京都一の絶景!東福寺の紅葉の見頃、見どころなど一挙紹介!

京都随一の紅葉といえば全国から人々が押し寄せる、東福寺の通天橋から見た紅葉でしょう。

約2,000本のもみじやカエデなどが境内を彩り、その風情ある景色は圧巻です。

中国から持ち帰った葉先が3つに分かれた「通天もみじ」が有名。

「紅葉の海」といわれ絶賛される雅な眺望は、一度は見ておきたいほどの絶景が広がります。

紅葉の似合うまち京都で、1、2位を争う東福寺の紅葉の美しさに触れ、センチメンタルに浸るひとときを過ごしてみてはいかがでしょう?

1. 紅葉の見ごろ

例年の見ごろは11月中旬から12月初旬。

11月上旬から色づき、11月下旬がピークといわれ、真紅に染まるもみじやカエデが、約6万坪の東福寺を包み込みます。

シーズン中はライトアップもされるので、美しいカエデが照らし出される姿に陶酔するひとときはこの季節ならではですね。

参道もライトアップされるので合わせて楽しんでください。

2.見どころ

通天橋(つうてんきょう)

洗玉澗と呼ばれる渓谷からは一面に真っ赤に染まるカエデが広がり、谷にかかる橋の上からの眺めは京都で1番といわれています。

橋のちょうど真ん中あたりから見下ろす景色が最高!

混み合うと入場規制されることがあるので注意してください。

臥雲橋(がうんきょう)

「東福寺三名橋」(偃月橋、通天橋、臥雲橋)の1つで、天通橋と洗玉澗を眺めるのには絶好のスポット。

写真などでよく見られる景色は、臥雲橋から通天橋を望むシーンです。

木造の通天橋が紅葉の隙間から見え隠れする姿はとても雅な雰囲気が漂っています。

一般道として利用されているので無料で見ることができ、拝観時間外にも見学できるので早起きすれば静かに秋の東福寺を堪能できるのが魅力的。

紅葉苑

すこし散り始めたころの紅葉がおすすめのスポット。

渡り廊下を登る普門院までが解放され、個性的で起伏に富んだ渓谷美庭園をゆっくりと見ることができます。

地面の苔の緑と紅葉の赤がコラボする素敵な風景は見逃せません。

方丈の北庭(ほうじょうのほくてい)

国の指定名勝に登録される「東福寺本坊庭園」の1つ。

敷石と苔で作られた市松模様が有名です。ちょっと不思議な幾何学模様が楽しるでしょう。

モダンな庭のデザインと素敵な紅葉を背景に、赤と緑の競演が素敵な世界観を演出しています。

通天もみじ

通天橋に数本しかない幻の紅葉といわています。

開山・円爾が中国より持ち帰ったものといわれるトウカエデ(別名通天もみじ)。

葉が3つに分かれたもみじで、黄金色にも染まるのだとか。

唐紅の美しさを愛でるのも、東福寺ならではの紅葉狩りの楽しみ方。探しながら散策するのも一興ですね。

臥雲通りの外塀

通りを歩きふと見ると、壁と紅葉のコントラストが素敵なことに気づかされます。

屋根付きの白い塀に、燃えるように染まった紅葉は京都ならではの趣を感じることができます。

3.混雑回避

「京都に来たならやっぱり東福寺の紅葉を楽しみたい」と訪れる人が後を絶たないのが現状です。

紅葉を見に行ったのに人の頭しか見えなかったという話も。

その上2時間以上待たなければ入場すらできないことも日常茶飯事。

そんな東福寺の混雑回避方法を3つご紹介します。

①通天橋にこだわらない

臥雲橋の散策がおすすめ。

通天橋は上から見下ろして紅葉を楽しみますが、臥雲橋は下から見上げたかたちとなるのが特徴です。

雑誌などで掲載されている景色と同じ風景が無料で楽しめてしまうのがうれしいですね。

②平日の早朝をねらう

団体客が押し寄せる前なので少しは混雑が緩和されています。

開門より早く到着するとよいでしょう。

③必ず公共交通機関を使ってアクセスする

紅葉シーズンは駐車場が空いてない上に、道路は大混雑します。

最寄りの駅からは徒歩で約10分ですが、到着までには坂道があるので歩きやすい格好で訪れてください。

4.周辺情報

東福寺には25の塔頭寺院があります。

比較的空いている穴場スポットも多いそう。以下に一例を紹介します。

泉涌寺(拝観:500円)

東福寺の近くにあるお寺で、訪れる人は少なく静寂な雰囲気に包まれています。

皇室の方々が御陵御参拝の際に休息の場とされる御座所(拝観:300円)の庭園には見事な紅葉が。

皇室ゆかりの紅葉は見る価値有りです。

今熊野観音寺

境内を無料で自由に参拝できるスポット。

バリエーション豊富な紅葉が楽しめ、参道から朱塗りの橋を渡ると一面に紅葉が広がります。

他にも周辺には素敵な紅葉スポットがあるので合わせて巡ってみましょう。

5.アクセス&DATA

アクセス
電車:京阪本線東福寺駅から徒歩で約10分。  京都市バス停東福寺停留所から徒歩で約10分。
木の種類:イロハモミジ、ヤマモミジ、トウカエデ、ノムラモミジ
公式ホームページ:http://www.tofukuji.jp/

ライター