評判の婚活アプリ7選:口コミや安全性、メリット・デメリットも

記事の著者:1517000

いまや婚活をしている人のほとんどが登録していると言っても過言ではないくらい市民権を得ていると評判なのが婚活アプリ。

マッチングアプリとも呼ばれ、細かいプロフィールで検索することも出来て理想の人にも出会えると評判です。交際経験のある10人に1人はSNSやインターネットが出会いのきっかけになっています。

一方で「本当に出会えるの?」「危なくないの?」と不安の声もあるかと思います。今回はそんな数ある婚活アプリの中でも人気な7つのアプリの評判と口コミをまとめてみました。

また、婚活アプリを使うメリットとデメリットも紹介しているので、アプリでの婚活に興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

目次

アプリで婚活するメリットは?


アプリでの婚活は気になっているものの、やっぱりパーティーや結婚相談所の方が、より多くの出会いを求めるには良いのではと思っている方がほとんどでしょう。

そこで、ここではアプリで婚活をするメリットを紹介します。アプリならではの手軽さと安全性からも、多くの女性が利用しているのです。

1番の理由は手軽さとリーズナブルな料金

婚活にマッチングアプリを利用する一番の理由はスマホで出会いまでいける手軽さと、継続しやすい料金です。

下記のとおり、婚活に何を使うかで料金は大きく変わってきます。

婚活パーティーも男性の場合はマッチングアプリの2~3か月分に相当し、1人1人の女性と話す時間が短かったり、周囲にライバルが多くて会話力で負けてしまうなどで、なかなか繋がれないのが実際です。

万が一、繋がれないということであれば、時間とお金を使いますし、何よりも疲れます。

アプリであれば、事前にアプリ内でメッセージ交換をし合い、会うかどうかも判断するため、隙間時間に自分のペースで婚活を進めることができます。

アプリ:男性1ヵ月3000円/女性無料〜3000円
結婚相談所:入会金30000円/活動初期費用(写真撮影費など)7~8万円/1ヵ月1~2万円
婚活パーティー:1回あたり男性5000~8000円/女性1000~2000円

過去の出会い系とは異なり安全

アプリというと出会い系サイトのようなマイナスイメージを持つ方もいるでしょう。

しかし、現在有名なアプリは上場している大手企業が運営しているものばかりで、個人情報が違法業者に悪用されたり、お金をぼったくられるということはありません。

これから紹介するアプリはすべて安全なものなので、興味のある方は安心して使ってみてください。

効率の良さ

婚活パーティーではわざわざ足を運んでも1回あたり20人程度の異性としか出会えません。また、どのような人が来るのかは前もって知ることができないため、運任せの部分も出てきてしまいます。結婚相談所では紹介してもらえる人数が月2人までなどの制限があることもあります。

しかし、婚活アプリであれば数十万、数百万の異性の中から条件に合った人をたった数秒で検索できます。

実際、職場などで出会って結婚した人よりも婚活アプリで出会った男女の方が相性が良いというデータもあります。

アプリで婚活するデメリットは?

便利な婚活アプリですが、多少のデメリットもあるのです。

ここでは、婚活アプリを使う上で注意すべきポイントを紹介します。婚活アプリを使ってみようと思っている人には、ぜひ知っていて欲しいポイントです。

結婚相談所とは違って、たまに登録情報に嘘がある

結婚相談所は高額なお金を払って異性の仲介をするため、登録段階で経歴や年収を証明できる書類を提出する必要がありますし、プロフィール写真の偽装も難しいです。

一方、アプリの場合は書類提出が任意であったりするため、提出していない人は信憑性の怪しい情報であることがまれにあります。

ただ、嘘をついている人は少数ですし、書類提出が必要なアプリでは提出しているユーザーを見分けることもできるので、基本的には安心して利用することができます。

必ずしも婚活意欲が高いわけではない

アプリは結婚相談所とは異なり、低価格な料金で利用できるため、軽い気持ちで登録したという人が多いです。

もちろん、中には婚活意欲が高い登録者も一定数いますし、ほとんどの登録者は交際相手が欲しいと思って利用しているので、十分に婚活で活用できます。

最近ではプロフィールでアプリを使っている目的を「婚活・恋活・友達」など選択できるものも増えてきています。

知り合いとマッチングする可能性がある

会員者数が多かったり、評判が良かったりするマッチングアプリだと、思いがけない人も使っていて、知り合いとマッチングしてしまうこともあるようです。

知り合いということはやはり何かしらの共通点があり、そこで偶然マッチングしてしまうようです。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びは、超大手企業であるリクルートが運営する婚活向けアプリです。

