カップル

ダメだとわかっていても止まらない…既婚者との恋愛徹底解説!

既婚者同士の恋愛は止めた方がいい、というのが定説です。W不倫ですから、巻き込む人数も普通の不倫の倍になるいうことになります。リスクが大きすぎて、痛手も大きいです。それでも相手を好きという気持ちが止まらないというのが恋愛というもの。

今回は既婚者との恋愛・既婚者同士の恋愛について5つの項目に分けて紹介します。

「今の相手は好きだけど、既婚者との恋愛に疲れた」という方は、心機一転してPairsで新しい恋の相手を探してみませんか?

Pairsで新しい恋の相手を見つける

既婚者同士が恋に落ちてしまう原因

お互いに家庭があるにも関わらず、なぜ既婚者を好きになってしまうのでしょうか?

同じ環境にいるので、価値観を共有しやすい

これは職場内恋愛に多いパターンです。近年は結婚後も働く女性が増えています。仕事をしていれば、職場の人といる時間のほうがパートナーといる時間よりも長いです。

考え方や価値観をお互い共有していく内に親密になっていき、恋愛に発展していくことがあります。

夫婦関係が冷めきっている

夫婦関係が破綻していると、家庭が居心地悪くなります。そうなると、自然と外に癒しを求めてしまいます。自分の心がすさんでいるときに、自分に好意的な感情を持っている人や、魅力的な人に出会うと、恋に落ちてしまいます。

自分を認めてもらいたい

これは女性に当てはまりやすい心理です。

結婚して出産すると、子どもから「お母さん」と呼ばれます。すると旦那さんも「お母さん」と言ってしまうことがあります。女性は家庭での生活の中で「女」として見られることが少なくなっていきます。

旦那さん以外と恋愛をし、自分が「女」として認められると、辞められないケースが多いです。

スリルや刺激が欲しい

夫婦関係は良好、何不自由ない生活を送っていても、浮気をしてしまうケースもあります。

仕事や家事ばかりの生活を送っていると、日々の生活に張り合いがなくなります。旦那さんや奥さんに隠れて浮気をすることで、「スリル」や「刺激」を味わうことが快感になり、ドップリとはまってしまいます。

既婚者が魅力的に見えるから

「隣の芝生は青い」ということわざがあるように、結婚している人が魅力的に見え、アプローチするパターンがあります。

親密な関係になってはいけない、手に入れてはいけない人だと思えば思うほど、魅力的に見えて、のめり込んでいくことが多いです。

既婚者同士の恋愛の悩み

次は、既婚者同士の恋愛特有の悩みについてです。普通の恋愛にはないような障害がたくさんあります。

付き合ってから相手が既婚者であることが分かる

出会いの場が職場や同窓会、PTAなど、相手の関係がわかるところであると、お互いが既婚者であることを認識できますが、いまは出会いの場がSNSにも広がっていて、相手が既婚者であることがわからない場合もあります。

出会って恋愛に発展していって、はじめて相手が既婚者だとわかった、ということもありえるわけです。

この場合は、お互いが既婚者だと認識したうえで始まる恋愛よりも、さらに一気に問題が押し寄せてくるので、よけい大変なことになりがちです。

でも、恋愛には既婚者であることを隠しているというのは普通といえば普通でもあるので、割と頻繁に起こります。W不倫をする覚悟がないカップルは、このことが発覚した時点で別れを選ぶこともあります。

お金の出し方が問題になることがある

デートを重ねると、現実問題としてお金がかかります。男性は自分のおこづかいを減らして、女性はへそくりを持ち出して、デート代にしているということも往々にしてあります。

そのため常にワリカン、あるいはケースバイケースでお金をもっている方が出すなど、お金の出し方が問題になることがあります。

夫婦や独身同士ならオープンにいえるお金のことも、お互い自分の家庭の経済事情はいいたくないでしょうから、お金の問題は、意外と大きな障害になります。

身近に相談できる人がいない

W不倫の場合、つらい気持ちを話したり、気楽に相談できる人が身近にいない場合が多いです。独身なら友達や家族にも話せるようなことも、不倫、それもW不倫ですから、なかなかいいづらいことの方が多いでしょう。

SNSで相談するのもいいですが、実際に話ができる相手がいないのは、やはりつらいです。

家庭内に共通の悩みがある時は、つきあいが深くなる

セックスレスや性格の不一致など、既婚者同士が家庭に共通の悩みをもっている時は、つきあいが深くなって、互いに不倫相手と別れることが大変になってきます。

遊びと割り切ってつきあうならともかく、関係が深くなると精神的にも追い込まれていきがちです。お互いが離婚といった法律上の手続きをとって、新しい生活を始めるぐらいの覚悟が必要になってきます。

