裏表が激しい人は苦手…女性が女友達を嫌いになる瞬間7つ

せっかく仲よくしていた女友達なのに、嫌いなところが見えてしまって仲が悪くなったということはありませんか。

同性から見てどうもあの人つきあいにくい、あの人のあのしぐさが許せない、などの場面は結構多いように思います。では、どんな時に女友達を嫌いになるのでしょうか?

1.「ありがとう」が言えない

基本的な挨拶ができない女性は最低だと思います。自分のことしか考えないで、人にしてもらっているのに「ありがとう」の一言が言えない。

女友達が、ある瞬間にそんな礼儀知らずだとわかった瞬間はショックで嫌いになってしまいます。

2.おせっかい焼き

優しいとおせっかいははっきり言って違います。もちろん困っていたり、相談にのってくれたりするのはありがたい女友達です。でも、親しくなってくると、何でも「ねえ、どうしたの?」と聞いてくることがあります。

そんな女友達のはずじゃなかったのに、もううるさいなあ、嫌いだということになりますね。

3.人前で態度が変わる

人によって態度が大きく変わる女性がいます。それは、ふだん、友達としてお付き合いをしていてもなかなかわかりません。

そういう子は、人に優劣や優先順位をつけてしまって、態度があからさまに変わるのです。

例えば、普段はおとなしいのに、元気のいい人に出会うと変わるんです。そんな友達を見たら、一瞬で嫌いになります。 

4.男の人の前で自分を前面に出す

「媚びる女」ですね。男の人の前になると、積極的な行動に出る、そんな瞬間を見たら、いくら女友達でも嫌いになってしまいます。友達として不快感を覚えてしまいます。

もしそんな場面に出くわしたら、その女友達に会うときには男抜きのほうが不快感を覚えなくていいかもしれません。

5.人によって意見を変えている

調子よく話していたと思うと、人によって意見を変える、付き合う人によって変えるということがわかったら、そんな女友達は嫌いになってしまいます。

付き合っていて意見が合うのか、合わないのかがわからないので、これ以上付き合えなくなってしまいます。

6.悪口を言っていると分かった

当たり前のことですが、共通のお友達を通して情報が入ってきます。このような女性は同性みんなから嫌われますね。

少し気に入らない態度や言動をみんなに大袈裟に伝えるのがこの女友達の特徴です。そんなことがわかったら、その瞬間に嫌いになります。

7.私の方がすごいよ

自分が一番!と、他と比べたがる人もいます。何にでも優劣を作るんですね。それらを自分と比べて「私の方が上」と自慢をします。

「すごいね」と相槌を打たなくてはいけないので、とても面倒です。

Tags

ライター