ハッピーメールにいるサクラの見分け方:別サイトに誘導されたら注意!

photo-1461669802687-84a1aee43a29

ハッピーメールにいるサクラの見分け方:別サイトに誘導されたら注意!

出会い系サイトの老舗、ハッピーメール。出会い系サイトといえばサクラがいるイメージですが、実際サクラはどうやって見分ければいいのでしょうか?

他の出会い系サイトに誘導しようとする悪質なサクラが、最近増えてきているようなのです。

悪質なサクラの実態

よく「出会い系サイト自体がサクラを雇っている」という噂を聞きます。

しかしハッピーメールは利用者が多いため、売り上げが安定しています。サクラを雇って、これまで積み上げてきた信用を裏切るようなことは考えにくいのです。

ここでいう悪質なサクラとは、他の出会い系サイトを運営している悪質な業者に雇われたサクラのことです。

このようなサクラに引っかかると、別の目的のサイトに登録を促され、そのサイトでたくさんお金を使わされることになるかもしれません。

では、悪質なサクラがよく使う手口のパターンを紹介します。利用者同士やり取りする場合は、参考にして下さい。

いきなりLINEのIDを送ってくる

ハッピーメール内のやり取りで、いきなりLINEのIDを送ってくる場合です。普通に考えても、こんな人は性別関わらずいません。

ハッピーメールのサポートでも「初回から個人情報を知らせる女性会員は、悪質な業者の可能性がありますのでご注意ください」との警告文が出されています。

いきなり個人情報を教えてくる相手には注意しましょう。

LINEで適当なやりとりを2~3回してくる

サクラサイトへ誘導するために、LINEを繋いだあとは2~3回やりとりをしてきます。こちらの発言はまるで無視した一方通行の会話なので、すぐに気づけるでしょう。

それでも誘導されてしまった人は、一呼吸置いて冷静になる時間が必要です。

それでも誘導されてしまった場合

誘導先は、一見普通のブログや個人が運営しているサイトに見えるでしょう。しかしLINEの相手に読者登録などを促されます。

読者登録フォームにメールアドレスをいれて送信してしまうと、悪質なサクラ出会い系サイトに登録してしまうことになりかねません。そのブログ自体が嘘で作られたもので、実際は悪質サイトへの玄関口なのです。

悪質サイトに登録したらどうなる?

悪質サイトに移動しても、LINEの相手はいます。ですが名前は同じでも、中の人は別の人物にバトンタッチしているのです。

ハッピーメールで声をかけてきた人は誘導業者で、悪質サイトで同じ人物を演じているのはまったくの別人。その別人と、今度は悪質サイトでやりとりをすることになります。

誘導業者には誘導成功の報酬が支払われるため、騙された利用者からその倍以上の金額を搾り取ろうとするでしょう。

女性だからといって安心できない?

中には男性のサクラも存在しています。年収1000万以上でイケメンで高身長など、ありえない好条件の男性からコンタクトがあった場合は、警戒したほうが良いでしょう。

万が一サクラではなかった場合も、単純に嘘をついているだけの利用者かも知れませんので、どの道避けた方が無難です。

サクラの見分け方

サクラの見分け方は簡単です。他サイトに誘導してきた場合、業者だと思って諦めることです。相手が好みの異性であれば、どんなに疑わしくても信じたいという気持ちが優先されますが、悪質なサクラはそのことをよく知っています。

ハッピーメール内やLINEであればやり取りしていても害はなさそうですが、他のサイトを紹介してきた時点でその人は諦めましょう。

出会い系にいるサクラはどんどん進化を続けています。ハッピーメールなどの老舗サイトがどんなに対策を練っても、ありとあらゆる手口で利用者を騙そうと隙間をかいくぐってくるのです。

そのような業者に足元を見られないよう、普段からサクラに対する警戒をしながら利用しましょう。

ハッピーメールに参加する

ハッピーメールの口コミや料金が気になる方はこちらもどうぞ⇒ハッピーメールの口コミ:費用・遊び方などを解説

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です