男女別結婚できない職業ランキング:生涯未婚率の差は10倍以上!

職業柄自分の周りでは出会いがない、業務が忙しくて恋愛する暇がないなど、仕事が理由となって結婚が遠のいてしまっている方は男女ともに多いようです。

今回は、男女別にみた結婚できない職業ランキングを紹介します。職業と結婚できる・できないにはどういった関連性があるのかについて、職業別の生涯未婚率のデータとともに見ていきましょう。

また、自分の職場ではあまり出会いがないという自覚がある方もいるはず。そんなあなたにはマッチングアプリのPairsがおすすめです。Pairsを使えば、普段出会えない職業の相手や趣味や恋愛価値観の合う自分にぴったりな相手と効率的に出会うことができます。

Pairsで出会いを見つける

職業別にみた男女の生涯未婚率

生涯未婚率

(「平成24年就業構造基本調査結果」(総務省統計局)(http://www.stat.go.jp/data/shugyou/2012/index.htm)を加工して作成)

こちらの図1は、職業別の生涯未婚率を表したものです。生涯未婚率とは、生涯未婚のままの人がどのくらいいるかのパーセンテージのこと。

ただ、死ぬまでの年齢を追った数値ではなく50歳までの未婚率を調査したものです。50歳以降で結婚する人はほぼいないという仮説に基づいて、このような調査になっています。

図1を見ると、教師や宗教家は生涯未婚率が男女ともに低かったり、男性医師に比べて女性医師の生涯未婚率が極めて高かったりなど、さまざまな傾向がみてとれます。同じ職業でも男女の生涯未婚率に大きな差がある職業も多いです。

結婚しやすい職業ランキング 男性BEST3

結婚しやすい職業ランキング上位には、公務員や医師などの収入が安定している職業がランクインしています。手堅い職業に就いている男性と結婚したい女性が多いようですね。

第3位 公務員:4.2%

昨今の若者の就職先としても人気の公務員が、結婚しやすい職業ランキングでも3位にランクインしました。

リストラされる可能性も低く、社会的信用も厚い公務員。不景気のあおりを受けて女性も安定した収入、安定した休みを求める傾向がある現代では、この結果は必然と言えるでしょう。

公務員男性限定のお見合いパーティが開かれるくらい将来の安定を望む女性が増加していることもあって、公務員男性は結婚には困らないようです。

第2位 医師(歯科医、獣医除く):2.8%

やはり高年収が期待できるお医者さんは独身率が低く、結婚しやすい職業の2位にランクインしました。しかし、医者の男性と結婚するためには、他の職業にはあまりない厳しいハードルがあるのをご存知でしょうか?

それは、男性の両親です。普通は女性側の両親に反対されるのを耳にするかと思いますが、男性医師の場合はご両親や親族も医師である家庭が多く、かなりの確率で女性の育ちを気にするそう。

なかには出身高校が釣り合わないという理由で結婚を許されず、別れることになってしまったカップルもいるようです。男性医師との結婚をお考えの女性はお気を付けください。

第1位 鉄道運転(車掌):2.2%

結婚しやすい職業ランキング男性の第1位は、車掌さんです。いまは民間会社となっていますが、鉄道業も公的機関のようなものなので、第3位の公務員と同じ理由で安定した職業の人と結婚したい女性から人気のようです。

ただ、鉄道は365日毎日運行するため休日出勤や平日休みも多いのが特徴。そのため、慣れないうちはデートのためにお互いの休みを合わせたり、結婚後の生活スタイルを合わせるのに苦労する場合もあるようです。

結婚できない職業ランキング 男性WORST3

結婚できない男性の職業ランキング上位には、長時間労働で肉体・精神の両面で大きな負担を負う環境での労働となる職業がランクインしています。このような職業は収入や休日が不安定なため、結婚から遠ざかってしまう傾向にあるようです。

