銀行員は転職しない方がいい?銀行員が転職するときの3つの注意点

銀行員と言えば、誰もが認めるエリートです。しかし、銀行員には銀行員なりの悩みがあり、銀行から異業種への転職を考える人も少なくありません。

ただし、銀行員はエリートだからといって簡単に転職できると安心していてはいけません。この記事では、銀行員が転職する際の注意点を紹介します。

また、異業種への転職の際におすすめなのがリクルートエージェント。業界1位の大手企業であるリクルートが運営している求人サイトなので、掲載求人数はもちろん、サポートも抜群に優れています。

登録は無料できるので、ぜひ登録して色んな会社の情報を手に入れましょう。

無料でリクルートエージェントに登録する

転職の動機をはっきりさせる

まず、転職の動機をはっきりさせましょう。転職の動機がはっきりしない、なんとなく辞めたいといった理由では、転職する前に面接で落とされてしまうでしょう。運よく転職先が見つかったとしても、そこでまた同じ気持ちになってしまう可能性が高いです。

転職は、人生の中でも大きな決断の一つです。結論を急がないことが大切です。

以下では銀行員を辞めたいと思うケースを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

仕事のプレッシャーが高い

銀行の営業部の職員には、預金額、カード契約件数、保険契約件数などの高いノルマが課せられています。そして、ノルマが達成できないと上司からの容赦ない叱責が待っていることもあります。そうなると、プレッシャーは尋常ではないでしょう。

しかしながら、厳しい仕事の対価として高いお給料をもらっていることを忘れてはいけません。厳しいノルマやそのプレッシャーの中で生きているからこそ、エリートと称されるのです。

また、転職先でも銀行員の経験を買われて営業部に配属される可能性もあります。まずは、同じ職場で異動を申し出てみるなど、現状でやれることをやってみましょう。

組織の古い体質

最近は改善に力を入れているところが徐々に増えてきてはいますが、銀行はどうしても古い体質である場合が多いです。特にメガバンクであれば、どうしても体育会系のような雰囲気があるでしょう。

上司の言うことには無条件で従わなければならなかったり、無理やり飲み会に連れて行かれたりなどもあります。

激しい出世争い

銀行では、出世争いが激しい場合が多いです。

他人を蹴落としてでも出世したいという人が多く、そういった人の言動で職場の雰囲気が悪くなったりすることがあります。また、そういった言動がエスカレートして、嫌味を言われたり変な噂を流されたりすることもあるようです。

女性特有の転職の動機

銀行員の転職の動機の中には、女性特有のものもあります。以下ではそんな女性に特有の理由を紹介します。

人間関係が難しい

銀行は女性が多い職場のため、女性同士の人間関係に悩む女性は多いです。お金を扱うシビアな職場のせいか、長年働いているお局さまは、厳しいを通り越して、悪意に満ちているなんてこともあるでしょう。

しかしながら、どんな業種にも人間関係の問題はあるので、転職すれば人間関係の悩みが解消されると考えるべきではありません。今の職場で解決を試みてみることが大事です。

お付き合いが多い

銀行では、飲み会や休日のイベントへの参加を強制されることが多いです。そのため、平日の夜や休日にまで職場の人間と顔を合わせたくない女性にとっては、辛い職場といえるでしょう。

しかしながら、これも職場の人間関係形成の一つの形であり、仕事をよりよい状態で進めるための対価と考えるべきです。

ただ、どうしても行きたくない場合は失礼にならないように断ることも大事です。

自分の判断で、自分のお金を使って行くのですから、飲み会に参加して退屈そうにしたり、あとで愚痴をこぼしたりするより、断ってしまって休日は自分の好きなことをした方が有意義です。

あくまでも飲み会は半強制的に集められる場ではなく、職場の人と楽しんだり、親睦を深める場であることを肝に命じておきましょう。

年収が下がる

銀行は、年収が他の民間企業より高いですし、福利厚生も充実しています。そのため、異業種へ転職する場合は、年収が大きく下がる覚悟が必要です。

また、銀行の給与体系では30歳を超えてから年収が大きくアップしますから、若いうちに転職すると生涯賃金に大きな差が生まれるとを認識すべきでしょう。

銀行員は転職が楽ということはない

銀行員は転職市場で引く手あまたというイメージがあります。たしかに、銀行員はエリートと認識されていますから、20歳台の若い人を採用したい企業は多いでしょう。

しかしながら、他の転職希望者と同様に、30歳を超えると市場価値はガクンと下がります。そのため、転職するなら早期に決断すべきです。

銀行員としてのスキルを活かせる業界

ここまでの説明を読んでも転職の意志が揺るがないのであれば、あなたに合った転職先を探しましょう。銀行で培ったスキルを活かせる職業をご紹介します。

経理担当者

企業の経理担当者は、銀行員にとって適職です。簿記の資格を取得したり、銀行の融資の仕組みに詳しくなっておけば、経理担当者として歓迎されるでしょう。

経営コンサルタント

経営コンサルタントは、決算書を見て企業の業績を判断する銀行員のスキルを活かせる職業と言えます。中小企業診断士やMBAなどの資格を取得すれば、経営コンサルタントへの道がさらに開けるでしょう。

税理士

税理士も銀行員の経験を活かせる仕事です。また、税理士として独立開業すれば、銀行時代のような人間関係に悩むこともなくなりますので、その点でも一考の価値があるでしょう。

銀行員の強みを活かして転職活動をするべし

銀行員の強みを全面に押し出すことで、より良い職場に辿り着けることがあります。転職をするなら面接する機会もあるので、ぜひあなたの強みを知って、自己PRに活かしましょう。

規則をしっかりと守れる

銀行と聞くと、世間の人はコンプライアンスの厳しい職場というイメージが強いです。なので、銀行員は規則を守る人だと思われやすいです。規則を守れるというのは、それだけで強みになります。

なので、銀行で働いていたので規則をきちんと守れます!という風にアピールすることができます。

銀行に就職できたのだから優秀な人材であると思われやすい

銀行に就職できるということは、それだけ総合力が高い人材なんだと判断されることがあります。簿記などの資格を持っていれば、アピールすることで「総合力がある上に、こんな資格もあるのか!」と評価が上る可能性があります。

転職を考えている方にはリクルートエージェントをおすすめします。大手企業であるリクルートが運営しているため体制の整った求人サイトになっています。

リクルートエージェントでは、各業界で豊富な経験を積んだアドバイザーが、自分に合った求人の紹介から履歴書や職務経歴書の書き方指導まで、徹底してサポートしてくれます。

また、本格的に転職を考えていなくても、登録して相談するだけでもOKなので、転職活動が初めての人も安心して転職活動ができるでしょう。

登録は無料でできるので、ぜひ登録して色んな会社の情報を無料で手に入れたり、アドバイザーに相談に乗ってもらったりして転職活動に役立ててください。

無料でリクルートエージェントに登録する

記事の著者

転職の悩みをもっと見る