高校生カップルのキス事情♡初めてのキスを成功させる方法まとめ

初めてのキスは誰にとってもかけがえのないもの。後から思い出すと甘ずっぱくて、人生において忘れられない体験になるに違いありません。

高校生では、まだファーストキスもしたことがない人は多くいるはず。カップルで初めてキスする場合、キスのタイミングや種類、シチュエーションについて悩むものです。

この記事では、高校生のカップルが初めてキスをする時のいろはをご紹介します。実際のエピソードも踏まえて紹介していくので、男子、女子どちらも参考にしてみてください!

最近の高校生カップルのキス事情

働く女性の恋愛やライフスタイルに関連する記事を取り扱っているマイナビウーマンの調査によると、ファーストキスの平均年齢は17歳という調査結果が出ています。

つまり、ほとんどの人のファーストキスのお相手は、高校時代の恋人ということです。まだしたことがない方は、人生で一度のファーストキスを、思い出に残るようなロマンチックなものにしたい!と考えているのではないでしょうか。

また、意外にもキスとほぼ変わらないタイミングで初体験を終える人が多いんだそうです。手を繋いだりハグしたり、高校生カップルにはキスだけでなく大人と変わらないくらいのことを恋人とする機会が増えてきます。

高校生カップルの場合、お互いキスやハグに慣れていないことが多いはずです。いざ恋人といいムードなったときにうまく対応できるように、今のうちに準備しておきましょう。

高校生になるまでキスをしたことがない!

高校生になって恋愛すると、今まで以上に異性を意識し、中学生ではあまり考えなかったキスや肉体関係を持ちたくなります。性に目覚めて、恋人と行うスキンシップに興味がわいてくるのも、ちょうど高校生の頃だと言われています。

しかし恋愛経験が少ない分、キスをしようと思っていてもなかなか上手にできないことも多いのではないでしょうか。

ここからは、キスを成功させたいと思っている高校生へ向けて、基本的なキスにまつわる情報を紹介していきます。

高校生のキスの頻度・回数・種類は?

キスの頻度・回数は、カップルによるので一概に言うことができません。あまりキスの頻度・回数は気にしなくて良いですが、最初のキスから何回もキスしてしまうと相手に引かれてしまう可能性があるので注意が必要です。

お互いが慣れてきたら、キスの回数を増やしていきましょう。相手によってはキスをあまりたくさんしたくないという場合もあるので、二人の間で調整していくことが大切です。

お付き合いを続けていく うえで、キスの頻度が徐々にわかってきます。相手の反応や態度により、つかんでいってください。

種類に関しては、ファーストキスの場合注意がいります。最初から回数が多いことと同じように、初めから長めのキスをするのはタブーです。お互いが探り合っている状態で、いきなり激しめのキスをされたら大抵の人は受け止めきれません。

ディープキスをしたり、キスマークを作ることは相手の了承を得てから行うのが最善でしょう。

ファーストキスのタイミング

初めてのキスは3回目のデートでするのが王道です。

付き合いはじめてどのくらいでキスをするのかと悩みがちですが、相手の性格や二人の距離感などの影響もあるので、正直タイミングはカップルによって異なります。

目安としてキスのタイミングに多いのが3回目のデートということなので、それより早かったり遅かったりしても気にする必要はありません。

また女子はカップルの思い出やデートの雰囲気を重要視するので、男子は独りよがりのキスにならないように気をつけましょう。

他のカップルなどの話を聞いてみることも参考になるので、友達との恋バナに花を咲かせてみてはいかがでしょうか。

キスをする場所選び

最も重視すべき点は、周囲から邪魔をされないという点です。人通りが多い所や、公共の場など周囲の目があるような場所は避けましょう。キスを見て何も思わない方もいるかも知れませんが、不快に感じる方もいます。

デートで公園や海、家など二人になれる場所を選び、お互いが落ちつける雰囲気があるところがベストです。

キスをするのにぴったりな場所をエピソードとともに紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

1.帰り道

shutterstock_96504953

彼が家まで送ってくれたら、いい雰囲気になるまでタイミングをはかってみましょう。ちょうど下校時刻には夕日がきれいなこともあるでしょうし、夜であれば少し寒くて寄り添ってみたりと、チャンスはたくさんあります!

