どれくらいかかるの?ロサンゼルス旅行の予算・費用

ロサンゼルスはハリウッドがあることで有名。そのためロサンゼルスには、旅行客もたくさんいます。

今回は、日本からロサンゼルスへ旅行する場合の費用などをまとめました。

物価・為替レート

アメリカ合衆国の通貨は米ドルで、変動はあるものの1ドル約112円。

物を買うときにかかる税金のセールスタックスは一律9.25%と決まっており、物価は東京と比べるとやや安く感じます。

宿泊代にかかる税金のホテルタックスは市によって異なり、ロサンゼルス市内で14%、アナハイム市内15%、ハリウッド市内14%、ビバリーヒルズ市内14%、サンタモニカ市内14%です。

航空券

航空券代の相場は都市によっても異なりますが、日本からアメリカへは数多くの直行便が運航されており、安い時期なら2万円台から見つけることもできます。諸税燃油代は別。

格安航空券では、中国や台湾を経由する乗継便のチケットも数多く販売されています。

一概に乗り継ぎが最安ということもないので、複数の航空会社を比較してみるのがおすすめ。

宿泊代

ロサンゼルスのホテルは比較的料金が高め。

他の都市であればホテル以外にもモーテルやユースホテルの選択肢があり、予算に合った宿泊スタイルを選択することができますが、ロサンゼルスの場合は郊外まで出ないと安いモーテル等がありません。

一年を通して過ごしやすい気候のため、シーズンによる料金の変動があまり無いのも特徴。

ただし週末やイベントがある場合は料金がかなり高くなりますので、あらかじめしっかり料金を確認することをおすすめします。

食事代

食事代は日本と同じくらいか少し安い程度ですが、基本的にアメリカンサイズで量が多いので、注文のしすぎに注意が必要。

アメリカではほとんどのレストランで食べきれなかった食事を気軽に持ち帰ることができるので、店員さんに“Box,please.”と言って持ち帰り用の箱をもらいましょう。

レストランでの予算は、高級レストランの場合は2人で$200前後、カジュアルなレストランでは2人で$100前後。

カフェでの食事は$10程度で、ファーストフード店での食事は約$5からです。

交通費

ロサンゼルスの交通機関には地下鉄やバス、タクシーがありますが、観光スポットが散らばっているのでレンタカーの利用が最も便利。

レンタカーの1日のレンタル費用は、保険やガソリン等を含めて約$60前後です。

地下鉄の料金は約$1.25、バスの料金は約$2前後。

タクシーの初乗り料金は最初の180mが$2.85、その後180mごとに30¢が加算される料金形態となっており、日本よりも安いです。

ネット費用

アメリカは無料WiFiスポットが充実しており、空港ではほとんどの場所で無料WiFi接続が可能、街中でもファーストフードやカフェなどでお店のWiFiが利用できます。

しかし無料WiFiはすべての場所にあるわけではないため、気兼ねなく自由にインターネット接続を利用するには、海外用ポケットWiFiのレンタルサービスがおすすめ。

費用は4日間で3000円から、7日間では5000円から。

主な観光地の入場料

ロサンゼルスの主な観光地の入場料は以下のとおりです。

・ディズニーランドリゾート 
《1日パスポート》大人(10歳以上)$99.00、小人(3〜9歳)$93.00 
《1日パークホッパーチケット》大人(10歳以上)$155.00、小人(3〜9歳)$149.00 
《2日パークホッパーチケット》大人(10歳以上)$225.00、小人(3〜9歳)$212.00。

・ユニバーサルスタジオ
《1日パスポート》大人(10歳以上)$92.00、小人(3歳〜9歳)$84.00 
《フロント・オブ・ライン・パス》$149.00~$179.99(3歳以上) 
《V.I.Pパスポート》$349.00~$319.00(5歳以上)。

・ビバリーヒルズ、サードストリートプロムナード、TCLチャイニーズシアターは無料です。

Tags

ライター