真似るのは不可能!天然な人の特徴と見分け方を解説


天然キャラは、愛されキャラです。でも、一歩間違えれば不思議ちゃんになったり、バカと思われることもあります。

また、天然キャラを装った、ニセ天然キャラもいます。そういう人たちと天然な人との決定的な違いは、人に好意をもって受け入れられるかどうかです。

なんだか抜けてる人って時々いますよね。実際の天然ボケとはどんな性格なのでしょうか。

今回はそんな愛される本物の天然な人の特徴を調べました。この記事では天然あるあるエピソードも紹介しています。

最後には本物の天然な性格の人とそうでない人の見分け方も書いてあるので、もし周りにニセ天然かも!という人がいれば参考にしてみてください。

こちらもどうぞ→愛される努力をしてる!可愛いと思われる人の性格5選

天然な人の特徴

できる、と思わせるところがある

仕事ができる、勉強ができる、才能がある、純粋で真面目など人を納得させる能力や性格をもっているのが天然な人です。まわりからズレている言動が多いのに、日ごろから「できる」と思わせるところがあるからこそ笑いを誘ったり、好感をもたれるのです。

不思議ちゃんのように何から何まで常識からはずれていると、人は理解に苦しむだけで受け入れてはもらえません。

場を和ませる雰囲気をもっている

本人がまったく自覚していないのに、発言が受けて緊張している場でも和ませることができます。

でも、本人は自分の言ったことで、どうして場が和むのかわからないところもあります。

笑顔が多くの人の笑顔を誘う

天然な人は、人から何を言われてもあまり感じない性格なので、自然にいつも笑顔が多い人になります。おまけに、ずれている言動が場をなごませるので人の笑顔も誘います。

天然の女性はモテる人が多いですが、笑顔が多いので男性が錯覚してしまうからかもしれません。天然の女性の方は、どうして自分がモテるのかモテる理由が分かっていません。

人の好き嫌いがない


エセ天然の人は自分の好きな人の前で天然な人を演じますが、本物の天然な人は人に対しての好き嫌いの感覚がありません。

相手をまっすぐ受け止める素直な人が多いため、人に対して「嫌い」という感情がわかないようです。

人の悪口は言わない

人の好き嫌いが多く、悪口を言っているような人は天然ではありません。

天然女子であれば、人の悪口をその人がいないところで噂するようなことはしません。

そういった行動が周りから好かれる愛されキャラに繋がっているのかもしれません。

いじめのターゲットになっても、いじめられていると思わない

まわりからはずれた言動は、いじめのターゲットになることもあります。ドジでバカでポンコツ、と思われてしまった時です。

それでも、本物の天然な人は「私はドジでバカでポンコツなんだ」と、そのまま受け取るだけで、自分がいじめのターゲットになっているという感覚を持ち合わせていないのです。

そういった面で天然な子は純粋な子と言えるかもしれません。

人の話をジッと聞いていられない

いろいろはずれた感覚の持ち主の天然な人は、人の話をジッと聞いていられないところもあります。気が散っているせいで、相手の言いたいところからドンドンはずれていってしまう傾向にあります。

相手は恋愛について話しているのに、その話のなかにでてきた内容の一部にとらわれることも多く、話の本筋から勝手にはずれていってしまうのです。

そういうところは、相談相手として案外救われるところもあって、深刻な話のつもりが、そうでもないと思えてくるような良さもあります。

自分のことを愛されキャラだとは思っていない

天然な人は人に嫌われることはなく、むしろ歓迎されることの方が多いです。

パーティーや飲み会など何かと人に誘われますが、本人はそれが自分が愛されキャラだから誘われるとは、まったく思っていません。誘われたから行く程度のことしか思っていません。

不思議ちゃん・天然女の特徴


クラスや社内で天然と言われる女性は必ずいるのではないでしょうか?

作っているのか、それとも本当にそうなのかはわかりませんが、天然といわれる女の特徴を紹介したいと思います。

楽観的な性格

天然といわれる人にネガティヴな人はいません。天然という言葉は思い浮かべた時になんだか温かく柔らかいような印象を持つのではないでしょうか。それは天然といわれる人が明るく楽観的だからです。

