ダメだとわかっていても止まらない…既婚者との恋愛の心理を徹底解説!

既婚者との不倫関係はやめた方がいい、というのが定説です。不倫は大きなリスクや痛手を伴うのは疑いようのない事実です。

しかし、相手が好きだという気持ちが止まらないのが恋愛というもの。

今回は既婚者との恋愛の心理・原因について5つの項目に分けて紹介します。

既婚者との恋愛のように大人な恋愛をしたいという人には、さまざまなタイプの相手と出会うことができるペアーズがおすすめです。

Pairsで出会いを探す

既婚者に恋に落ちてしまう原因

ダメだと分かっていても、なぜ既婚者を好きになってしまうのでしょうか?

価値観を共有しやすい

これは職場内恋愛に多いパターン。近年は結婚後も働く女性が増えているので、職場の人といる時間のほうがパートナーといる時間よりも長くなってしまうこともあります。

そこで考え方や価値観をお互い共有していくうちに親密になっていき、恋愛に発展していってしまうのです。

自分を認めてくれる

結婚して奥さんが出産をすると、奥さんは「お母さん」になり、旦那さんは家庭の生活の中で奥さんを「女」として見ることが少なくなっていくのです。

そこで、旦那さんとは違った目線で、日頃から仕事などの苦労を理解してくれるあなたを理解者だと認めてくれるために好きになってしまうのです。

スリルや刺激が欲しい

不倫は秘密の関係なので、スリリングな恋愛になります。実際にその関係が明るみに出てしまえば、裁判沙汰になってしまう可能性のある非常にリスクのある行動です。

旦那さんの奥さんに隠れて浮気をすることで味わう、背徳感や刺激が快感になり、ドップリとはまってしまうということも。

既婚者が魅力的に見えるから

結婚している人が魅力的に見え、アプローチするパターンがあります。

親密な関係になってはいけない、手に入れてはいけない人だと思えば思うほど、魅力的に見えてのめり込んでいくことが多いです。

既婚者との恋愛の悩み

次は、既婚者との恋愛に特有の悩みについてです。不倫関係の男女には、普通の恋愛にはないようなリスクや障害がたくさんあります。

付き合ってから相手が既婚者であることが分かる

出会って恋愛に発展していって、はじめて相手が既婚者だとわかった、ということもありえます。

この場合は、お互いが既婚者だと認識したうえで始まる恋愛よりも、一度に問題が押し寄せてくるので、より大変なことになりがち。

でも、恋愛において既婚者であることを隠すことは普通といえば普通でもあるので、割と頻繁に起こるのも事実です。

お金の出し方が問題に

もちろんデートを重ねていくと、それにつれてかかるお金も増えていきます。常に割り勘、お金をもっている方が出すなど、お金の出し方が問題になることがあります。

夫婦や独身同士ならオープンにいえるお金のことも、お互い別にある家庭の経済事情を話すのはなかなか難しい。お金の問題は、意外と大きな障害になります。

身近に相談できる人がいないというつらさ

不倫関係にある相手に関して、つらい気持ちを話したり、気楽に相談できる人が身近にいないことは大きな負担になることがあります。

独身なら友達や家族にも話せるようなことも、既婚者との恋愛となってはなかなかいいづらいことの方が多いでしょう。

SNSで相談するのも1つの手ですが、実際に会話ができる相手がいないのはとてもつらいこと。

そのようなときは電話占いなどで気軽に悩みを相談してみることもおすすめします。占い師の方に相談することでより良い解決策を与えてくれるかもしれません。

占いの種類が20種類以上ある電話占いココナラでは、新規会員登録をされた方限定で3,000円無料のクーポンをプレゼントしています。最大30分間無料で電話相談することができるので、これを機に登録してみてはいかがでしょうか。

