出世する人の特徴と恋愛傾向とは?:失敗をきちんと受け止められる人

出世する人間というのは、常に見えている世界が普通の人とは違うので、なんだか遠い存在のように思えてしまうかもしれません。

でも、実際はそこまで特別なことをしているわけではないようです。ただ、ほんの少しだけ考え方を変えるだけなのです。

同じ事をして、同じ様にやっているつもりでいても、出世していく人と変わらない人との差は一体何なのか?自分が同じだと思っていただけで実際はどこかが違うと感じることを押さえておくと、出世への近道に繋がるかもしれません。

また、恋愛上手な人も、実は出世しやすいという傾向があるようです。出世する人の考え方や行動を考えることにより、恋愛上手になれる考え方を導き出せるでしょう。

出世する人の特徴7選

1. 約束の時間を守る

仕事ができる前に、社会人として当たり前のことができなければ、評価対象にもならないので、まずは当たり前のことをしっかりとしましょう。

そして、その中でも最も基本的なことが時間を守るということで、時間というのは当然出勤時間だけではありません。

社内ミーティング、御取引先のお客様との打ち合わせなど、社会人になれば、色々な約束をしなければいけない時間があります。

また、時間ちょうどに行けばいいというわけではなく、出世する人は最低5分から10分前に間に合うように行動しています。

<注意すべき事>
約束した時間(就業時間等)の10分前には到着して、打ち合わせ等が速やかにできるよう段取りを付けておく。

移動があれば、移動時間、移動ルートなどを事前に調べておくこと。

通勤の経路に遅延する可能性が朝の時点でないか、毎日確認して段取りをつけておくことが重要です。

2. 仕事に優先順位をつける

就業して帰るまでの時間は限られています。

その中で仕事を順調にこなしていくのに必要なことは、仕事の優先順位を常に考えていることです。

1つの仕事を完結させるまでの時間は、一定ではなく仕事の質や量によって決まってきます。

その仕事の内容を踏まえてどのぐらいかかって、いつ終わるか、いつ終わらせられるかを素早く判断して、一日の仕事量を段取っていきます。

仕事のできない人はまず、とりあえず目の前のものから取り掛かってしまうため、間に合わなかったり、就業時間が終わっても無駄に残業してしまうのです。

出世する人ほど無駄に残業せず帰ります。

<注意すべき事>
仕事の質や量を正確に素早く判断する力や経験を踏んで、失敗したら次回同じ失敗は繰り返さないように心がけておく。

そうすると自然に仕事の質や量を素早く理解して、うまく段取りをつけて仕事をすることが出来ます。

3. 出来ないと言わない

仕事のできる人は、上司から仕事を受けて、まず弱音を吐かないのです。

出来ないと言ってしまうのは意外と簡単で、この言葉を発してしまう人は、自分の成長を自分で止めている可能性があります。

また、すぐに出来ないという人は、反射的に言ってしまう事があるようです。

そういう人は、自分の知っている仕事のやり方しか考えず、、もっと他に良い方法がないか、効率的な方法はないか、と想像力を最大に展開出来ない人なのです。

仕事の出来る人は、自分で成長する可能性を摘みませんし、逆にチャンスと思い、自分の思い描いているもの以外を想像して展開していく人です。

まずは、自分で自分の成長を止めてしまうような発言は控えるようにしたいものです。

出世する人は心がけてやっています。

<注意すべき事<>
出来ないかな?と思っても、出来るように自分の考えを段取っていく努力をすることです。

4. ミスを正直に報告する

仕事のできる人でもミスはありますが、ミスをしてもきちんと報告して、その後の始末を自分自身で行う人は仕事のできる人の特徴の一つです。

また、一度したミスは二度としませんので、次回同じような状況になったら、ミスした経験を生かして、しっかりミスをしない段取りをつけています。