第3位 事務用機器操作員:29.7%

耳慣れない職業かもしれませんが、事務用機器操作員とは会社に設置されているプリンターなどの機器の保守・点検を担う職業です。

クラウド技術の発展や、プリンター機能の向上によって一般の人でも修理しやすくなっている影響で、仕事量と給与が減少していることが要因かもしれません。

第2位 運搬・清掃・包装職:33.5%

これらの職業は忙しくて出会いが少ないため、生涯未婚率が高いようです。

また、清掃員の年収は約230万円前後。1人暮らしであれば何とかなるかもしれませんが、家族を養うとなるとかなり厳しいでしょう。

さらに、これらの運搬などの仕事は体力や精神的にもキツイとされているため、結婚を考える男性が少ないのかもしれません。

第1位 音楽家、舞台芸術家:36.0%

意外にも、男性できない職業ランキング第1位は音楽家や舞台芸術家でした。これは、芸能人などが結婚が遅いことが主な要因のようです。

また、音楽家や芸術家といった職業は生活が不規則で収入も不安定であることも結婚できない理由の1つとして挙げられるでしょう。

佐々木蔵之介さんやGACKTさんなど、40歳を過ぎても独身の方が多いので、このランクはなかなか覆らなそうですね。

結婚しやすい職業ランキング 女性BEST3

結婚しやすい職業ランキング、女性の上位には製造業や農業という職業がランクインしました。しかし、このような職業は嫁いだ後に始めたというパターンが多いことから生涯未婚率が低くなっているようです。

第3位 ゴム・プラスチック製品製造:4.7%

製造業で働く女性は、モクモクと作業するのが好きな方が多いです。まじめな方で早く結婚したい願望も強いのかもしれないですね。

第2位 農業:4.3%

農業の未婚率が低い理由は、農家に嫁いだ後に農業を始める人が多いため。最初から農業の仕事に就いて未婚のまま50歳まで働き続ける人は極めて稀なようです。

ただし、最近若者の中でも農業に就く人が増え始めているので、今後農家のランキングも変わるかもしれません。

第1位 保険・金融業:3.8%

結婚しやすい職業ランキングの女性第1位は保険・金融業でした。職業柄現実的な考えをする人が多く、自分のライフプランも綿密に計算して着実に結婚を目指して努力する女性が多いのかもしれません。

また、保険や金融業は営業職が多く、出会いの機会にも恵まれていることが結婚率が高い理由の1つのようです。

結婚できない職業ランキング 女性WORST3

結婚できない女性の職業の上位には芸術系の仕事がランクインしています。このような職業は生活が不規則なために恋愛する暇がなく、結婚が遠ざかってしまっている傾向にあります。

第3位 美術家・デザイナー・写真家・映像編集者:41.1%

映像編集者という業種にはテレビ番組のADなども含まれます。ADの仕事は過酷なことで有名なので、出会いの機会が少ない上に恋愛する暇がなく、結婚しづらいのも頷けます。

また、美術家やデザイナーの未婚率が低いのは、自分の技術を極めることにエネルギーが注がれていて結婚の優先度があまり高くないからかもしれません。

第2位 音楽家、舞台芸術家:50.0%

男性に続き、女性もWORSTにランクインのこの職業。男性と同じく芸能関係の方々は結婚が遅いため、未婚率も上がるようです。芸術系は自分の世界に入り込みやすく、結婚から遠ざかってしまうかもしれません。

吉田洋さんや天海祐希さんなど、40代で大活躍されている独身の女優さんも多いので、女性も音楽家や芸能系の未婚率は高いでしょう。

第1位 情報処理技術者:50.4%

いわゆるITの技術者で、システムエンジニア(SE)やプログラマーなどがこれにあたります。

ITの現場は仕事内容がハードなことで有名。未婚率が高いのは仕方がないのかもしれません。

なんと第1位の情報処理技術者の女性は約半分が未婚という結果でした。しかし、ハードな職業だからといって結婚や恋愛ができないというわけではありません。出会っている時間がないだけというパターンも多いはずです。

結果を見てがっかりしているあなたに

たとえあなたが未婚率の高い職業についていたとしても、諦めるのはまだ早いです。

たしかに結婚では年収や肩書きを重視されるケースは多いですが、長い間一緒に生活を営む上で重要なのは相手の性格や気が合うかどうかの部分。

今はまだ良い相手にめぐりあえていないという方は、マッチングアプリのPairsで素敵な相手を見つけてみてはいかがでしょうか。

Pairsではマッチング成立後はメッセージ機能を使ったやりとりからスタートするので、ハードな仕事をしている方でもスキマ時間で婚活を進めることができます。

また、Pairsは年齢、居住地、身長、職業などの基本的なステータスから、結婚への意思や価値観などの細かい条件までを指定して相手を探すことができるので、「実際に出会ってみたらガッカリ」ということも少なくて安心です。

素敵な出会いをしてみたい方はぜひチェックしてみてください。

Pairsで自分にピッタリな人との出会いを見つける

Tags

ライター