何も考えてないだけなのかも?無口な夫の心理や性格7つ

デート中や家に2人でいる時も、無口な夫。夫から話や質問などをせず、いつも話しかけるのは自分ばかりだと一緒にいてもつまらないと感じてしまいますよね。

一日中スマートフォンに夢中で、話しかけても気づかなかったり、夫がずっとだんまりしていると呆れて思わずため息が。

私に興味がないのかなと、不安も感じることでしょう。しかし実際には、夫は会話がない空間をむしろ居心地がよいと思っている、あるいは何も考えていないだけ、といった場合もあります。今回は、無口な夫の心理や共通点、性格や傾向などをご紹介!

無口すぎる夫との関係に悩んでいる方や、この先の同居が不安な方は、電話占いヴェルニを試してみてはいかがですか?電話占いなので、夫のいない昼間に自宅でも簡単に占ってもらえます!

登録・通話料無料!ヴェルニに登録する

1. 繊細で臆病

夫が無口な理由は、夫の性格に由来するものかもしれません。

自分の一言で相手を不快にさせるかもしれない、トラブルに発展するかもしれない、などと不安を感じやすい人は、無口な傾向があります。

「こんなこと言ったら妻は嫌な気持ちになるだろう」「自分が口出しするようなことではないかもしれない」など、深く考えるがゆえに口数が少なくなってしまうのです。

この場合には無口だからと言って、決してあなたのことが嫌いで話したくない、というわけではありません。

付き合う前のことを思い出しながら、夫の性格をじっくりと考えてみましょう。繊細で臆病な性格の夫に対し、「どうして話してくれないの?!」などと強い口調で言うのはマイナス効果です。

嫌われたくないがゆえに無口になってしまうといった性格を理解し、夫が安心できる環境作りを心がけましょう。

2. 女心が分からない

無口な男性の中で共通してみられるのがこの特徴。

女性は、2人でいる時に自分に対して話題を振ったり質問を投げかけてくれなかったりすると、「自分に興味がないのかな?」「本当は一緒にいたくないのかな?」と考えがちです。

特に、おしゃべりな女性だとなおさらのこと。自分ばかりしゃべっているとなんだか寂しくなってしまいますよね。

仮に話してくれないことの不満を伝えても「面倒くさい。なら離婚すればいい。」などと言ってくる場合も…。これは典型的な女心の分からない無口な男性の特徴です。

3. 何も考えていない

無口な夫に対して、ミステリアス、何を考えているのか分からない、と感じている女性もいることでしょう。

そんな時、特に何も考えていなかった、ということが少なくありません。拍子抜けですよね。しかし、さらっと「いま何考えてたの?」などと聞くと、あっさり「何も考えてなかった」「ただぼーっとしていた」といった返答が返ってくるケースは意外にも多くあります。

外で仕事をしていると常に色んなことを考えていなくてはいけないからこそ、仕事場から離れたら余計なことを何も考えたくない、考えないようにしているという男性も多いのです。

気にしすぎると疲れますから、あまり気にしないようにしましょう。

4. 子供と上手く関わることができない

無口な男性の特徴として、子供と上手に関われないというものがあります。

寡黙すぎるために子供から、付き合いにくい、悩みを相談しにくいといった印象を抱かれがちです。

父親は静かで常に落ち着いているというイメージがあるかもしれませんが、年々子供たちの父親像は変化しています。気さくで相談しやすい雰囲気の父親を求める子供が多くなっているのが現状です。

特に子供が幼い場合には、父親がたくさんおしゃべりしてくれる方が良い関係性を築きやすいと言えます。夫の性格を考慮しながらも、子供とのコミュニケーションはできるだけ多く機会を設けるといいかもしれません。

5. 会社で気を遣いすぎる

会社での人間関係を良好にするために、職場で気を遣いすぎていたり、無理に作り笑いをうかべていたり、そういったことは夫にとって大きな疲労になります。

そういった会社での気疲れから、家では気を遣わずくつろいでいる男性は、自然と無口になりがちです。

この場合、夫にとって家が安心できる空間であるとプラスにとらえるのがいいでしょう。もちろん妻としては、夫と楽しくおしゃべりしたいと思うかもしれません。しかし、夫に「あなたといる時にとてもリラックスできる」と思ってもらうのも大切なことです。

会社で気疲れしているのかな、と感じたら「お疲れ様」など優しい言葉をかけてあげると、夫もより気を安らげることができるでしょう。また、その会話をきっかけに夫が会社のことなどを話してくれるかもしれませんよ。

6. 趣味に没頭している

元々無口ではない夫に、話しかけても返答がない場合や、一時的にしゃべらなくなった場合、何かしている様子なら、趣味に没頭している可能性があります。

また元から無口な男性も同様に、まったくしゃべらないなと感じたときに相手を見て何かをしている際、それに夢中になっているだけかもしれません。

あなたも目の前のことに没頭していると、つい口を開くのを忘れていることがあるのではないでしょうか?スマートフォンやゲーム、漫画などの趣味に没頭している際、多くの人が一時的に無口になります。

何かに集中している場合、そこに無理に話しかけるのはかえって相手の気分を損ねてしまうかもしれないので要注意です。

7. 対人恐怖症の可能性も

聞きなれない人が多いと思いますが、海外においても日本語のまま発音するほど、日本人に多い症候群です。

過度な緊張や不安から、発言することに恐怖心を感じて、発言できないという症状などがあります。ひどい場合は、生活に支障をきたすこともあるこの対人恐怖症。

ただ無口なだけの場合は心配いりませんが、ネットに掲載されている症状が夫の状態に当てはまったら、カウンセリングなどの治療を行いましょう。

無口な夫の本音をどうしても知りたい時は?

今回は、無口な男性の特徴や性格を中心に紹介しました。

繊細な性格ゆえに嫌われることを恐れて口数が少なくなってしまっているケースや、リラックスして何も話さないのがむしろ心地よいと思っているケースなど様々です。

夫の態度に不満が溜まった場合に「どうして話してくれないの?!」「私のこと好きじゃないの?」などと感情的になるのはNGです。

そうは言っても、無口だとやはり何を考えているのか分からず不安になってしまうもの。そんな時は、ヴェルニの電話占いで夫の気持ちを鑑定してもらってみてはいかがでしょうか?

ヴェルニにはハイレベルの占い師が集結しており、多くの占術の中からあなたに合った方法で占ってもらうことができます。登録料も通話料も一切かからず、自分の都合のいい時間・場所で鑑定してもらえるのが嬉しいポイント。

また鑑定では、夫が何を考えているかだけでなく、どうしたら夫ともう少し会話することができるのかといったことまでアドバイスしてもらえます。

夫に関する悩みや不満を一人で抱え込まず、一度ヴェルニの電話占いを試してみてはいかがですか?

登録・通話料無料!ヴェルニに登録する

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る