登録者の婚活への真剣度と料金面を考慮すると、ゼクシィ縁結びはアプリ婚活でトップでしょう。

ゼクシィ縁結びは30代が多く、40代の方であっても十分婚活を成功させることができる環境です。

そして、忙しい社会人や、デートの場所をどこにしようか迷ってしまうという方に嬉しい、デート日程・場所の調整代行サービスがあるのも、ゼクシィ縁結びの良いところ。

ゼクシィ縁結びには結婚への意欲が高い男性が多いので、結婚を前提に付き合いたい!という女性におすすめです。

利用が無料や安価だと、受け身になってしまう上に、真剣に婚活している方が少ない傾向にあると思う。それに比べてゼクシィ縁結びは、女性であっても有料のサイトなので、お金も払っているから頑張らなくちゃ!という気持ちもあり、自分から積極的にサイトを利用できた。
アプリ自体が使いやすい
運営会社:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
料金:男性月額3980円(定額)/女性 月額3980円 (定額)
ユーザー数:約30万人
主な会員の年齢層:30代
婚活への真剣度:◎
年収・独身確認証明書の提出可否:◯(任意で提出可能)

ゼクシィ縁結びの無料会員登録はこちら

ペアーズ

ペアーズの特徴はマッチングアプリという恋活・婚活アプリの中でも、国内の会員数700万人と最大規模です。

特に20代前半の若い世代が多いだけあって、外見レベルが高め。ゼクシィ縁結びと比べると、女性の倍率が高いため、男女ともに出会いにくいのが気になるところです。

このアプリの特徴は3000以上の豊富なコミュニティであり、同じ価値観や趣味、ライフスタイルの似た異性と出会いやすいです。会員数が多いので、20代~50代と幅広い異性を探すことができます。

Facebookと連携されているのも安心材料のひとつです。

ペアーズでは、男性は有料にしないとメッセージを送れないようですし、サクラはほとんどいないと思います。(女性)
新規会員の数がダントツで多い
運営会社:株式会社エウレカ
料金:女性0円、男性月額2980円(定額)
ユーザー数:約700万人
主な会員の年齢層:20~30代
婚活への真剣度:◯
年収・独身証明書の提出可否:×

Omiai

Omiaiはペアーズよりも年齢層は若干高めで、20代後半から30代前半の会員が多く、実際に使ってみて会員の婚活への真剣度も若干高い印象です。

アプリは人気になる女性が一部に偏りがちな傾向がある中、Omiaiは昔からやっている人気女性と新しく始めた女性に差が出ないような独自の取り組みもしています。

どういう機能かというと、これまでにいいねを多くもらっている会員にいいねをする場合、消費されるいいね数が増えるという仕組みです。

1人にいいねするために通常の3~10倍のいいねを消費するため、新規会員にしっかりと目がいくようにしています。

また、Omiaiは、会員の外見レベルが高く、男女ともに清潔感があり、イケメン、美人が多いため、Omiaiを開いて異性探しをしているだけでも楽しいです。

30代女ですが有料です。他のアプリは女性はほとんど無料なので、運営側が女性の本気を試している感じかな(笑)(30代女性)
運営会社:株式会社ネットマーケティング
料金:女性0円、男性月額2780円(定額)
ユーザー数:約300万人
主な会員の年齢層:20後半~30代前半
婚活への真剣度:◯
年収・独身証明書の提出可否:×

Omiaiの無料会員登録はこちら

ゼクシィ恋結び

ゼクシィ恋結びは、リクルートが運営する恋活向けアプリです。

「ゼクシィ縁結びと何が違うの?」という方がいますが、リクルートの中でゼクシィ縁結びは年齢層高めの婚活向け、ゼクシィ恋結びは20代向けの恋活向けと分けているのだと考えてください。