出世する人はしっかりと失敗から学んでいます。

<注意すべき事>
いかなる経験も自分の成長のために使っていくことです。

5. 自分を見つめていること

仕事の出来る人は、仕事以外のプライベートを大切にしていて、趣味や家族との時間を大切にしていて、常に仕事以外の自分に自己投資しています。

習い事や勉強会へ積極的に出席したり、友人や家族との食事や旅行なども積極的に行っています。

分かりやすくいえば、常に生活にメリハリがついています。

仕事もプライベートも段取りをしっかりとしているので、出世する人はプライベートを満喫しています。

<注意すべき事>
遊びも仕事も真剣に取り組み、スケジュールの段取りをしっかりつけることです。

6. 自分以外の人の失敗と成功に耳を傾ける

自分が経験することは、沢山の出来事の中でほんの一部です。

短い時間で沢山の事を経験するには、自分以外の人たちの失敗と成功に耳を傾けることです。

そうすれば、短い時間で沢山の経験をすることが出来きますし、他人の経験を自分の経験にすることで仕事への対応能力があがり、段取りもスムーズに取ることが出来ます。

出世する人は他人とのコミュニケーションを大切にしています。

<注意すべき事>
仲間とコミュニケーションを取ることで、よりよい仕事の段取りが出来ます。

7. 将来の目標がはっきりしている

漠然と毎日仕事をしているのではなく、ある程度将来の目標がある人に、仕事の出来る人が多いです。

少なからず、その目標に向かって毎日進めているため、どうすればいいかと前向きで挑戦者でありつづけるようになります。

そうすると必然的に徐々に仕事が出来るようになります。

目標もびっくりするほど高く掲げず、達成できそうなラインで掲げ、どうすればそこに達することが出来るかを常に考えている人は、仕事の出来る人に多いです。

出世する人は地に足がついた目標を常に持っています。

<注意すべき事>
目標はつかめそうなものから掲げ、次々と目標を立てられるようにすることです。

出世する人の恋愛傾向

忍耐力がある

世間一般的によく言われる「我慢」というものです。仕事がつらくても普通の人よりちょっとだけ我慢、上司に不満を抱いていても口に出さずに笑顔で我慢、日々同じ事の繰り返しにも少しだけ我慢。

同じ会社に長く居続けることで切り開ける出世への道のためには、ひたすら我慢することが大事です。当然、ただ長くいただけで出世できるほど社会は甘くはありませんが、それさえも出来ないようであれば、その先は無いでしょう。

恋愛もまた、我慢、我慢の繰り返しの部分も多々あります。彼女のわがままに笑顔で付き合ってあげたり、食べ物の好き嫌いなども、合わせてあげる我慢をしたり、デートなどでも、自分の行きたい場所はまず我慢しましょう。

そうすることで長く女性の心をひきつけることも出来るのではないでしょうか?忍耐力も人間的魅力の1つです。

ブレない意思を持っている

自身の主体性を持つことはとても大事です。何をどうしていきたいのか、はっきりと決める行動力は出世には必要不可欠です。

数多い人付き合いの流れの中で、上司の目だけを気にしてしまい本来の考えを全うできないことや、部下に嫌われるのを恐れて、本来の自分を出せないことなどは、出世できない人によくあります。

愛感情もまた、嫌われるのを恐れ、あやふやな態度であったり、優しいだけで、的をえていない事をしていたり、人情に負けて、彼女よりも友達付き合いを優先させてしまったりすると、恋人は離れて行ってしまいます。

自分の意思をきちんともち、ブレない信念がある人はとても魅力的に見えるものです。

聞き上手はよく喋る

相手の話をよく聞くことは誰にでも出来ます。ただ、聞いているだけではやはり駄目。上司の話をしっかり聞いたうえで、自分の仕事に対するアピールを、適切なタイミングで話し、また上司の話を聞き、その繰り返しで調整することが重要なものとなってくるはずです。

