手に入りやすい除毛器で清潔に!おすすめの除毛器をご紹介♡ 

今回は除毛器についてご紹介します。
脱毛サロンや光脱毛器での脱毛に費用の面で悩んでいるのであれば、まずは除毛器を使ってみませんか?

光脱毛器を使う前や脱毛エステに行く前に、除毛器を使うのもおすすめです。
今回は除毛と脱毛の違いを説明しながら、除毛器の効果的な使い方をご紹介します。

除毛と脱毛の違い

除毛と脱毛。2つは似て非なる言葉です。
検索サイトで除毛器と検索すると脱毛器がたくさんヒットしますが、除毛と脱毛では毛の処理方法がまったく違います。

除毛器による処理方法

除毛は毛抜きやカミソリなどにより、毛を途中でカットする方法をいいます。
除毛器によるムダ毛の処理効果は一時的なものとなります。

脱毛器による処理方法

脱毛はレーザーを毛の黒い色素に反応させ、毛乳頭(毛の生える大元)を熱で破壊させて、毛が生えないようにする方法を言います。
毛は、生える→伸びる→抜けるというサイクルで成長します。脱毛器を使った脱毛は、そのサイクルの、生えるのタイミングで毛の大元を破壊させて毛を生えなくさせるので、生えなくなると効果はほぼ永久です。ただし、完全にツルツルになるまでの期間は、数か月におよびます。

自宅で本宅脱毛と美顔が1台で!「脱毛器ケノン]

除毛器の使い方

除毛器は脱毛器よりも価格が安く、お求めやすいのが特徴です。

光脱毛の前に

レーザーなど光による脱毛をする前は必ず、毛を剃らないといけません。毛乳頭に効果的に熱を伝えるためです。よって脱毛中は定期的にカミソリで処理をする必要があります。脱毛で強い光を当てて肌に負担をかける前に、カミソリまけを起こしたり、肌をがさがさに荒らしたくないですよね。

その時にお使いいただくのが除毛器です。カミソリタイプの除毛器、パナソニックのフェリエボディ用がおすすめです。
剃り残しが目立たないようにメーカーは除毛器に使うカミソリの刃には細心の工夫を凝らしているので、剃り跡はとてもきれいになります。
自宅で光脱毛器で脱毛する方は除毛器もセットでご購入いただくとよいでしょう。脱毛サロンで脱毛する方はサロンに行く前にお使いください。

除毛器はビキニラインのような狭い部位から手足のように広い部位まで使えます。除毛器は簡単に持ち運びできるようなコンパクトな設計になっていますので、気になったときにささっと使えます。

コストをあまりかけたくない時

脱毛サロンでの脱毛は、ほぼ永久に脱毛できるといった効果がありますが、次のデメリットがあります。
・複数の部位を脱毛するとなると、費用が数万では済まなくなる。
・毛の成長に合わせて予約をとり、定期的に通う必要がある。
・そもそも脱毛サロンが遠すぎる。
光脱毛器の購入を検討した場合、ネックとなるのが費用です。高性能の光脱毛器が高価するため、価格の面で躊躇される方もいらっしゃるかと思われます。
毛を抜くタイプの除毛器、パナソニックのソイエは、やわ肌ガードを搭載することで、肌に負担をかけることなくムダ毛を連続的に抜くことができるのが特徴です。。
毛が伸びたら抜くことを繰り返していくうちに、毛がだんだん生えてこなくなってきます。「眉毛をいつも抜いていたら生えてこなくなった」というのと同じ現象です。ヘッドを交換する必要がありますが、脇だけでなく、手足にも使うことができるのがいいですね。
光脱毛器と比べて価格が安いです。

脱毛器「ケノン」

男女問わず、お顔の脱毛からボディ、デリケートゾーン、足の指先まで、ほぼ全身の脱毛ができます。肌状態に合わせて、10通りの出力調整が可能で、よりお肌に負担なく、効率良くムダ毛の処理ができます。

日本国内だけで、ご愛用者は、なんと40万人!40種類以上の脱毛器の販売を手掛けてきた、脱毛器を知り尽くした専門家が生み出したケノンだからこそ、多くの方から支持されています。

最後に

今回は除毛器についてご紹介いたしました。いかがだったでしょうか。
脱毛サロンや光脱毛に比べて、ムダ毛はすぐに生えてくるといったデメリットはありますが、価格や気軽さといったメリットがあります。
気になった除毛器がございましたら、ぜひ使ってみてください。

自宅で本宅脱毛と美顔が1台で!「脱毛器ケノン]

Tags

ライター