会員の7割以上が20代の会員で、アプリには珍しく男女比率が6:4とバランスが整っていることもあって、しっかりと出会いまでいけると評判です。

どのアプリも男女比率が8:2と男性が多いため、女性だけに人気が集中するということを避けることができます。

他のアプリではノリの軽い女性が多いけれど、それに比べてゼクシィ恋結びには真剣な出会いを目的としている女性が多い気がする。(30代男性)
運営会社:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
料金:女性0円、男性月額3500円(定額)
ユーザー数:約30万人
主な会員の年齢層:20代前半
婚活への真剣度:◯
年収・独身証明書の提出可否:×

ゼクシィ恋結びに無料会員登録する

ユーブライド

ユーブライドはmixiグループが運営する婚活向けアプリです。

ユーブライドの良いところは、収入証明、資格証明、学歴証明、独身証明の提出が任意ですがあるため、プロフィールを偽装していない異性を発見できることです。

婚活意識の高い会員はPairsやOmiai、ゼクシィ恋結びよりも多いですが、婚活とうたいながらヤリモクや婚活意識の低い人が時々いるため順位は低めになります。

写真の掲載率が低いので、顔を見て選びたい人にはあまり向いていないかも。でもマッチング率の高さでは評判が高いので、多くの出会いを求める人には向いていると思う。
運営会社:株式会社Diverse
料金:女性月額4300円、男性月額4300円(定額)
ユーザー数:約150万人
主な会員の年齢層:30~40代
婚活への真剣度:◎
年収・独身証明書の提出可否:◯(任意)

マッチドットコム

マッチドットコムの特徴はアメリカ発という点です。世界中の会員数は25か国1500万人と群を抜いています。日本での会員数も180万人を超えて、最大級の婚活アプリになっています。

世界中の会員数が1500万人ということで、「外国人と付き合えるかも!」と思った方には残念ながら、日本語版のマッチドットコムは日本にいる人しか探せないので、外国人と出会える可能性はそれほど高くはありません。

しかし、マッチドットコムには婚活意欲の高い人が比較的多いようです。一方で婚活意欲が高いことを装った人も多いという口コミがあるため、使用する際は相手を見極めた上で使用したいところです。

サクラはいないわけではないけれど、メッセージのやりとりで見抜くことができるので心配ないと思います。(20代女性)
ガツガツ系の遊び目的な男性よりも、真剣な出会いを求めているおっとり系の男性が多い印象です。(30代女性)
運営会社:Match.com, L.L.C
料金:女性月額3980円、男性月額3980円(定額)
ユーザー数:約1500万人(世界)/約180万人(日本)
主な会員の年齢層:30~40代
婚活への真剣度:◎
年収・独身証明書の提出可否:◯

Yahoo!パートナー

Yahoo!パートナーはヤフー株式会社が運営しているため知名度が圧倒的なのが特徴です。

40代の利用者が多いのが特徴で、今回紹介した婚活向けアプリの中だと、唯一40代以上利用者が多い婚活アプリ。

20代の方にはおすすめできませんが、3~40代で他のマッチングアプリでは出会えなかったという方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

2016年秋にリニューアルし、いいね!から始まりマッチングを経て、メッセージを送り出会うという最新マッチングアプリと同じ仕組みになりました。

他のサイトに比べてサクラが多いです。
運営会社:ヤフー株式会社
料金:2,686円+税/月(男性:1ヶ月プラン) 2,676円+税(女性:スペシャルプラン)
ユーザー数:約200万人
主な会員の年齢層:30~40代
婚活への真剣度:◯
年収・独身証明書の提出可否:×
公式サイト:https://partner.yahoo.co.jp/
  • 有名婚活サイト・アプリ10選を徹底比較:選ぶときのコツも伝授/a>
  • おすすめの無料婚活アプリTOP3:口コミや安心度からオススメをご紹介!
  • [実際に使って分かった]女性が安心して使えるおすすめマッチングアプリランキング14選