電話占いココナラで悩みを相談する

不倫の線引きが難しい

二人だけで食事に行ったら不倫になるのか、メールやLINEでやりとりするだけで不倫になるのか、既婚者同士の恋愛ではその線引きが難しいところがあります。

法律上の不倫の定義は肉体関係があることですが、どの辺までいったら危ないかの線引きが、不倫には難しいところがあります。

キスやハグ、手を繋ぐといったものだけでは不貞な行為として認められにくいため、そこで留まっていられたら不倫にはならないと考える人も多いのではないでしょうか。

加えて、お互いに恋愛や結婚を経て、独身同士よりも異性に対する経験値が似通っているところもあって、どこまでという線引きが緩くなっていることもあります。

気がついたら関係が深くなっていた、ということも不倫の怖さの一つ。

プラトニックで終わることも多い

素敵な人だと思っても、既婚者は家庭にベースがあるので、プラトニックなまま終わることも多いです。

家に帰ったら家庭の団欒があるし、配偶者や子供が病気になったら、不倫相手のことは構っていられなくなることも。既婚者との恋愛は家庭を抜きに考えられないのです。

相手の配偶者から訴えられることもある

相手の配偶者に不倫関係がばれてしまった場合、訴えられることもあります。

既婚者との恋愛の最大のトラブルが起こってしまうのです。精神、体力、金銭のダメージは深刻なものになるでしょう。

近場でデートができない

地元だと誰かに見つかってしまうリスクが大きくつきまといます。そこで遠方まで出掛けてデートをする必要が出てきます。

もしくは、遠方のラブホテルでフリータイムで部屋を取っていちゃいちゃするのが定番コースなんだとか。

実は、元々友達の関係だった

学生時代からの長い友達付き合いだったけど、お互いが結婚したことにより、逆に何かが吹っ切れてしまい恋愛に発展するパターンもあるようです。

この場合、友人だった期間が長かったので、配偶者よりもお互いのことが分かり合えるけど、結婚はしないという不思議な関係になりがち。

実は周りに不倫している事がバレている

2人だけの秘密の関係だと本人同士は思っていても、実際は誰かしらにバレている事も多くあります。

同じ職場なら、同僚や先輩後輩たちに密やかに噂されてたり、誰にも会わないように遠くにデートに行っても、実は誰かに二人で出掛けているところを見られていたりという事も。

また、実の妻や夫にも、スマホを見られていてバレてしまうというリスクも多いにあります。

既婚者との恋愛で気をつけるべきポイント

リスクを負ってでも相手を思う気持ちが止められなかったら?既婚者との恋愛に発展してしまった場合に、気をつけるべき点を紹介します。

既婚者を好きになってしまった時の対処法を知りたい方は、「既婚者を好きになってしまった:片思いした時の対処法と注意すべきこと」も合わせて読んでみてください。

お互いの家族にバレないようにする

当たり前の事ですが、家族に不倫がバレるような事態は避けるべきです。

最近外出が多くなった、帰りも遅い、と家族に不信感を持たれないようにすることが重要なポイントです。

音楽の趣味が変わったという意外な理由から気づかれるケースもあるようです。言うまでもありませんが、SNSなどでの相手とのやりとりを見られないようにすることも忘れずに。

不倫に伴うリスクを理解する

不倫をしていることで負う様々なリスクを考えてみたことはありますか?

軽い気持ちで不倫していたはずなのに家族にバレて離婚になってしまった場合、周囲からの信頼を失ってしまいます。

また、愛する子どもに会うことが出来なくなってしまうことも。

不倫にはそういった大きなリスクがある事を知っておく必要があります。

金銭面を曖昧にしない

デートを重ねると、現実問題としてお金がかかります。

どちらか一方、または二人共に余裕があるのなら問題はありませんが、お金の出し方についてはしっかりと話し合う必要があります。

現実から目をそらさない

相手に、結婚生活を精算して新たに歩みだそうという決意がない時は、不倫を辞める事が必要です。

冷静になり、何が本当に大事なことなのか考えてみる時間を作りましょう。

将来を考えてみる

上に通じるものがありますが、お互いに愛し合っていると思っていても、不倫関係のままでは解決にもなりません。

そのままの関係を続けていくことも出来るかもしれませんが、この先も不倫がバレずに上手くやっていける保証はなく、必ずリスクが付きまといます。

どちらを選ぶにしても、自分自身できちんと考え、答えを出すことが大事です。

既婚者と恋愛している人が守っていること

不倫は状況によって定義するのは難しいものの、法律上により不貞行為として認められ、相手に訴えられる可能性があります。

どのようにしたら配偶者の目をくぐり抜けられるのでしょうか?