不倫の線引きが難しい

二人だけで食事に行ったら不倫になるのか、二人で酔った勢いでボディータッチしただけで不倫になるのか、メールやLINEでやりとりするだけで不倫になるのか、既婚者同士の恋愛ではその線引きが難しいところがあります。

法律上の不倫の定義は肉体関係があることですが、そこに至るまでの経過で、どの辺までいったら危ないかの線引きがW不倫の場合には難しいところがあります。

お互いに恋愛や結婚を経てきて、独身者同士よりも異性に対する経験値が似通っているところもあって、どこまでという線引きが緩くなってしまうところがあるのです。

いつのまにか気がついたら関係が深くなっていた、ということもあります。

プラトニックで終わることも多い

素敵な人だと思っても、既婚者同士は家庭がベースにあるわけですから、プラトニックなまま終わることも多いです。むしろ、そのまま終わることが普通といってもいいぐらいです。

家に帰ったら家庭の団欒がありますし、配偶者や子供が、もし病気にでもなったら協力しなければなりません。既婚者は家庭を抜きに考えられないのです。

両方の配偶者から訴えられることもある

相手の配偶者に二人の関係がばれてしまってオープンになった場合、当然、こちらの配偶者にも知られてしまい、双方の配偶者から訴えられることもあります。

既婚者同士の恋愛の最大のトラブルが、起こってしまうのです。双方の金銭的なダメージは深刻なものになるでしょう。

近場でデートができない

お互いの地元だと、身バレや噂になってしまうためデートができない事が多いため、遠方まで出掛けるデートをする必要があります。

もしくは、遠方のラブホテルでフリータイムで部屋を取っていちゃいちゃするのが定番コースなんだとか。

実は、元々友達の関係だった

学生時代からの長い友達付き合いだったけど、お互いが結婚したことにより、逆に何かが吹っ切れてしまい恋愛に発展するパターンもあるようです。

この場合、友達期間が長かったので、配偶者よりもお互いのことが分かり合えるけど、結婚はしないという不思議な関係になりがち。

実は周りに不倫している事がバレている

自分たち2人だけの秘密の関係だと本人たちは思っていても、実際は誰かしらにバレている事が多いです。

相手が同じ職場なら、同僚や先輩後輩たちに密やかに噂されてたり、誰にも会わないようにわざわざ遠くにデートに行っても、実は誰かに二人で出掛けているところを見られていたりという事も。

また、妻や夫にも、実はスマホを見られていてとっくにバレていたって事も多いです。

既婚者同士の恋愛で気をつけるべきポイント

リスクを負ってでも相手を思う気持ちが止められなかったら?万が一既婚者同士の恋愛に発展してしまった場合に気をつけるべき点を紹介します。

お互いの家族にバレないようにする

当たり前の事ですが、家族に不倫がバレるような事態はなるべく避けるべきです。

本気で家族と別れて不倫相手とやり直したいと考えていれば話は別ですが、一時の感情で家族を巻き込んではいけません。

最近外出が多くなった、帰りも遅い等と家族に不信感を持たれないようにすることが重要なポイントです。

不倫に伴うリスクを理解する

不倫をしていることで負う様々なリスクを考えてみたことはありますか?

軽い気持ちで不倫していたはずなのに家族にバレて離婚となってしまった場合、慰謝料や養育費の支払いだけでなく、周囲からの信頼を失う事にもなりかねません。

また子どもに会うことが出来なくなってしまう事態も起こりえるのです。

不倫にはそういった大きなリスクがある事を知っておく必要があるでしょう。

金銭面を曖昧にしない

デートを重ねると、現実問題としてお金がかかります。家族にバレてはならないので男性は自分のお小遣いを減らして、女性はへそくりを持ち出して、デート代に充てているケースが多いのではないでしょうか?
どちらか一方、または2人共に余裕があるのなら問題はないのですが、そうでなければお金の出し方についてはしっかりと話し合う必要があります。

