税理士彼氏との上手な関係の作り方5つ:彼は何を求めているの?

税理士は、おもに個人や法人の税金にまつわる色々なサポートをする仕事です。

私たち日本国民には、所得税、消費税、相続税、贈与税、固定資産税、法人税、事業税といった多種多様な税金の納税義務があり、こうした税金が円滑に納められるよう個人や法人をお手伝いするのが税理士の役割です。

税理士になるためには、税理士の国家資格を取得しなければいけません。この試験は非常に難易度が高く、数年かけて合格を目指す方も多く、下積み期間の長い仕事と言えます。

税理士事務所でサラリーマンのような形で仕事している方、個人で事務所を経営されている方など税理士の働き方は様々です。そこで今回は、彼らとお付き合いする上で、どのようなことに注意すべきかをご紹介します。

彼のサポートに徹する

税理士は2月、3月の確定申告時期前後は特にとても忙しく、なかなか会う時間をつくることも難しくなります。残業も増え帰宅時間も遅くなりますので、デートの約束をしていたけれどドタキャンということもあり得るかもしれません。

でもそんな時も仕事よりも自分を優先してくれない!と怒るのではなく、今は仕事が忙しい時期だからとあたたかく見守ってあげましょう。久しぶりに会えた時には、彼も彼女の怒った顔ではなく笑顔が見たいはずです。

連絡もなかなかとれないかもしれませんが、返事が無いことを追求するよりも、彼が見た時に心を癒されるようなメッセージを送った方がお付き合いはうまくいきます。

仕事を頑張っている彼を、会えない時も応援する気持ちで、サポートに徹するようにしましょう。

会話の引き出しを増やす

税理士は下積み時代が長いだけに、コツコツと努力できるような真面目で堅実な人が多いです。それゆえにお付き合いする彼女にも同じような価値観を求めます。

派手でなく堅実で、地味なことでも着実に努力できるような女性は選ばれやすいでしょう。また税理士は個人、法人問わず得意先と上手くお付き合いしていくために幅広い分野で教養を深めていたり、おもしろい話題を常に求めています。

そのため教養があり、有益な情報を提供してくれる女性には、一目置く傾向があります。女性ならではの視点で興味を引くような話題を提供すると好感度がさらに高まります。

デートの時には上手に甘える

税理士の仕事は顧客から頼られてこそ輝ける仕事なので、プライベートでも彼女から頼りにされると嬉しく思うものです。彼と一緒に過ごせるデートの時間等は、彼女から上手に甘えて仕事の忙しさを忘れさせてあげましょう。

甘えるのが下手な人は、まずは喜ぶことと楽しむことを心がけ、口に出すようにしましょう。彼と一緒にいて楽しかったら、素直に、一緒にいて楽しい、嬉しい、と伝え、おいしいものを食べた時には、すごくおいしい、と伝えることも大事です。

このように、自分の気持ちや喜びを彼に伝えるのに慣れてくると、徐々に彼も前向きに行動してくれるようになり、彼女の気持ちを察しようと努力してくれるようになります。

それとともに、だんだんと甘えやすい関係になっていきます。信頼関係を築くためにはお互いの努力が必要なのです。

自立した関係を目指す

今回は税理士とお付き合いする上でのポイントをお伝えしました。どの男性とお付き合いする時でも相手の立場を思いやって行動するということは大切です。

しかし、税理士のような仕事をしている男性とのお付き合いでは、特に、彼の仕事の繁忙期や大変さを理解して相手に接することがお付き合いを順調に進めていく上でのキーポイントになります。

愛情不足を感じて不安になる時もあるかもしれませんが、あまり彼に依存し過ぎないで、常に自立心を持った女性でいられるように心がけましょう。

記事の著者