未経験でも保健師に転職したい!保健師になるための方法

近頃、保健師として地域のために働きたいという人が増えています。身近な人々の健康を守る保健師。実際に保健師になるにはどうしたらいいのでしょう。

また、漠然としか保健師という仕事をイメージできていないため、保健師の仕事内容についてもう少し詳しく知りたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は保健師の仕事、なる方法についてご紹介します。もしあなたが保健師の仕事に興味があるのなら、ぜひ参考にしてみてください。

保健師への転職ならマイナビ看護師がおすすめです。国内最大級の看護師求人サイトなので、保健師の求人掲載数が圧倒的です。

マイナビ看護師のサイトを見る

保健師とは

保健師は、各都道府県の保健所や市区町村の保健センターなどに勤務し、地域に住む人々の病気の予防や健康を守り、さらには増進するためにさまざまな保健活動を行うことが仕事です。

対象となるのは赤ちゃんから高齢者の人、妊婦さん、障害をもつ人、寝たきりの人など非常に幅広く対応します。

これらの人々に対して集団検診や家庭介護教室、電話相談、定期的な家庭訪問などを通して、人々の生活状態や健康状態に耳を傾けながら、適切な処置やアドバイスなどを行なっていきます。

相談内容も、妊婦の健康維持や妊娠中の悩みや不安、育児の悩み、生活習慣病の改善、心のケアについての相談や介護保険についてのアドバイスなども業務内容に含まれているのです。

また、各企業や健康保険組合において、そこで働く従業員や職員の健康管理や健康促進のアドバイスなどをおこなう保健師もいるのです。

保健師には行政保健師、病院保健師、産業保健師、学校保健師と大きく分けて以下の4つがあります。

行政保健師

保健師の60%を占める行政保健師は、公務員として働きます。行政保健師はさらに都道府県保健師と市区町村保健師に分かれます。

都道府県保健師は、都道府県庁や指定の保健所に勤務し、市区町村保健師への研修を行ったり、保健医療システムの整備をします。広範囲に影響を及ぼす仕事が多いのが特徴です。

市区町村保健師は、市区町村の役所や、管轄する保健センターに勤務し、健康診断や予防接種のお手伝いなどをします。赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い世代の地域住民と接することができるのが特徴です。

病院保健師

病院保健師は行政保健師に次いで多い業種です。総合病院やクリニックなどの病院施設に勤務します。病院保健師の主な仕事は、病院に訪れる患者の健康指導です。

たとえば、小児科では予防接種の手伝いやアドバイスを行ったり、精神科では精神疾患を患った人への生活指導を行っています。

産業保健師

産業保健師は、企業や健康保険組合に所属して勤務します。主な仕事は、企業の社員や組合の職員に対する保健指導です。具体的には、定期健康診断の実施や、成人病、精神病のケアなどを行います。

学校保健師

学校保健師は、大学や専門学校、一部の小学校、中学校、高校に勤務します。勤務先の学校の先生や職員の健康指導を行ったり、けがや急病人の応急処置をします。

保険室の先生のように思えますが、保健室の先生になるには養護教諭の教員免許が必要になるので、学校保健師とは別のものになります。

保健師になるには

国家資格を取得する

保健師は国家資格です。まずは国家試験に合格することが保健師になるための必須条件になります。ただし受験にあたっては、看護師免許の取得が必要です。

そのためには看護師専門学校や3年制の看護短大、あるいは看護師と保健師のカリキュラムのある4年制大学の看護科や4年制の看護専門学校で学んだのちに、看護師国家試験を受験して、それに合格しなければなりません。

そして看護師免許を取得すると、保健師の国家試験を受験することになります。

保健師指定養成校の認可を受けた看護大学であれば、卒業と同時に看護師と保健師両方の国家試験を同じタイミングで受けることもできます。

また、看護師の免許を取得したのちにも、保健師になるための指定の学校や養成機関においてある一定期間学ぶことで、ようやく保健師の国家試験を受験できる資格を得ることができます。

求められる資質

保健師はとても幅広い年齢層の人たちと接するため、それぞれの人々に対する思いやりのある人間性やコミュニケーション力が求められるでしょう。また、あらゆる人々の様々な相談や悩みに対応するための幅広い知識を必要とします。

そして、日々の仕事をこなしていくための、しっかりとした体力や精神力が求められるのは、言うまでもありません。

未経験でも保健師になれる

保健師は未経験者でも目指すことができます。その際にも、保健師に転職する方法と同様に、自分の働きたい領域を明確にしましょう。そして保健師に関することを学ぶことはもちろん、資格取得のための準備を怠らないようにしましょう。

そして今まで社会で培ってきたマナーや経験を活かせるよう、やってきたことの整理をすることも大切です。また年齢制限のある職場もあるので、そのような情報を収集しておくことも重要です。

初めは誰でも未経験者です。あなたの頑張り次第では、十分保健師を目指すことができます。

保健師に転職する方法

保健師へと転職する場合、自分がどの業種で働きたいのかを明確にしておきましょう。

この中でも行政保健師は、最も人数が多く、中途採用の求人が多く出ています。ただ、行政保健師は公務員としての立場になりますので、公務員試験にも合格する必要があります。

行政保健師は地域住民の健康のためには欠かせない存在であるため、全国に需要がある保健師です。

求人の点からみると、産業保健師は、行政保健師ほどの求人数はありません。特に大手企業の産業保健師は給与も高いことから、多くの応募者が殺到しますので、競争率がとても高くなります。

また保健師は女性の比率がとても高いため、産休や退職により急な空きが出ることがあるので、身近な人脈を頼りにその辺りの情報を掴んでおくことも必要です。

合わせて保健師の求人サイトなどに登録をしておけば、求人情報を得られるので、事前の登録をおすすめします。

保健師を目指すあなたに

高齢化が進む現代では、保健師の果たす役割がますます重要になります。

あなたが健康について興味があり、人の面倒を見ることが好きであるなら、ぜひ保健師の道を目指してみてはいかがでしょうか。きっと多くの活躍の場が、あなたを待っていることでしょう。

保健師への転職を本気で考えてる方には、マイナビ看護師がおすすめです。

採用のプロが丁寧にサポートしてくれるので、転職初心者の方でも安心して利用できます。

マイナビ看護師のサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る