ただ、上司が黒と言ったら黒というのではなく、自分の頭で考えて新たな案を提示することもポイントです。それが自然に上司への高感度を上げていくコツなのかもしれません。

相手が恋人でも同じようにとらえてみると、結構当てはまる部分は多い筈です。

無意味な口論や、一歩も引かない立場で話をし続けると次第に恋人の心は離れて行ってしまうでしょう。分かりあうための、まず自分が一歩譲る会話も、愛している人の心をひきつける魅力の1つになってくるでしょう。

相手の喜ぶことが自然とできる

上司はおおよそ自分より多くの仕事を抱えていると想定してください。大体の管理職の人は、自分が分身できれば楽だと考えているようです。そこで、上司の分身になれる力を持っていれば、上司は自分の傍らにあなたを置いておきたくなるはずです。

当たり前ですが、上司も人間なので、楽をしたいのです。また、考えや価値観が近ければ近いほど、自然と共に働いてみたいと思うのも人間です。日頃上司を観察し、自分に何が出来たら役に立てるか、好みは何か、趣味は何かを知っておくのはとても重要なことでしょう。

恋人にも同じことが出来たなら、これほど喜ばれることはありません。相手の趣味を知りつくし、常に飽きることない接し方を出来る人こそ、世の女性を虜に出来る人間です。

誰からも信頼される

営業は成績が命ですが、最近ではそのほかにマネジメントやリーダーシップの強い人を優遇する会社も少なくありません。その1つに、誰からも信頼される人であるというのが挙げられます。信頼されるというのは、人がいいとか、怒らないとか、優しいとかではなく、人に頼られる人、人を育てられる人のことです。

恋人との付き合いにも同じことが言えます。相手に頼りっぱなしの男性、女性に育てられる男性は、頼りがいがなく、捨てられることも多いはずです。

女性に対しては積極的でリーダーシップのとれる男性こそ、頼りがいのあるパートナーとして、認識されるのではないでしょうか。

上品な話し方

好感度は話し方でいくらでも変わってきてしまうことはゆるぎない事実です。好感度なくして出世することは難しいと言えます。

実際、上司だけでなく、顧客の評判や取引先の評判にも響いてきます。話し方のうまい下手で、説得力が必要な状況で本来の力を発揮出来たり出来なかったりが決まってしまいます。好印象で上品な話し方をマスターするだけで、聞く人の心は惹かれていくものです。

恋人に対して話をするときも、やはり好印象であることは大切です。初対面での会話で、下品な話や劣悪な話し方では、どれだけ外見だけが良くても、それだけで心が離れていってしまうもの。

気品に満ちた、高貴あふれる、までの話し方はしないにしろ、上手な話の組み立て方を学ぶだけで、あなたの印象は大きく変わることでしょう。

言いにくいことでもきちんと話ができる

上司の意見に何でもうなずいていると、ただの馬鹿だと思われることもあります。ときには反論して自分をアピールする事も必要ですし、また、そんなシチュエーションも多々あることでしょう。

そこで説得力のある反論が出来れば、必ず自分の意見がプラスになり、良い方向へ働く事でしょう。出世への近道として、相手を論破する事もとても重要なことです。上司に納得してもらえるような反論が出来るようになれば、出世はもう目の前です。

恋人にもときには反対意見を言わなければならないときが必ず訪れるでしょう。そのときに反論が出来ずに情けない言い訳や、相手の意見に同意をし続けてしまうようなら、 恋人との恋愛は長続きはしないでしょう。

相手にちゃんと納得してもら得るように話せる、相手が間違っていたらきちんと正しい道に戻してあげることができる人こそ、いい恋愛を送れる人なのでしょう。

出世する人の特徴と恋愛傾向とは?:まとめ

仕事は全て段取りにかかってきます。

行動する前に必ず仕事のスケジュールを立ててから取り掛かり、実行したあと必ずその方法で良かったを自己で反省しましょう。

そして、次につなげていく作業を仕事の出来る人は自然としています。そうやって仕事を出来る人の殆どは段取りを大切にしてそれに基づいて実行しています。

また、人生もしっかり段取りをつけているのも特徴です。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る