保健師の年収・給料まとめ:看護師の資格も必要!

私たちが病気になるのを予防し、健康な生活のサポートをしてくれる保健師。そんな保健師の仕事は、育児相談やメンタルサポートなど多岐に渡ります。

子供からお年寄り、健康な人から病人まで、広く人と関わる仕事です。やりがいが大きく、保健師を目指している方は多くいます。

今回は、保健師の年齢別の年収や退職金など、気になる給料事情をまとめました。保健師の仕事に興味がある方、またそうでない方もぜひチェックしてみてください。

保健師の年収・給料

保健師の平均年収は400万円~600万円で、平均給料は32万円です。思っていたよりも年収が高いと驚かれる方も多いでしょう。

実は保健師になるためには、看護師の資格を習得している必要があります。専門的な医療知識が求められるため、年収が高くなるのです。

保健師には、地域保健師、学校保健師、産業保健師の3つがあります。

最も年収が高い産業保健師で500万円~600万円、最も低い学校保健師で400万円程度です。産業保健師は企業の規模によって年収が異なり、大企業の産業保健師の場合は1,000万円を超えることも珍しくありません。

年齢別年収

保健師の年齢別の年収は以下の通りです。

・20代前半 平均年収267万円
・20代後半 平均年収333万円
・30代前半 平均年収365万円
・30代後半 平均年収417万円
・40代前半 平均年収469万円
・40代後半 平均年収525万円
・50代前半 平均年収562万円
・50代後半 平均年収339万円
・60代前半 平均年収379万円 

ボーナスもしっかり支給され、安定した仕事であるといえます。また、保健師は女性が活躍できる仕事として注目されています。

退職金

保健師の退職金は職場によって異なります。特に退職金が高いのは、保健センターや市役所などで働く行政保健師です。

定年まで勤めた場合2,000万円~4,000万円程支給されます。公務員という位置づけにあるため、退職金が高くなります。

産業保育士の退職金は働いている企業によって異なり、平均的な退職金は1,000万円~2,500万円です。

学校保健師は意外と低く、平均800万円~1,500万円程度です。経営規模の大きな私立学校の場合は、退職金の支給額が上がります。

保健師になるには

保健師になるためには、「保健師国家試験」という国家試験に合格することですが、この「保健師国家試験」に合格しただけでは保健師として働くことはできません。

保健師として働くためには、「看護師国家試験」にも合格する必要があるのです。そして、この「看護師国家試験」を受験するためには、専門の教育機関への入学、卒業が条件となります。

つまり、専門の教育機関を経て「看護師国家試験」を受験・合格、そして「保健師国家試験」を受験・合格という流れが保健師になるための一般的な道のりとなります。

専門の教育機関には卒業と同時に上記2つの国家試験の受験が可能な、看護学系学部で保健師になるための学科のある4年制の看護大学や、受験資格が得られるカリキュラムを用意している一部の看護専門学校があります。

またその他の教育機関には看護系の短大や看護学校、看護師養成所があります。

これらの教育機関は、卒業後に「看護師国家試験」を受験・合格した後に1年間保健師養成課程の専攻科を持つ短大や、保健師養成所で学ぶことで「保健師国家試験」の受験することができます。

「保健師国家試験」自体の合格率は90%前後と高いのですが、受験し働くことのできるまでの道のりが長いことが特徴です。

資格取得後の働き方

そして晴れて資格取得した後は、保健師としての働き方は上記でもお伝えしたように3つあります。

それぞれの働き方は、学校に勤務する保健師である学校保健師、企業の従業員の心身の健康をサポートする産業保健師、保健所や市役所で勤務し地域住民の健康を手助けする行政保健師となっています。

さらに、行政保健師になる場合は、公務員試験を突破しなければなりません。

学校保健師はそもそも募集が少なく、こまめに情報収集をする必要があります。産業保健師の場合はする必要があります。保健師専用求人サイトもあるので、チェックするなら保健師専用の求人サイトがいいでしょう。

記事の著者

看護師の悩みをもっと見る