バレない連絡方法を徹底すること

電話やSNSで連絡を取ると、家族に怪しまれるリスクが高まります。

yahooメールなどのフリーメールを連絡手段にすると、ログイン画面しか表示されず、不倫の発覚を防止できます。

自分本位の要求は避けること

恋愛をしていると、相手を独占したい気持ちが出てきたり、相手の気持ちを確かめたくなったりすることもあるでしょう。

また、休日も2人のために時間を使ってほしい、使いたいと考えていたままでは、関係をキープすることは難しいです。

あらかじめ2人で話し合って、毎回会う日時を固定したり、SNSでやりとりをする頻度などのルールを作ってみてはいかがでしょうか。

自分のなかの優先順位を確認すること

最後に、自分の生活スタイルや、人生プランについて考えてみましょう。

何が自分にとって一番大事なのか、優先順位を考えることも、良好な関係を継続させるための糸口です。

相手のためだけではなく、自分のために使う時間を有意義にすることで、ちょうどいい2人の距離感を見つけられるかもしれません。

既婚者との恋の忘れ方

会いたいのに会えない。好きなのに一緒にいられない。既婚者との恋は苦しいことばかり。

好きだけど、この恋に終止符を打つと決断したあなたに、恋の忘れ方をお教えします。

彼以外にも候補はいるはず!

本当にその既婚者以外に恋愛相手はいないのか考えてみてください。彼以外に選択肢を持っていないから、執着してしまうということもありませんか。

好き、という感情は、「会いたくても会えない」という状況が作り出していることもあります。ちょっとだけ深呼吸して、冷静になってみてください。

マッチングサービスのPairsなら、彼以外にも新しい刺激を与えてくれる人も見つけることができます。

Pairsは登録者数が600万人と大規模で、30~40代の方々も多く登録しているので、理想のお相手を見つけることができるでしょう。

Pairsで理想の中年男性と出会う

本当にその人じゃなきゃいけないか考えてみる

彼のことを考えると涙が止まらない。会いたくて仕方ない。彼と会えると思っただけで心がぎゅっとなる・・・。

でも、ちょっと待ってください。それ、恋に酔っている可能性はないですか?

不倫の恋が長く続いたあなたには、彼という存在が特別美化されたものになっている可能性があります。

ちょっと恋をお休みしてみませんか?

休憩して、それから素敵な恋をしましょう。その人を忘れるために、新しいことを始めるのも1つの手です。

おすすめなのはジムに通うこと。何かに没頭している間は辛いことや悩み事も忘れられますよね。ジムで運動を続けていれば、彼のことを忘れられるだけでなく、美しい身体も手に入れることができるので一石二鳥です。

シェイプスは女性専用のトレーニングジムで、男性の目を気にすることなくトレーニングすることができます。初回のカウンセリングは無料なので、まずは一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

シェイプスの公式サイトをチェックする

まとめ

相手を素敵だと思ってしまっても、既婚者との恋愛を発展させるとリスクはとても高くなります。新しいことを始めたり、新しい恋人を探すことで、今の不倫関係から離れる努力をしてみてはいかがでしょうか。

最後に、相手への気持ちをバネに、自分磨きや新しい恋を始めたい、という方にマッチングサービスのPairsをおすすめします。

Pairsを通じて、結婚したという報告も多数あり、既婚者の彼との恋愛では諦めていた結婚ができるかもしれません。

新しい出会いを、Pairsで探してみましょう!

Pairsで出会いを探す

こちらもぞうぞ→好きな人が既婚者だった!既婚者に片思いした時の対処法19選

Tags

ライター