嫌なことがあっても「ま、いっかー!」と思える人なのです。

とても純粋で真面目

天然といわれる人はとにかく純粋な人が多いのです。人の話を聞かないという特徴もあるのですが、聞いている時はその言葉を純粋にありのまま受け入れます。

そして、大変真面目であるため一つのことに没頭すると周りが見えなくなっておかしなことをしてしまったりします。

天然という言葉に拒否反応

真の天然さんは自分のことをこれっぽっちも天然だと思っていません。思っている人は計算です。

真の天然さんは「天然だよね?」と聞くと「違うよ!全然天然じゃない!」と強く否定します。気付いてないことこそが天然の証です。

笑顔が多い

天然さんを思い浮かべた時に笑顔の印象が残っていることが多いです。彼女たちは万人に微笑みかけているので、無意識です。

周りからみると少しヘラヘラして見えますが、それがまた可愛いところなのかもしれません。

人の見ていないところで独り言

天然の人は人がいないところでこそ天然な性格を発揮しているとか。

その一つに独り言があります。独り言が人より多かったりする人は本物の天然です。

彼氏の前だけあざとく独り言を言う人はニセ天然なので注意しましょう。

予想できない行動が多い

不思議ちゃんと言われる人に多い特徴が、突然突拍子もない行動に出ることです。

周りをあっと驚かすようなことをためらいもせず成し遂げてしまうこともあります。

例えば、旅行でみんなで行動していたのに突然自分の好きなところに行ってしまっていたなんてことも。

その後、もちろんメンバーからは怒られたりするでしょう。しかしそういったことがあっても許されるのは天然キャラであるからかもしれません。

天然女子あるあるエピソード

言い間違いが多い

天然女子は対面で一緒に話している時だけでなく、メールやインターネットにおけるメッセージのやり取りの中でも言い間違いをすることが多いです。

常識にとらわれず、いつも人と違った方向で物事を考えているため、時どき周りがびっくりするような発言をしてしまいます。

ディズニーシーのことを本気でディズニーCだと思っていて、ディズニーAとBも存在すると勘違いしていたなんてエピソードも。

周りに天然な子が言い間違いをしていたら優しく直してあげましょう。

突拍子もない行動

天然女子は突然周りが予想もしなかった行動を起こすことがあります。

例えば、「レモンを半分に切ったものをポテトフライだと勘違いしていてケチャップをかけていた」など。

周りが注意して観察していないと、取り返しのない結果になってしまいそうでヒヤヒヤしてしまいますね。

でも周りに天然な子が一人いると雰囲気が明るくなることもあるので、もし失敗してしまっても責めたりせずに笑って流してあげてもいいかもしれません。

大胆な発言が多い

天然な子は上司や先輩に対しても物怖じせずに発言することもあります。

仕事などで失敗したときに怒られても、そのあとその失敗がなかったかのように「知りませんでした」と素直に言ってしまうといったことも。

上司は当然、そのあと余計に怒りが増してしまったそうです。

このように天然であると周りの空気が読めずに平気で相手を怒らせるような発言をしてしまうこともあるようです。

面白い行動

「急いでいるときに自動扉がうまく開かずに激突した」という話もあるように、天然ガールは時々笑いをとるような行動をしてしまいます。

狙ってやっているわけではないけれど、思わずそれを見た人は笑ってしまうかも。

本人は気にしていることが多いので、ドジな行動をしてしまった天然女子を見かけたら優しく慰めてあげましょう。

本物の天然or偽物の天然の見分け方


天然女性というのは、とりわけ周りから好かれ、可愛がられる傾向にありますが、それ故に天然を装う女性も多いです。

今回は本物の天然女性と、偽りの天然女性の見分け方について紹介したいと思います。チェックして見破りましょう!

空気が読めなくて当然

天然な人の空気の読めない発言で、場がしんとなったりすることもあります。天然を装っている人は、自分の評価が上がる良い状況のときだけ天然っぽさを出します。

しかし、本当の天然女性は、周りの空気が悪くなるような時にもおかまいなしでズレたことを言います。

周りからはズレた人なんて言われてしまうことも。でもそこが天然女子の良いところでもあるのです。

天然は素直な平等主義が多い

天然の人は素直で真面目な人が多いです。

意外に自分を持っているので、噂に流されたり、噂を流したりということにも興味がないでしょう。

しかし、自分で天然を装っている人は人によって態度を変えたりする人が多い傾向があります。

特に女子に多いのが男性の前だけ天然を演じる人。話しているうちに天然でないことがわかってしまうのがオチです。

周りをヒヤヒヤさせる

天然は失礼な質問やタイミングでもお構いなしなので、周りをヒヤヒヤさせます。空気が読めないことも特徴かもしれません。

ただ本人的には「気になったから聞いただけ」というような認識で悪気などは全くないのです。

そして失敗する際にも本物の天然は特徴があります。

ニセ天然女子は本当に失敗してはいけないところでは失敗しないのに対して、本物の天然はどこでも失敗します。

そんな本物の天然ちゃんがいたら周りはヒヤヒヤしっぱなしかもしれません。

計算の天然は自分発信

計算された天然は自分から周りに天然だと思ってもらうために様々なことを仕掛けます。

自ら「私天然なんだ」という人もいるかもしれませんが、それは明らかなニセ天然です。

本当に天然な性格の人であれば、自分のことを至って普通の人だと想っていて、人から天然だねと言われると起こる人もいます。

例えば質問におかしな答えを返したり、「天然だね?」と言われた時に喜んだり。天然と言われて喜ぶ女は天然ではありません。

偽物は天然を利用する

天然キャラはその人が無意識に持っているものなので、うまく活かしたりすることは出来ません。

何故ならそれが自分の魅力だと気がついていないからです。しかし、その気づかいない部分こそが魅力であり、天然なのですが、偽物はここぞという時に天然というキャラを利用します。

周りに人がいない時に注目してみる

天然ボケを演じている女子は、ふとした瞬間に本性が出てしまうもの。

普段わざと笑顔を保っている人であれば、周りに人がいなくなると顔つきも変わってくるはず。

ニセ天然女子は人から見られているときだけ天然を演じています。

もし友達でニセ天然かもしれない人がいるならば、人が周りにいなくなった時に注意して観察してみると分かるかも。

行動があざとい

天然の女性だと可愛く見られたりして、真似したいと思う人もいるかもしれません。

しかし自分で作り上げた天然ボケな性格は、人から「あざとい」と思われてしまうことがほとんどです。

ニセ天然であれば周りの空気を読むこともできますが、本物の天然は周りと合わせずに一人だけ違うリアクションをしているなんていうことも。

言葉だけは天然の性格風に操れたとしても、行動でバレてしまうことはよくあります。

まとめ

こうしてみてくると、本物の天然キャラの人はマネできるレベルではなく、まさしく生まれつきの性格としかいいようがありません。ニセ天然な人はモテやウケをねらってマネしようとしますが、いずればれることは明らかです。

天然女子は可愛いと思われたり、同性からも面白い人という印象を持ってもらったりするため、天然になりたいと思う女子も多いかもしれません。

しかし、あとでばれて傷つくぐらいなら、天然な人のマネはしないで自分の他のいい面を磨いた方がいいでしょう。

それほど、本物の天然な人は希少価値な人なのです。

Tags

ライター