に責任感がないと、妊娠していても別れを選択することはよくあります。

彼女が妊娠をきっかけに変わってしまう

妊娠がきっかけで女性が変わってしまい、彼の方がそれに耐えきれず別れを切り出すパターンもあります。

急に母親として振舞おうとすることでテンパってしまい、そのストレスを過剰に彼に与えてしまう場合がそうです。

あまりに彼女が変わってしまうと、「一緒になることは無理」と男性は考えてしまい、せっかくの妊娠であるのにも関わらず別れに繋がってしまうこともあります。

記事の著者

妊娠・子育ての悩みをもっと見る