恋に効く!縁結びのパワースポット「東京大神宮」のお守り6選

「幸せになりたい」と願う気持ちは、古今東西、老若男女を問わずみんなの願い。

特に、若い女性は良縁に巡り合って、素敵な恋を通じて幸せになりたいと願うもの。

そんな女性には、東京大神宮の縁結びのお守りがおすすめ。恋に効くと評判です。

今回は、東京大神宮の縁結びのお守りについて、種類別に詳しく紹介します!

縁結びのパワースポット「東京大神宮」

東京大神宮には、日本人のルーツともされるご祭神、天照皇大神と、外宮のご祭神「豊受大神」(とようけのおおかみ)が祀られています。

1880(明治13)年に創建されたため、歴史はそれほど古くはないのですが、創建当時から縁結びの神様である「東京のお伊勢さま」として親しまれています。

天皇の流れをくむ格式高い神社は、都会の喧騒の中にありながら、緑豊かな境内やさえずる鳥の声に癒されることのできる、素敵なパワースポットです。

縁結びのお守りを紹介

そんな素敵なパワースポットで買うお守りには、大変なご利益があると評判。

開運はもちろんのこと、特に恋愛成就には高い効果があると、遠くからこの神社へお守りを求めに来る女性が多いです。

良縁を求める女性必見の、縁結びのお守りを次に紹介します。これであなたも幸せへの切符を手に入れられるかも。

新しい恋がしたい人は「縁結び鈴蘭守り」

新しい恋がしたい人にピッタリの「縁結び・鈴蘭お守り」は、東京大神宮のお守りの中でも一番人気。

鈴蘭の花言葉でもある「幸福が訪れる」に由来したお守りです。小さく可愛い鈴蘭の花をイメージして作られています。

特に鈴蘭の日でもある5月1日に、このお守りを手に入れると、より一層のご利益があるとか。

一日でも早く素敵な良縁に恵まれたい人、新しい恋がしたい人には、必見の恋愛パワーアイテムです。

今の彼と結婚したい人は「縁結び幸せ小槌」

今の彼と結婚したい人や、ずっと仲良くいたい人には「縁結び・幸せ小槌」がおすすめ。

今の恋人と、より深い結びつきが叶うというお守りです。

このお守りは2つ入っていて、それぞれのお守り割符をピッタリと合わせると、「幸」という文字になります。

最近すれ違い気味なカップルや、今の恋人と結婚したいというカップルに大人気。これを二人で持てば、幸せが訪れるかもしれません。

片思いの彼を振り向かせたい人には「結び札 恋愛成就」

片思いの彼を自分に振り向かせたい人には、「恋愛成就の結び札」がおすすめ。

結び札は、中央からふたつにわかれ、それぞれの紐のついた木のお札。

片方に自分の名前を書き、今の恋が上手くいきますようにと願いを込めて、神社に奉納します。

もう一片はこの想いの祈願として、自分で大切に肌身離さず持っておきましょう。

恋がかなった際には、この一片のお札を納めに、お礼参りに行くこともお忘れなく。

気になる異性がいる人には「恋愛成就 幸せ鍵守り」

恋をかなえたい人や、今一歩、恋人の気持ちをはかりかねている人には、「恋愛成就鍵守り」がおすすめ。

いつも持ち歩くお財布に入れたり、携帯電話のストラップとして使ったりできる、可愛い鍵の形をしたお守りです。

気になる異性の心の扉を、この鍵の形をしたお守りで開けてもらえるとか。恋人同士では、魂の結びつきがより深くなるはず。

色は赤とピンクの2色から。同封のお札も一緒に持っていると、よりいっそうのご利益アップがあります。

気になる彼と新しい恋を始めたい人には「心結び 美鈴守り」

今、気になる男性がいるという人には、「心結び 美鈴守り」がおすすめ。

見た目も素敵な女性をイメージした色合いが美しい、赤、白、ピンクの水引でつくられたお守りです。

キュートなハートの形をしているお守りには、似合いの可愛い鈴もついています。

良いご縁を結ぶという清らかな水引に、縁結びの力があると言われている鈴がついていることから、非常に強いご利益があるそう。

このお守りに、幸せになる願いを託してみてはいかがでしょうか。

いつも幸せな人生を願うひとには「朱印帳」

最後に、東京大神宮の「朱印帳」を紹介します。

お守りを身につけていても、なかなか幸せなご縁の効果が感じられない方、現在幸せで、その幸福がいつまでも続くように願いたいという方には、「朱印帳」がおすすめ。

朱印帳に毛筆で神社名と参拝日を書き、神印を朱で押印してもらう「朱印」。

東京大神宮の朱印帳は、蝶・桜・うぐいすをイメージした3種類があって、良縁に特におすすめなのは、蝶のご朱印帳。

品の良い和紙に描かれた、淡いピンクとオレンジ色の蝶と桜の模様が可愛らしい朱印帳です。

縁結びのパワースポットとして有名な、東京大神宮のお守りを大切に持ち歩き、神社へのお参りをしましょう。

参拝の証として、この神社の朱印帳に、幸せの願いがこもった朱印判をいただくと良いです。

この神社のご朱印帳は幸せへのパスポート。ひとつひとつ押された判が増えて行くたび、幸せな未来へ一歩ずつ近づいていくことでしょう。

ライター