shutterstock_436775623

ほうれい線ができる原因とケアの方法:ほうれい線はシワではない!?

ほうれい線って老けて見えてしまうから気になりますよね。年齢のせいだと思っていたら、最近は若い世代でもほうれい線のある人が増えているそうです。

ほうれい線の原因にも色々あります。その原因と正しいケアについて見ていきましょう。

ほうれい線をなくすスキンケア製品はこちら

たるみが原因のほうれい線

加齢や紫外線をたくさん浴びると、肌の弾力やハリがなくなって肌はたるんできます。若い世代で多くみられるたるみの初期症状としては、肌の乾燥が原因でできるシワです。たるみの原因は次のようなもの。

肌弾力の低下

肌の土台を作る真皮の衰えがたるみの原因です。真皮はコラーゲンやエラスチンという線維が肌の弾力をキープしています。紫外線や加齢の影響により、繊維が減少すると肌の弾力やハリが失われるのです。

表情筋の衰え

顔の表情が凝り固ると、表情筋が衰えてきます。核家族で会話が少なくなったり、普段から柔らかいものばかりを食べていたりすると、表情筋はあまり使われなくなり衰えます。

皮下脂肪の増加

顔の皮下脂肪が増え脂肪を支えられなくなり、たるみが発生してしまいます。元々丸顔の人やダイエットなどを繰り返している人はほうれい線が出来やすいと言われています。

生活習慣

食生活のバランスが悪くタンパク質やビタミン不足もたるみの原因になります。また、睡眠は肌にとって重要です。睡眠不足もたるみの原因になります。猫背など姿勢の悪さも悪影響です。20代でのたるみやほうれい線が多いのは長時間のデスクワークが原因だと言われています。

乾燥によるほうれい線

肌の乾燥が進行して小ジワになります。肌には本来保湿成分をつくり、角質層内に水分を蓄えておく力が備わっているのですが、乾燥が原因でその力が衰えて、ほうれい線を作ってしまうのです。

肌の「バリア機能」とは?

肌の「バリア機能」とは肌表面にある角質層がうるおいを蓄え、乾燥と外部刺激から肌を守ってくれる役割のことです。肌のうるおいを保つためには、このバリア機能を整える必要があります。

若い世代に多いほうれい線

このような乾燥によるほうれい線は加齢によるものだけではなく、若い世代の方にも起こりえると言えます。

ほうれい線のケア

ほうれい線をケアする方法は、とにかく顔のたるみを解消することです。また、たるみの原因は1つだけでなく、複数の原因が起因しています。

たるみを予防・解消するためには、以下が効果的です。また、この機会に自分の癖を見極めて生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

バランスの良い食事を摂る

納豆や玉ねぎ、鶏皮など顔のたるみに効くと言われる食べ物もありますが、とにかくバランスに良い食事を心がけましょう。

睡眠をしっかりとる

お肌は夜作られると言っても過言ではありませんので、睡眠不足はお肌の大敵です。質の良い睡眠はお肌にとってとても大切なのです。

紫外線対策をしっかりと行う

普段の生活の中で日焼け止めなど、紫外線対策をしっかりとしましょう。

保湿を心がける

徹底的に保湿対策をして、うるおいのある肌を目指しましょう。

顔の表情筋、深層筋を鍛える運動

表情筋エクササイズは普段使わない筋肉が鍛えて、顔のたるみにとても効果的ですので、ぜひ生活に取り入れてみてください。

正しい姿勢を保つ

デスクワークなどで長時間猫背のように姿勢は避けましょう。背筋をきちんと伸ばすように心がけましょう。

フェイスマッサージや頭皮のマッサージ

フェイスマッサージや頭皮のマッサージも、顔のたるみには効果的です。美顔器やローラーを使ってマッサージしましょう。

顔のたるみに効果てきめんの4つのツボ押し

1.救後(きゅうご)
このツボは目尻の斜め下の骨のくぼみにあるツボで、目元のたるみや小じわに効果があります。
2.四白(しはく)
このツボは下まぶたの中央から1.5cmほど真下のくぼみにあるツボで、顔のたるみやむくみに効果的です。
3.迎香(げいこう)
このツボは小鼻の脇にあるツボで、ほうれい線のたるみに効果的です。
4.地倉(ちそう)
このツボは口角から0.5〜1cmほど外側にあるツボで口まわりのたるみに効果的です。

ビーグレンでほうれい線をなくそう

ほうれい線やたるみでお悩みの方におすすめの商品が、ビーグレン。クレイウォッシュ、QuSomeローションなど6シュルのケア商品が入っています。

ビーグレン独自の新党ケアシステムQuSomeで、ほうれい線の3つの原因にアプローチしてくれます。

ピーグレンをチェック

QuSome®(キューソーム)は、ドラッグデリバリーシステムの第一人者ブライアン・ケラーによって発明された浸透テクノロジーです。
スキンケア成分を角層の奥まで届けると同時に、肌の中に長時間留まり、効果を持続させることができます。

step1:洗顔料「クレイウォッシュ」

微粒子の天然のクレイ「モンモリロナイト」が汚れや不要な古い角質を磁石のように引き寄せる“吸着洗顔料”です。必要な皮脂を取り過ぎることなく、マッサージのしやすいしっとりとした肌に洗い上げます。

step2:化粧水「QuSomeローション」

角層のコンディションを整え、すみずみまで深く浸透。保湿成分を長時間にわたって貯留することで、後に続く美容液の効果を格段に高めます。内側から押し上げるようなハリと透明感を肌に与え続けます。

step3:マッサージ美容液「QuSomeリフト」

「QuSomeフェイスリフトコンプレックス」が角層の奥へ浸透し、高密度なハリを育みます。マッサージしながらなじませればリンパの流れもスムーズに。すっきりとした顔立ちへ導きます。

step4:美容液「Cセラム」

高濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液です。つけた瞬間ほのかな温感を伴って肌に広がり、独自QuSome®で角層の奥※へ浸透します。ソフトなピーリング作用で、肌をくすませる古い角質やメラニンの排出を促します。

step5:クリーム「QuSomeモイスチャーリッチクリーム」

「QuSome®エイジリカバーコンプレックス」が、内側から押し返すような弾力をもたらし、光を透過しやすい肌へ導きます。エモリエント効果の高い濃厚なクリームでありながら、ベタつきのない使用感を実現。

ピーグレンの口コミ

ツルツルお肌に戻る!

5年ほど前から大人ニキビに悩まされ皮膚科にも何件も通いましたが、よくならず。諦めかけていた時に出会いました。私にとっては、救世主のような美容液です。

cセラムを使い始めて一カ月たちますが、あれだけ悩まされたニキビが嘘のようになくなり、ツルツルのお肌にもどりました。とても若くみられます。

ただ、乾燥しますので、目の周り等は避け、cセラムを塗ったあとは十分な保湿をすることをお勧めします。(42歳女性)

効果抜群でした

ニキビや、ニキビ跡、肌のくすみ、シワ、乾燥、万能です。使いはじめてすぐに良さを感じました。はじめはオイルのようなテクスチャで、掌で温め、肌に乗せると気持ちいいです。しっかりとハンドプレスします。

疲れた肌が生き返ります。とてもおすすめです。(34歳女性)

ビーグレンをチェック

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です