絶対にキスをしなくては、と力まずにお互いがしたくなるタイミングを待つことが大切です。手を繋いだりする可能性も高いので、二人の距離もおのずと近づくはずです。

まっすぐ家路につくのではなく、公園などに寄り道をして、少しでも長い時間を一緒に過ごせるようにしてみるのもひとつのテクニックです。

高校から家まで、近すぎてすぐに付いてしまう方も多いでしょう。また、駅までしか一緒じゃないという場合もあるはず。公園のベンチで寄り添いながら、話しをしていれば、そのムードのままキスをされるかもしれません!

2.どちらかの部屋でお家デート

shutterstock_429064711

安心して二人きりの空間を作りだせるので、キスには最適なシチュエーション。個室で過ごす時間では初めは緊張しますが、距離が縮まりやすいのでキスのチャンスです。

また、基本的にファーストキスは男子のリードに任せたいと考える女子は多いため、男子の部屋でデートをすることをおすすめします。男の子の方もきっと同じ気持ちなはずです。

しかし高校生カップルにはお互いの親の都合もあるので、どちらかの親が不在の時に自宅に呼び込み、キスをするというのが鉄板のファーストキスのようです。

完全なるプライベート空間に招き入れるわけですから、それまでに相手との信頼関係もしっかりさせておかなければいけません。

付き合ってすぐの頃に部屋に呼ぶのは軽率。しかしいつまでたっても部屋に呼ばないのも、距離が縮まらない原因の一つとなるので、3回目くらいのデートで家に誘い、そこでファーストキスをするというのが一番多いケースです。

彼をいつでも呼べるように、清潔な部屋を維持しておきましょう!女の子の部屋というものは、男の子にとって夢の詰まった場所でもあります。思っていたのと違って幻滅、なんてことにならないように要注意です。

3.学校

ファーストキスの場所で、女子に人気の場所が学校なんだそうです。学生カップルにとっては身近でありながら、憧れのシチュエーション。

学校でのキスは、先生や友達に見られそうでドキドキしますが、早朝一番乗りで高校に登校すれば周りに邪魔もいないので、キスするにはうってつけです。

高校時代にしか体験できないシチュエーションなので、隠れたおすすめのスポットでもあります。誰かに見られるかもしれないというドキドキ感で、余計にテンションも上がるかもしれません。

人目や校則もあって、なかなかキスをするにはハードルが高いと思いますが、学生ならではのシチュエーションで思い出に残るファーストキスになるのでは。

4.プリクラ機の中

イマドキの若者ならではのシチュエーションと言えば、プリクラの機械の中。プリ機の中というのは、ある意味密室のようなものなので、キスをするには最適なシチュエーションです。

女子から勇気をもって「チュープリ(チューしながらプリクラを撮る)撮ろうよ」と言ってみましょう。きっと自然な流れで、好きな男子とキスすることができます。

カップルならプリクラを撮る機会は当然あるでしょうし、なんと言ってもファーストキスをそのまま記念におさめることもできるのが大きな魅力。また、今のプリクラは補正機能が優れているので、とても可愛い写真を残すことが出来るのもポイントです!

5.夜デートなら彼女の家の前でキス

夜デートをするなら、男子は家の前まで女子を送ってあげるようにしましょう。明るいうちなら駅で別れても問題ありませんが、暗い夜道を女子一人で歩かせるのは危険です。

女の子が「大丈夫だよ!」と言ったとしても、送っていく姿勢は見せた方がよいでしょう。何かあってからでは遅いです。

女の子が、家族に見られるのが恥ずかしいなどの理由で「家の前まではちょっと、」と渋るようなら、手前の角までなど少し配慮してあげましょう。

そして、別れ際にナチュラルな流れでキスをすれば、あなたのやさしさに女子もぐっとくるはずです!また、女の子は送ってもらうことに対して当たり前に思う素振りは見せないようにしましょう。

いくら好意でやっていたとしても、なんの感謝もされないと彼氏の方は少し不満に感じてしまうかもしれません。

6.カラオケボックス

家に相手を呼ぶのはハードルが高い、という高校生カップルもいるはず。家が厳しかったり、家庭の事情で個室がなかったりなど、キスする雰囲気ではない場合もあります。

そんな時、手短かに個室でふたりきりになれる場所がカラオケボックス。カラオケルームは狭い造りになっているので、二人の距離を縮めるのにぴったりです。

また、横に並んで座ることが多いので、スマートにキスする体勢を作れるのでおすすめです。外からもあまり見えない構造なので、キスだけでなく、手をつなぐこと、ハグをすることも同時にできます。

また、カラオケボックスは歌を歌うところですから、雰囲気づくりに大切な音楽も、いくらでも用意があります!