家庭を壊してでも良いのなら別ですが、ゲーム感覚で楽しむならば、金銭面は曖昧にせず特に気をつけるべきです。

現実から目をそらさない

セックスレスや性格の不一致など、既婚者同士が家庭に共通の悩みを持っている時は、付き合いが深くなってしまい、関係を終わらせる事が困難になってしまう事があります。

お互いの結婚生活を精算して新たに歩みだそうという決意があるわけではないのなら、すっぱりと不倫を辞める事も時には必要です。

同じ悩みで繋がっていると燃え上がっても、結局はお互いに問題から目をそらしているだけ、冷静になり何が本当に大事なことなのか考えてみてください。

将来を考えてみる

いくらお互いに愛し合っていると思っていても、不倫のままではなんの解決にもならないことは理解できるでしょう。

ズルズルと関係を続けていくことも出来るかもしれませんが、この先もずっとバレずに上手くやっていける保障は何もありません。

どちらを選ぶにしても、自分自身できちんと考えたうえで答えを出すことが大事です。

既婚者と恋愛している人が守っていること

そもそも不倫は法律上の不貞行為であり、相手に訴えられる可能性があります。

そんなリスクを負ってまで、不倫する人はどのようにして配偶者の目をくぐり抜けているのでしょうか?

バレない連絡方法を徹底すること

電話やSNSで連絡を取ると、家族に怪しまれるリスクが高まってしまいます。履歴を削除しても相手は忘れずに消しているのか、本当に疑われていないか不安になってしまうもの。

例えば、yahooメールなどのフリーメールを連絡手段にすると、ログイン画面しか表示されず、不倫の発覚を防止できます。

自分本位の要求は避けること

恋愛をしていると、相手を独占したい気持ちが出てきたり、相手の気持ちを確かめたくなったりするかもしれません。

例えば休日も2人のために時間を使ってほしい、または使いたいなんて考えるようでは、関係をキープすることは難しいでしょう。

あらかじめ2人で話し合ってルールを作っておくといいかもしれませんね。

自分のなかの優先順位を確認すること

最後に、自分の生活スタイルや、人生プランについて考えてみましょう。

何が自分にとって一番大事なのか、優先順位を考えることも、良好な関係を継続させるための糸口です。

相手のためだけではなく、自分のために使う時間を有意義にすることで、ちょうどいい2人の距離感を見つけられるかもしれません。

既婚者との恋の忘れ方

会いたいのに会えない。好きなのに一緒にいられない。既婚者との恋は苦しいことばかり。

好きだけどさよなら・・・。

この恋に終止符を打つと決断したあなたに、恋の忘れ方をお教えします。

彼以外にも候補はいるはず!

本当に彼以外にはいないのかよく考えてみてください。彼以外に選択肢がないから、彼に執着してしまうということもあるのではないでしょうか。今、あなたが好きだ!と思っている感情は、もしかしたら「会いたくても会えない」という状況が作り出している可能性があります。ちょっとだけ深呼吸して、冷静になってみてください。

「でも普段の生活では出会いなんてない!」という方におすすめなのがPairsです。こちらではFacebookを使用した認証の方法をとっているので、安心して男性と出会うことができます。

Pairsで素敵な人と出会う

本当にその人じゃなきゃいけないか考えてみる

彼のことを考えると涙が止まらない。会いたくて仕方ない。彼と会えると思っただけで心がぎゅっとなる・・・。

でも、ちょっと待ってください。それ、恋に酔っている可能性はないですか?

不倫の恋が長く続いたあなたには、彼という存在が特別美化されたものになっている可能性があります。

ちょっと恋をお休みしてみませんか?

ちょっと恋を休んでもいいんです。休憩して、それから素敵な恋をしましょう。

おすすめなのはジムに通うことです。なにかに没頭している間は辛いことや悩み事も忘れられますよね。ジムで運動を続けていれば、彼のことを忘れられるだけでなく、美しい身体も手に入れることができるので一石二鳥ですね。

シェイプスは女性専用のトレーニングジムで、男性の目を気にすることなくトレーニングすることができます。初回のカウンセリングは無料なので、まずは一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

シェイプスの公式サイトをチェックする

まとめ

既婚者の恋愛の難しさをわかっていただけましたか。

異性を素敵だと思うのは自然なことですが、既婚者の場合、恋愛に発展させることはタブーです。

相手への気持ちをバネに、自分磨きや新しい恋の相手探しをしてみませんか?Pairsで出会ったカップルが結婚したという報告も多数あり、既婚者の彼との恋愛では諦めていた結婚ができるかもしれません。

Pairsで新しい恋を始める

こちらもぞうぞ→好きな人が既婚者だった!既婚者に片思いした時の対処法19選

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です