いくつ知ってる!?ディズニーランドで噂される10の謎

昔からディズニーランドには都市伝説とされる噂や謎が沢山あり、ファンならずとも耳にしたことがある人は多いはず。

ここでは、有名な都市伝説を10個まとめてみました。

1.ミッキーは一人しかいない

ディズニーランド内のミッキーマウスは1人しかいないという設定のため、同時刻に2つ以上の場所にミッキーマウスは現れません。

ただし「ミート・ミッキー」だけは例外で、過去の映画の撮影現場にゲストを案内している、すなわちゲストが過去にタイムスリップしているという設定なので、パレードが行われていたとしても、常にミッキーに会うことができます。

2.カップルで行くと別れる

「ディズニーランドにカップルで行くと別れる」という噂は誰もが一度は聞いたことがあるはず。

それは「待ち時間の長さ」「混雑による疲労」「待ち時間の間の会話」「パレードを見るかアトラクションに乗るかで意見が分かれ喧嘩になる」などの理由からと言われています。

また「シンデレラ城を通り抜けると別れる」、逆に「イッツ・ア・スモールワールドで、一体だけある日本人形のくるくる回っているところでキスをすると、その二人の仲はずっと続く」「ホーンテッド・マンションでキスをすると二人の仲はずっと続く」といったアトラクション毎の都市伝説もあります。

3.鏡がない

ディズニーランドには基本的に鏡がありません。厳密には、トイレの中の洗面台から少し離れたところにはありますが、一般のトイレのように洗面台の前の鏡はないのです。

お土産屋さんの帽子売り場などには小さな鏡が置いてありますが、パーク内にはほとんどありません。大きな理由は2つ。

1つは夢の国であるディズニーランドに鏡があればもちろん自分や周りの人の姿が映り、一瞬にして現実に引き戻されてしまうから。

ゲストの夢を壊さないよう、鏡は置いていないのです。

それともう1つ、特に女性用トイレの問題。女性用トイレはただでさえ混むのに、洗面台の前に鏡があれば、お化粧直しでさらに混雑してしまいます。

ディズニーランドではこういった理由から、なるべく鏡を置かないようにしているのです。

4.カラスがいない

ディズニーランドにはカラスがいません。カラスが嫌う特殊電波を出しているからです。特殊電波の箇所には、音波、電磁波といったバリエーションがあります。

この都市伝説からの発展系として、「この特殊音波は成人にはあまり感じられないが、子供には聞き取れる。東京ディズニーランドで子供が通常以上にはしゃぐのは、特殊音波の副作用」というものがあります。

5.クラブ33

東京ディズニーランドには、選ばれた人しか入れない秘密のレストランがあります。その名前は「クラブ33」。

個人会員も少なくはありませんが、主な利用層は法人会員(主に公式スポンサー)であり、接待等に利用されています。

会員の紹介があれば、会員権の無い一般ゲストも利用は可能。現在、会員の募集は行われていません。

クラブ33内ではクラブ33に関係したグッズも売られています。オークションの出品や転売目的での購入は禁止され、購入できるのは1種類につき5個までとされているとか。

店内で提供される料理はフレンチのコース料理。エレクトリカルパレードの時間帯には店内の照明が消され、コース料理も一旦中断されてその時間を満喫できるそうです。

また、通常TDLでは販売されていないアルコール飲料もここでは飲む事ができます。

6.地下のカジノ

ディズニーランドの地下には巨大なカジノがあり、裏のゲストがギャンブルを楽しんでいるという噂の都市伝説も有名。

各国の富豪たちが夜な夜なあつまり、東京ディズニーランドの地下でギャンブルに明け暮れているとか。

その地下カジノにはバニーガールならぬミッキーガールがいて、カジノのゲストたちにアルコールを振る舞っているそうです。

東京ディズニーランドの地下には何本か物を搬送する用の通路が通っている事は事実ですが、地下カジノの有無は謎。

前述のクラブ33の噂などが拡大解釈されて、東京ディズニーランドの地下カジノという話に発展してしまったのかもしれません。

7.グーフィーとプルートの謎

グーフィーとプルートを同じ回で観た事がある人はいるでしょうか。二人はある日を境に、同じ回で共演することはなくなってしまいました。

グーフィーは昔のディズニーアニメで過労により自殺をしたため、今グーフィーとして現れているキャラクターは実はプルートの変装なのだとか。

ウォルト・ディズニーが過労死を引き起こすストレス社会の批判のために作った作品らしいですが、当然お蔵入りになって現在は流通していない作品であるため、都市伝説化しています。

8.イッツアスモールワールドの噂

イッツアスモールワールドのアトラクションで登場する人形たちの中に、ピノキオ人形を持った少年がいるそうです。

ピノキオ人形を持った少年は明らかに他の人形たちとは雰囲気が違い、なんとなく生々しい雰囲気があり、人に見えるとか。

その少年に気がついてしまった人はイッツアスモールワールドを出た後、出口でその少年と同じ見た目の少年に声をかけられるという都市伝説があります。

彼は、「もう帰っちゃうの?」とか「また来てね」という言葉を見ず知らずの人に言うそうです。

9.シンデレラ城の都市伝説

シンデレラ城には「願いのピアス」と「呪いの指輪」があるのをご存じでしょうか。

シンデレラ城のすぐそばにあるガラス細工店の壁に書かれているシンデレラが身につけているのが願いのピアスで、その壁に書かれている赤い服を着た夫人が付けているのが呪の指輪だそうです。

この壁画のアクセサリーには2つの都市伝説が存在します。

シンデレラがつけている「願いのピアス」は願いを叶えてくれるそうです。都市伝説では「みんなが幸せになりますように」という願いをする人が人生の幸せを手に入れられるという話も。

もう一つの「呪の指輪」。こちらは、夫人が付けている指輪に触れながら、憎い人のイメージを抱くとその人に呪をかけることができるのだとか。

10.閉園後帰らないと…

ディズニーランドに閉園後も居続けたらどうなるのでしょうか。2つの都市伝説があります。

1つは、時空の狭間に閉じ込められてしまうという噂。深夜、すべてのアトラクションが止まった状態となると、夢を超えて時空のはざまへ閉じ込められるそうです。

2つ目は、謎のキャストが探しにくるというもの。ディズニーランドの閉園後、ベンチの下に隠れていた人がいたそうです。

するとどこからかキャストの足音がして、そのキャストは甲高い声でこういったとか。

「ハハっ!なんで人の気配がするのかな!?もうゲストはいないのに!」この甲高いしゃべり方のキャストとは…

ライター