最初は緊張をほぐすためにも、明るくて乗りの良い曲を選び、だんだんムーディーな歌を選曲し気持ちを伝え、お互いが親密な雰囲気になったところでキスをすれば、自然とお互いの気持ちが高まった状態でキスをすることができます。

キスをするタイミング

キスをするタイミングもさまざまです。これを間違うと、少しぎくしゃくした空気になってしまったり、失敗した!と感じてしまう原因にもなります。

付き合うことになったとき

付き合うタイミングでキスをするのは、少し性急過ぎるかもしれません。しかしお互い最も気分が高まっているタイミングなので、ミスリードをしなければ、ナチュラルにキスができるはずです。

女子が告白されたらOKの返事と一緒に彼にキス、というのはドラマみたいでとても憧れますよね。告白した男性側としては、相手の気持ちをすぐに体感できて、ほっと安心できるのではないでしょうか。

しかし、なかには告白の返事をうやむやにするためにキスをする、という人もいるので、誤解を招かないためにもしっかりと言葉で返事をすることを前提にキスをするようにしましょう。

別れぎわ

デートの最後というのは名残り惜しいものです。実際に、駅で別れを惜しんでイチャイチャしているカップルを見たことがある人もいるのではないでしょうか。

高校生らしく、映画デートや公園デートで楽しく遊んだあとは、もっと一緒にいたい気持ちをぐっとこらえて夕方頃お別れしましょう。

なぜなら早く別れることにより、相手のことを考える時間が長くなり、いつまでもラブラブでいられる確率が高まるからです。

もうちょっと一緒にいたいけど帰らなきゃ…別れ際にはそんな想いや切なさが募ることで、ハグや彼女の頭をポンポンしたりして親密なコミュニケーションをとるカップルは多いことでしょう。

その流れで相手にキスをするというのはとても自然なこと。お互い好きで付き合っているわけですから、自信をもってキスに挑みましょう。

snsで共有するための動画撮影で

プリクラを撮るときにキスをすることも多いですが、最近ではスマートフォンの動画撮影アプリでキス動画を撮影することもあります。

10秒動画コミュニティのMixChannel(ミックスチャンネル)や、Snapchat(スナップチャット)でキス動画を撮影し、周りの友人に仲良しアピールをする高校生も多いようです。

メリットとしては、「動画撮ろうよ!」とキスではなく、あくまで動画撮影であることをアピールしながら自然にキスの流れに持ち込めるので、緊張しないでキスすることができます。

注意点としては、付き合ってる間はラブラブぶりを周囲にアピールできて良いかもしれませんが、別れてしまうと気まずい動画となってしまいます。

一度ネット上に流れたものは、消そうと思ってもなかなか簡単に消せないので注意が必要です。

キスのタイミングは自分で作る

タイミングは自分で作らないといけません。高校生ですから、初めはドキドキして、どうしていいかわからないかもしれませんが、ある程度の積極性は必要です。

必ずしも相手がリードしてくれるとは限らないので、ひたすらタイミングを待っていてもキスはなかなかできません。

例えば、相手を覗き込むタイミングでキスをしたり、不意打ちにキスをしたり、などさまざまです。イベントがある時期はデートを重ねることも多くなるでしょうから、タイミングを狙って自分から作っていきましょう。

ファーストキスのエピソード4選!

ファーストキスには、青春を感じるエピソードがたくさんあります。ここでは4つのエピソードを紹介していきますが、ぜひ友人や先輩など、身近な人のエピソードも聞いてみてください。ずっと彼とのファーストキスをイメージをしやすくなるはずです。

彼の家で

17歳の頃、当時付き合って1ヶ月くらいの他校の彼氏(同級生)の家に初めて行きました。家にはほかに誰もいなかったので、親にバレるかも、といった緊張感はなかったです。

ベッドで2人でくつろいでいると、おもむろに彼が顔を近づけてきてキスされました。感触はあまり覚えていませんが、フレンチキスだったと思います。

そのあと寝そべりながら数回キスをしたあと、ディープキスをされました。相手は経験者でしたが、こちらは経験が無かったので相手にすべてまかせましたが、自然にできていたと思います。

とにかく恥ずかしいのと幸せなのといろいろな感情がわき上がっていたのを覚えています。それ以上のことはその日はしなかったと思います。(20代・女性)

