shutterstock_287274437

中部国際空港(セントレア)のラウンジと利用方法を紹介!

空の旅は楽しいひと時でもあるが、乾燥がひどかったり、座席によっては狭さに悩まされるなど、つらいこともありますよね。フライト前後の時間はラウンジでゆっくりと体を休めましょう。

今回は、中部国際空港(セントレア)から出立する際に使用することのできるラウンジの利用方法をご紹介します。

ラウンジについて

ラウンジは、フライト前の時間を快適に過ごせるサービスを提供してくれる場所。固いイスではなくゆったりとしたソファやチェアがあり、落ち着いた空間で搭乗を待つことができます。

ほとんどのラウンジは誰でも利用できるものではなく、使用ラウンジによって一定の資格が必要です。同伴者は有料にて入場できる場合が多いので、確認してみましょう。

また、国内線と国際線、保安検査後・検査前と、搭乗前のタイミングによっても利用できるラウンジは異なります。

提供されるサービスは、アルコールを含めてのフリードリンク、無線・有線LANなどのビジネスサービスなどが主です。

カードラウンジ

プレミアムラウンジ セントレア

3階出発ロビーにあり、国際線・国内線の出発前及び到着時に利用できます。ラウンジサービス利用が条件に含まれているクレジットカードを所持していて、当日に航空機を利用することが、このラウンジの利用条件。

喫煙ルームあり。カードを所持していない同伴者も、料金(大人1230円)を支払えば利用できます。

営業時間:7:20~20:30(年中無休)
利用できるカードは:UFJ、VISA、ニコス、UC、DC、三菱UFJニコス、JCB、ダイナース、アメリカンエキスプレス

第2プレミアムラウンジ セントレア

こちらは、利用料金1540円を支払えば誰でも利用できるラウンジ。

無料で利用する場合の基本的な条件は「プレミアムラウンジセントレア」と同じですが、クレジットカード会社の幅が広くなるので、手持ちのカードの利用条件を確認してみましょう。

提供されるサービスもプレミアムラウンジセントレアと変わりません。

営業時間:7:20~20:30(年中無休)
利用できるカード:セントレア ゴールドカード(MASTER)、セントレア ゴールドカード(VISA)、セントレア プレミアムカード(MASTER)、セントレア プレミアムカード(VISA)、UCS、オリコ、楽天、ライフカード、アプラスポルシェ、エムアイカード、JACCS、三菱UFJニコス、UFJ、DC、ニコス、エポス

TS CUBIC CARD ゴールドラウンジ

TS CUBIC CARDゴールドカード、もしくはレクサスカードを持っていることが利用条件。3階出発ロビーと、2階の国際線制限エリアの2箇所にあります。

同伴者は大人なら1名まで無料、18歳未満であれば無料となるので、家族旅行でも利用することができます。

営業時間:3階 7:20~20:50(年中無休)
2階 7:30~21:00(年中無休)

各エアラインラウンジ

2階国際線制限エリアには、各航空会社のラウンジがある。

セントレアで一番大きな「サクララウンジ」、オーシャンビューの「スターアライアンスラウンジ」、エア・ヨーロッパや大韓航空が加盟するスカイチームメンバーが対象となる「KALラウンジ」などがそろいます。

また、チャイナエアラインやデルタ航空を利用する際に使える「セントレアグローバルラウンジ」もあります。

国内線の制限エリアには最終便ぎりぎりまで使える「セントレアエアラインラウンジ」はANA・JALの利用が対象となります。

旅行会社ラウンジ

セントレアの国際線制限エリアには、ルックJTBの対象商品を利用していれば使えるラウンジがあります。JTBの旅行ならば何でも良いというわけではないので、旅行条件を確認しておきましょう。

同伴旅行者が別の飛行機に乗ることはあまりないとは思いますが、こちらはJTB対象商品の旅行ではない同伴者の利用はもちろん不可。


タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です