ウエディングプランナーの給料:仕事内容や年収など詳しく解説

新郎新婦の幸せな1日のプロデュースを行うウエディングプランナー。結婚式は一生忘れない思い出の日になります。そんな一生の思い出の日をサポートすることができるなんてとっても素敵な仕事です。

そこで今回はウエディングプランナーの年収・給料、働き方についてまとめてみました。ウエディングプランナーは一体いくらもらっているのでしょうか。ウエディングプランナーに憧れている人はぜひチェックしてみて下さい。

この記事を見てウエディング業界に転職したい!あるいは今よりも条件の良い職場で働きたいと感じた方は大手転職サイト『リクルートエージェント』に登録してみましょう。

転職することが決定していなくても、職務経歴や希望条件を登録しておくと企業や転職エージェントからオファーが届くので、その中から自分に合うものを探すことができます。

リクルートエージェントに無料で会員登録する

ウエディングプランナーの仕事内容

ウエディングプランナーには、結婚式場などに務める場合とフリーランスとして働く場合とがあります。

務めているよりもフリーランスの方が年収は高いようで、平均年収は600万円となっています。しかしフリーランスのウエディングプランナーはよほど人気なウエディングプランナーでない限りやっていくのは厳しいそうです。

ウエディングプランナーは結婚式のプロデュースを行っています。多くの人は結婚式場に務めているウエディングプランナーに頼みます。もしフリーのウエディングプランナーにプロデュースしてもらおうとするなら、別途で料金がかかってしまいます。そのためわざわざお願いする人は少ないようです。

ウエディングプランナーのデメリット

ウエディングプランナーは離職率が高いとも言われています。その理由としては、給料と労働時間が見合ってないことがあげられます。

細かく見ていきましょう。

残業時間が長い

ウエディングプランナーは結婚式が行われる時間にもよりますが、式の当日または前日には早朝出勤、深夜勤務といったことがあります。

式の当日は、朝から深夜まで準備や司会、片付けをしなければならないので残業時間が100時間を超えることもありとても大変です。

職場によっては早朝や深夜に働くことの手当てがつくところもあるようです。しかし手当てがつかないという場合もあるようです。

そのためウエディングプランナーとして働く場合、また転職の場合は手当のところをよくチェックするようにしましょう。交通手当があるかないかも重要なポイントです。

ウエディングプランナーのメリット

ウエディングプランナーは激務である点や残業が多い、給料に仕事量が見合ってないので、大変だといわれがちです。しかし、その分やりがいがをたくさん感じることもあります。

一生に一度のイベント

結婚式はお客様にとって一生に一度の大切なイベントです。そのため大きなやりがいを感じるころができるでしょう。

お客様にとっての人生で最高の日に一番近くで立ち会うことができます。新郎新婦の笑顔を見ると大変だったことがすべて忘れられると言うウエディングプランナーは多いそうです。

感謝される

ウエディングプランナーは他の仕事に比べ、お客様に直接感謝されることが多いでしょう。特に感謝の手紙をもらうことが多いそうです。

感謝の手紙なんてもらったら、これからのモチベーションや励みになりますよね。辛い時や疲れたときに手紙を読んでやる気を出せそうです。

長い付き合いが始まることも

結婚式の相談から当日まで長くて1年ほどかかります。1組のお客様とこれほど長くかかわるのは接客業では珍しく、より信頼関係を築くことができます。

結婚式が終わっても記念日にディナーを食べに来てくれたり、出産の報告をしてくれたりと新郎・新婦との関係が続くのも嬉しいポイントです。

ウエディングプランナーの年収・給料

ウエディングプランナーの平均年収は250万円~450万円となっています。平均給料は320万程度です。

このように大きな差があるのは初任給と経験者ではもらえるお金が違うからです。

ウエディングプランナーの仕事は、長年勤めているにつれ年収がアップする傾向にあるようです。ちなみに初任給は月18万円程度となっています。手取りだと月15万円前後ということになるようです。

仕事の内容を考えるとあまり、高いとは言えません。

また、ウエディングプランナーは営業的な仕事も多く、営業の成績によっても給料に差が出るようです。

今後年収が下がる可能性も

近年結婚式を挙げる若者は減ってきています。そのため結婚式場やホテルの売り上げは落ちてきています。

結婚する年齢が高くなっていることもあり、結婚式を挙げないとする夫婦も多いようです。

結婚式はお金がかかるので資金に余裕がなければ厳しいです。そのため今後のウエディングプランナーの年収はもしかすると下がっていくかもしれません。

年収を上げるには

上記のようにウェディングプランナーの収入は一般的に見ても低いとされ、貯金が難しく、節約に気を使わなければならず、大変なのではないでしょうか。収入を上げる方法としては大きく2つあります。

1つ目は今の職場で実績をあげる、2つ目はフリーとして働く方法です。

実績をあげる

ウエディングプランナーの収入はの営業成績が優秀なほど給与が変わってきます。しかし、ただ働いているだけでは営業成績が上がるような大きな仕事を任せてもらえません。

与えられた仕事をコツコツとこなすだけでなく、お客様が求めている以上のサービスを行い、信頼を得ることではじめて仕事を任せてもらえるので、通常の仕事よりも倍は努力することが重要になってくるでしょう。

フリーとして働く

収入を大きく上げる方法としてフリーに転身するという手があります。大きな式をいくつも成功させていたり、有名人の式などもプランニングできる実力がある人にはおすすめです。

フリーで活動することができれば、年収は600万円を超えることも可能です。しかし、この業界でフリーになれる人は一握りであり、仕事がなければ収入は0円になってしまうので、フリーへ転身することを考えている方は慎重に行うべきです。

ウエディングプランナーになるには

ウエディングプランナーになるにはウエディングについての知識を学ぶ必要があります。大学や専門学校にあるブライダル学科を卒業しホテルやブライダル会社に就職となります。

ウエディングプランナーは経験がものをいう仕事です。そのためいくら勉強してきたからといってすぐにウエディングプランナーとして働くことができるわけではありません。

最初は他の業務をし、だんだんとスキルアップしウエディングプランナーを目指すといったことになります。

ウエディングプランナーは憧れの職業なので、なりたいと志願している女性はとても多いです。そのため狭き門となっていますが、就職が心配という方は、就職または転職サイトに登録して、その道のプロにアドバイスをもらうのもおすすめ。

大手転職サイト『リクルートエージェント』は、その業界に特化したアドバイザーが面接書類の書き方から面接の突破の仕方まで、転職を成功させるためのノウハウをていねいに指導してくれます。

言いづらい給与交渉などもアドバイザーが代行してくれるので、初めての転職でも安心です。

リクルートエージェントに無料で会員登録する

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る