文化祭準備で

17歳のとき文化祭の準備のため、みんな放課後に居残りをしてよく喋ったり、遊んだりしていました。私のクラスではお皿やコップ、店の衣装など用意しなければならないものが多く、買い出しが大変でした。

荷物が多いので買い出しをペアでする予定だったのですが、私のペアの男の子が帰ってしまったので、仕方なく一人で学校を出ようとしたところ、隣のクラスの仲の良い男子が声をかけてくれました。

事情を話し手伝ってくれるということで、その事が嬉しくていつも以上に楽しく話していました。するといきなりキスされて、「お前の事が好きだから手伝うんだよ。」と告白されました。その後は、手を繋いで買い出しへと向かいました。(30代・女性)

喧嘩がきっかけで

当時高校生だったと言う事もあり、非常に奥手でした。最初はお友達感覚で付き合い始めて、共に月日を重ねる毎に異性として意識し始めたのを今でも覚えています。

高校の授業が終わった後、学校の屋上で二人で話をしていましたが、ひょんな事から言い争いになり喧嘩になりました。喧嘩の内容も実にくだらない事で、本当に自分の事を好きなのかとかそんな感じで彼女に怒られた記憶があります。

本当に好きなら、何故キスの一つもしてくれないのか?という彼女の問いに自分は、大切だから何かしたらこの関係が崩れてしまうのではないかと恐れていた感じでした。

でも、男ならそこまで言われて黙って帰すわけにも行かないので、喧嘩の途中で無理やり彼女にキスしました。(30代・男性)

告白の返事として

高校1年の16歳のときに、中学校の時に付き合っていて高校では学校が、違う高校になってしまった元カレから久々に会いたいっと連絡がきました。

久しぶりに会うことになり昔よく学校から一緒に帰っていたのですが、帰りにいっつも二人で行っていた、中学校の近くの川で待ち合わせをして、久しぶりに会いました。

いろいろと昔の話をしたりして楽しんでいると元カレが「もう一度やりなおさない?お前のことまだ好きなのんだけど。ダメかな?」っと言われて、私も同じ気持ちだったので、付き合うことになった時に、初めて男の人とキスをしました。

最初は普通のキスでしたがだんだん盛り上がってしまいディープキスになりました。初めてのキスだったので、すごくドキドキして心臓が破裂しそうでした。(20代・女性)

エピソードの中には、初めてのキスでディープキスまでいく人もいましたが、どうやってしたらいいかわからないという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事:高校生のためのディープキス講座:ディープキスする時に気をつけることは?

キスしやすい雰囲気をつくりだす

女子が受け身な場合、男子は積極的にならざるを得ないので、たくさん悩みます。女子のみなさんは、男子が積極的になりやすいよう、男子に安心感を与えるように心がけましょう。

ふたりの時間を楽しむ

まずは、ふたり一緒に過ごせる時間を楽しむこと。そうすれば自然とキスのタイミングはやってきます。仮にキスに失敗したとしても、落ち込むことはありません。大人になったらそれも甘ずっぱい青春の思い出になります。

まわりの同級生がキスを経験済みだったりすると、自分も早くしなきゃと焦ってしまう気持ちもわかりますが、人生に一度しかない初めてをぜひ大切にしましょう。

キスをしやすい場所に行く

計画的にキスをしたいのであれば、場所や回数、タイミングなどをよく考えて、デートプランを練る必要があります。

この記事で紹介したおすすめの場所を参考に、二人きりになれる場所へ行くのが簡単かもしれません。ムードを作り出すには多少ベタなデートコースになってしまいますが、お互い心の準備をしやすいはずです。

とはいえキスは、自分の気持ちを相手に伝えるという愛情表現のひとつなので、考えすぎずその場の雰囲気で行動に移してもいいのかもしれません。

キス用美容液を使う!

それでも、彼がなかなかキスしてくれないと悩んでいるなら、キス専用美容液ヌレヌレを使ってみるのがいいでしょう。

ヌレヌレには男性が思わず魅力的な唇と感じてしまうようなフェロモンが入っていて、つけているだけでキスしたいと思ってしまうようなリップとなっています。

彼との帰り道やデートでつけて彼をその気にさせましょう。あなたの醸し出す女の子の魅力に、彼もドキッとしてしまうかもしれません。

また、保湿力も抜群なので、普段から使用して自分の女子力を高めていくこともできます。普段使いにもデートにも使えるキス用美容液を、この機会に試してみましょう。

彼からキスしてもらうための美容液

Tags

ライター