簡単に騙されたらダメ!!ファッションホモの特徴10選

記事の著者:miyutoga10

ファッションホモとは、同性愛者を装っている男性のことです。

同性愛者なら、女性には無関心だろうと思って気を許すと、とんでもないことに巻き込まれる危険性があるそうなので、要注意です。

今回は、そんなファッションホモの特徴についてご紹介します。

1、自分から「ゲイ」や「BL」と称して、女性に接近する

表向きだけのゲイであったり、BLであったりするファッションホモには注意が必要。

ゲイやBLであると公言すれば、女性は警戒心を持たないだろうと思って、警戒心を持たない女性に近づいてきます。

聞いてもいないのに、自分からゲイやBLのアピールをしてくる男性には気をつけましょう。

2、「どうせ私はモテない」と考えている女子をターゲットにすることが多い

自分は男性からモテないからと、同性愛者の男性に気を許してしまいがちな女性を狙う傾向にあります。

表向きだけで実は女性を好むファッションホモは、気を許させておいていきなり襲ってきたりするので気をつけましょう。

3、SNSからのコンタクトに気を許さない

twitterやFacebookでコンタクトを取ってきて、ネット上では自ら「ゲイ」であることを強調して信頼感を抱かせたり好印象を与えてから、直接会おうと迫ってくるファッションホモが増えているようです。

全く知らない人ということを再認識し、SNSで仲良くなっても、簡単に会わないようにしましょう。

4、人前で堂々と男性に対してイチャイチャするのは怪しい?

本当のゲイの人は、人前でイチャイチャするような行動はあえて取らない人が多いようです。

なので、堂々とそういう行為をする人はファッションホモだと疑ってかかった方がいいかもしれません。

もちろん、本当にゲイの人で堂々とイチャイチャする人もいるので、全員がファッションホモだと決めつけるのは失礼に当たります。気をつけましょう。

5、あからさまなゲイアピールには要注意!

ゲイだと強調して、女性に警戒感を持たせないようにするファッションホモには注意が必要です。

ゲイならいいわと、自宅に呼んだりしたらとんでもないことになるかもしれません。

自宅に上げるのは本当に気が知れた相手だけにしておきましょう。

6、不自然なゲイアピールには要注意

ゲイであると証拠写真などを見せたがる人も注意が必要。

本物のゲイの人は、写真を見せて自慢したりすることは少ないそうです。

女性に安心感を与えるのが目的なので、写真を見せられても簡単に信じてはいけません。

7、簡単には信用しない

人付き合いやSNSを利用する上で基本的なことを守るようにしましょう。

簡単に信用せず、安易に会おうとしないことが大切です。特に自分からゲイやBLだと自称している人は、ファッションホモを装っている可能性を考えておきましょう。

自分でゲイだと自称している人は偽物の可能性が高いと疑っていなければなりません。

8、怪しいと思ったら腐女子アピールしない

知り合った男性がゲイやBL好きと知ってもすぐには腐女子と告白するのは止めた方が良いでしょう。

ファッションホモたちは、自分がゲイといって食いついてくる腐女子を狙っていることがあります。

しかし、人の好みはなかなか分からないので、とりあえず腐女子を見つけるためにゲイだと簡単に告白して油断させようとしています。

ファッションホモとは、いわば詐欺のような手口。本物のゲイにとっては、イメージを悪くする悪人と一緒です。

SNSで自分の腐女子アピールをてもよいですが、近寄ってきた男子に対してあまり心を許さないように注意しましょう。

9、ファッションホモの周りに探りを入れる

知り合った男性がもしかしたらファッションホモかもと疑ったときは、彼の周辺の人に普段の様子を聞いてみたり、SNSでフォローしている人物をチェックしてみましょう。

友達同士では、そんなそぶりを見せていなかったり、明らかにナンパ目的でファッションホモを装っていることを話しているかもしれません。

ファッションホモの周辺の人物に話を聞くことができないなら、彼のSNSを探ってみるのも有効な手段です。

出会い系やナンパものの人物をフォローしていたら、ファッションホモの可能性が高いでしょう。

10、ジェンダーの本質を知っておく

腐女子が好きなゲイやBL好きと現実のジェンダーとは違います。

現実のジェンダーとは自分がLGBTだと告白できずに悩みを抱えて生きている人が多く、SNSで簡単に告白することはないと考えておきましょう。

腐女子を手っ取り早くナンパできる方法がファッションホモを装うことだと予め知っておいて、簡単には気を許さないことが被害を防ぐことに繋がります。