医療事務が出会う方法4選:合コンに誘われ待ちはNG!

医療事務と言えば、病院や診療所、クリニックなどのさまざまな医療現場で、保険の点数計算や経理などの仕事を行う仕事。

専門的な仕事をしている医療事務は、実は女性の独身率は高いです。その理由の一つは、職場が閉鎖された特殊な空間であり、出会いのチャンスが少ないこと。

しかし、医療事務の女性の中にも、「出会いがないけど恋人が欲しいし、いずれは結婚したい!」と望んでいる方は数多くいるのではないでしょうか。

今回は、医療事務の女性が男性と出会う方法を紹介します。出会いがないと悩んでいる女性は、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

医療事務が出会う方法4選

以下では、医療事務の女性が出会う方法をご紹介していきます。

「彼氏が欲しいのになかなかできない…」と悩んでいる方は、以下の方法で恋人を作ってみて下さい。

同年代の患者さんと仲良くなる

クリニックや診療所だと、何度か受診にくる患者さんと顔見知りになって仲良くなることもあるようです。お年寄りが多いイメージもありますが、クリニックによっては同年代の若い男性の患者さんが訪れる場合もあります。

具合はいかがですか、と話しかけて自然に世間話をするようにしたら、後日男性から連絡先を渡されて恋愛に発展したという話もあります。

良い出会いを逃さないためには、常に気を抜かず容姿に気を配っておくのも重要。ノーメイクなんてもってのほかです。

同窓会を開き合コンをセッティングしてもらう

最近では、SNSも普及しfacebookやインスタグラムで昔の知り合いとつながれる時代です。

SNSのつながりで連絡をとって一度同窓会を開き、そこで再開した同級生に合コンのセッティングをお願いしてみましょう。

医療事務の人で出会いが無く、合コンに誘われるのを待っているんだけどなかなか誘われないという方も多いと思います。

SNSなら気軽にたくさんの人と繋がれます。忙しい時もアプリで知り合いを集められるので忙しい医療事務のお仕事をされてる方でも安心。

合コンセッティングサービスを使う

同級生や友達など、今までの知り合いに合コンを頼めない場合は、合コンセッティングサービスを使うのも良いでしょう。

今はネットを使った合コンセッティングサービスがあり、自分の情報を登録するとそこに登録されている男性が表示され、好みの男性を選択し合意すると、企画会社に合コンのセッティングを依頼することができます。

男性の年齢やエリア、職業などでも検索をかけることができるので、男性に求める条件がいくつかある人には便利です。

気になる男性を見つけて合コンを開き、仲良くなって出会いにつなげましょう。

違う部署との交流を持つ

働いている環境にも左右されますが、医療事務は病院という閉鎖的な環境で仕事をしているので、出会いが少ない傾向にあります。

もし今働いている病院が大きな病院なら、他の部署と積極的に交流してみましょう。

もし医療事務チームに男性がいないとしても、他の部署なら医師はもちろん、さまざまな職の男性が働いているかも。

病院全体のイベントに積極的に参加したり、他部署との連絡役を引き受けたりなどして、知り合いを増やしていきましょう。

また、製薬会社の営業であるMRの男性なども狙い目です。もし病院内で困っている姿を見かけたら、積極的に声をかけてみて下さい。

もし小さな病院で働いているのなら、働いている人の多い大手病院などに転職してみるのもありかもしれません。

まとめ:忙しい医療事務でも簡単に出会える方法

さまざまな出会いの方法をご紹介してきましたが、合コンが苦手な人、最初から一対一で出会いたい人には、マッチングアプリがおすすめです。

マッチングアプリの「Pairs(ペアーズ)」は、職業ごとに異性を絞って検索することができるサービス。

「医療事務の仕事が忙しくて、彼氏ができてもなかなか時間が取れないかも…」と不安な方でも、自分の仕事の忙しさに合った職の男性を探すことができます。

出会いの手順としては、好みの相手を探し、いいねを送ってマッチングが成立すればメッセージのやりとりができるというシンプルなもの。

ペアーズを利用して結婚にまで繋がった人も数多くいるので、恋活だけでなく婚活にもピッタリ。医療事務で出会いがないと悩んでいる方は、ぜひペアーズの公式サイトをチェックしてみてください。

無料で出会いを探す[ペアーズ]

記事の著者