JKブランドをフル活用!女子高生が社会人の男性と付き合う方法6選

女性は、年上の頼れる男性に惹かれることが多いそう。歳の差カップルが浸透してきている今、女子高生と社会人のカップルも珍しくありません。

まだ高校生であるJKにとって、年上で魅力的なのは社会人の男性。毎日学校に通うJKと働く社会人の男性のライフスタイルは大きく異なりますが、彼らはどこでどうやって出会うのでしょうか。

今回は、JKが社会人の男性と付き合う方法をまとめてみました。社会人の彼氏が欲しいと思っているJKは必見です!

1. ナンパ待ちをする

街などだと服装や身長などで、おおよその年齢がわかってしまうため海のビーチなどでナンパされるのを狙っても良いかもしれません。

ナンパをしている社会人も年齢が明確にわかりにくいため、社会人にナンパされる確率も上がってきます。露出が高いことでビーチでのナンパは盛んになりがちです。

2. 先輩に紹介してもらう

先輩や大学生の知り合いがいる友人などに紹介してもらうという手があります。知り合いの知り合いとか地元の社会人であれば何かしら繋がっている可能性があります。

また、友人の兄、姉などをつてにしても良いかもしれません。どこかに繋がりがないか調べてみましょう。

3. 社会人の滞在する場所でバイトをする

社会人が多く出入りするような場所でのアルバイトが効果的です。様々な人から声をかけられる 可能性があり、恋愛に発展するチャンスがあります。

女子高生だと多少はバイトする場所も限られますが、ネットカフェとか漫画喫茶などの社会人が長時間滞在する場所でのアルバイトがいいかもしれません。

4. SNSなどネット上で出会いを見つける

わざわざ街に出かけなくても、出会いを求めるのに便利なのがマッチングアプリです。しかし多くのマッチングアプリは、18歳以上の人しか登録ができないようになっているので、女子高生の利用は難しいかもしれません。

そこで高校生でもネット上で出会いを求めることができるものと言ったら、TwitterやInstagramなどのSNSが代表的でしょう。

しかし、ひと言に社会人といっても色々な人がいます。特にネットだと相手の本性がどんな人かよくわかりません。

ネット上の出会いは便利である反面、様々なトラブルの可能性があります。その辺を覚悟のうえで利用する必要があるでしょう。

5. 逆ナンをしてみる

逆ナンといっても街などで初対面の人に声をかけるわけではなく、何度か顔を合わせるチャンスを作るようにしてみましょう。

駅のホームで決まった場所を使ってみたり、図書館や市民プール、ジムなどの公共の場で定期的に顔を合わせてから逆ナンした方が良いかもしれません。

いきなり誘うわけではなく控えめな印象を与えながら、そっとLINEやメルアドの書いてある名刺のようなカードを渡してもいいかもしれません。

声をかけられて不愉快な男性はいませんし、逆に社会人の人も大抵の人が出来ることなら女子高生と付き合いたいと思っています。JKパワーを使いましょう。ただし、やり捨てされないように気をつける必要があります。

6. 社会人と話が合うように勉強する

社会人に限らず好きな男子に好かれたい時は、共通の話題が出来ると距離も一気に縮まります。出会っても話が合わないと交際まで発展しません。男性は大抵何かの趣味や嗜好があるので、その趣味について知っておいてもいいかもしれません。

些細なことで良いので社会人と共通の話題が話せるように勉強してみてはいかがでしょうか。

そうすることで、相手との会話も弾んだり、贈り物をする機会があればプレゼント選びにも役立つかもしれません。社会人と学生では好みもだいぶ違うので、プレゼント選びは難しいもの。

社会人男性がもらって喜ぶプレゼントと言えば、名刺入れ・ペンケース・腕時計・ネクタイなどでしょう。お酒好きの社会人男性なら、タンブラーや、ビアカップもいいかもしれません。

気になる社会人男性の方に贈り物をする機会があれば、参考にしてみてください。

Tags

ライター