photo-1455139960217-3de50ca3bc8c

ペアーズの相性は変わる?マッチング率への影響を解説

ペアーズでは異性の相手を検索したときに、「相性」という項目がパーセンテージで表示されます。

実際この「相性」の数字が変化するのを見たことはあるでしょうか?

「相性」の数字を真に受けすぎると、意外とマッチングしなくてショックを受けてしまうかも。今回はペアーズの相性がどういう仕組みで変化するのかを紹介します。

マッチング率を高めるための記事もあるので、あわせて参考にしてみてください。
ペアーズで素敵な彼氏を見つけよう!マッチング率を高めるためには?

相性の表示は目安

ペアーズでは異性のプロフィールページに「相性」という項目があります。この相性がどういうアルゴリズムで変動するか疑問を持ったことはありませんか?

マッチングなどを行うことでどのくらい変化するのか疑問です。

ペアーズを運営している会社によると、あくまでもこの「相性」に表示される数値は、目安ということです。

理由は、この「相性」という項目、ペアーズがアルゴリズムによって出している結果で、互いの相性が高ければマッチングの確率が高いことも確認されているから。

このアルゴリズムがどうやって決められているのかまでは説明されていませんが、ペアーズを使う上で、「いいね!」を押す上での目安としては役立ちます。

相性は本当に役立つのか

相性の数値は高い方がいいと言われていますが、実際は相性の数値が低くてもマッチングは可能。

実際にペアーズを使ってみると、相性の項目が「80~90%」と高い数値になっている人を見つけることは中々出来ません。逆に相性が「50~60%」の人は比較的見つけやすいです。

相性の数値が高い人に「いいね!」を送ると、高確率でマッチングするという話もあります。

しかし例え相性の項目が「70~80%」と高い相手でもマッチングしなかった例はいくらでもあるので、相性の項目は必要以上に気にしなくてもよいでしょう。

実際は相手の好みなどもあるので、いくら相性の数値が高くても、相手が気に入ってくれなければマッチングすることはありません。

pairsに登録する

マッチングするために

マッチングするのに1番大切なことは、相手がもらっている「いいね」数です。これを多くもらっている異性の相手とはマッチングすることはなかなかできません。

人気がある異性は一日にかなり多くの「いいね!」をもらっているので、そもそもライバルが多く、1つずつプロフィールを確認するのも大変なので、まずチェックしない人が大半。

また、1日に送られてくる「いいね!」の通知を制限している場合は、さらに自分の「いいね!」が届くまでに時間がかかってしまいます。

たくさんの人から「いいね!」をもらっていると、自然とその人が求める異性の条件なども高くなってくるのでその条件を突破するのが大変です。

あとはプロフィールが充実しているかどうかも重要。各項目の答えが一致していたり、ログイン時間などが影響している可能性もあります。

結局のところ「相性」はマッチングに関係ない

結果的には相性はあまり気にしなくてもマッチングには支障がないということになります。

相性を気にしていたら、好みの相手を見つけてもその相手にアプローチできなかったらもったいないです。

相手の好みに自分が合っていれば、相性が低くてもマッチングできます。あとはプロフィールで自分をアピールして、それでもダメなら仕方がないので諦めましょう。

相性のパーセンテージよりも相手の「いいね数!」のほうが重要です。もし本当に誰かとマッチングしたいと思っているなら、「いいね!数」が少ない人のほうが狙い目。

まとめ

相性はマッチングアルゴリズムによってコンピューターが自動で算出した「目安」の数値なので、マッチングには大きな影響はありません。

相性が良いのを勘違いして、この人なら必ずマッチングすると思い込むのは危険です。

マッチングした相手とは話してみないと、本当の「相性」は分かりません。

pairsに登録する

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です