photo-1470151071216-7766fa1e4b75

綺麗な肌になるには?肌荒れの原因と対策を解説

大きなニキビが同じところに何度もできる。高価な化粧品を使ってるのに、肌荒れが良くならない。こんな悩みはありませんか?

生活習慣を見直せば、化粧品を変えなくても奇麗な肌になれるかもせしれません。

肌が荒れる原因

綺麗な肌になるためには、まず原因が何なのか知ることが大切です。

肌の新陳代謝が乱れている

赤ちゃんの肌は、ツルツルでふっくらとして気持ち良いですよね。それは、肌の新陳代謝が正常に行われているからです。

正常な肌は、常に新しい肌細胞が生まれているので、ツルツルの奇麗な状態になります。

逆に新陳代謝が乱れている肌は、ニキビや毛穴が目立つ荒れた状態です。

内臓の不調

「便秘の時はニキビができる」「ニキビのできる場所でどこの臓器に毒素が溜まっているかわかる」などと聞いたことはありませんか?

肌は臓器の状態をうつす「鏡」とも言われていますね。特に、肝臓の働きが弱っていると体内の毒素が血中に回ってしまい、肌荒れの原因となります。

便秘の時にニキビができるのは、体外に排泄しようとしていた毒素が体内に留まってしまい、血中に吸収された毒素が肝臓で処理しきれなくなり、なんとか毒素を体外に出そうとするからです。

食べ過ぎと栄養不足

外食や無理なダイエットなどを続けると栄養が偏りますよね。そういった生活が続き、ビタミンやタンパク質が不足すると、肌が乾燥したりニキビの原因となります。

また、逆に食べ過ぎても肌荒れが起きてしまいます。チョコレートやナッツ類などを食べすぎるとニキビができますよね。

それは取りすぎた油分が酸化して、肌に悪影響を与えているからです。当然、アレルゲンも肌荒れの原因となります。

アレルギーを引き起こす食品、素材、環境などは個人差があるので、気になる人は慢性化する前に病院で検査してもらいましょう。

生活習慣が乱れている

昼夜逆転の生活や睡眠不足は肌荒れを招きます。午後10時〜午前2時の4時間は「ゴールデンタイム」と呼ばれ、肌と身体にとって大切な時間帯です。

この時間に睡眠を取れないと、日中のストレスや疲れ、ダメージを修復することができません。

ストレスを感じている

ストレスによりホルモンバランスが乱れると、肌に悪影響がでます。特に女性の肌は、女性ホルモンによって調子を左右されるので注意が必要です。

60日間返金保証!肌トラブルでお肌がピンチな方へ!

綺麗な肌になるための対策

では、綺麗な肌になるためには、どのような対策があるのか見ていきましょう。

肌の新陳代謝を上げる方法

まず、乱れた肌のターンオーバー(新陳代謝)を正常に戻す方法を紹介します。肌のターンオーバー(新陳代謝)の周期は約4週間と言われています。

肌荒れが続くのは、これが正常に行われていないからです。特に、睡眠不足や不規則な生活を送っていると、自律神経の乱れからホルモンバランスが崩れていきます。

そうすると、女性の美しい肌を作る時に働く女性ホルモンの分泌が減ってしまい、肌のターンオーバー(新陳代謝)が遅れてしまいます。

ターンオーバーを上げるためには、睡眠をしっかりとり規則正しい生活を送ることが大切です。これは生活習慣が乱れている人にも当てはまります。

内臓の不調からの肌荒れ対策

いつも同じ場所にニキビができる人や肌荒れがひどい場合には、内臓が弱っているのかもしれません。慢性的な不調は、重篤な疾患が隠れていることがあるので、心配な人は専門機関に診てもらうことをおすすめします。

しかし、そうなる前に対策をしたいですよね。ではまず、肌と密接な完成にある「肝臓」をいたわりましょう。

肝臓は、有害物質や添加物などの身体に不要な毒素を分解して、体外に排出する器官。添加物の多い食品やアルコールを取りすぎると、肝臓に負担がかかり働きが鈍くなっていきます。

そうすると、なんとか毒素を体外に排出しようとして肌荒れやニキビなどが発生します。内臓不調が気になる人は、なるべく添加物の多い加工食品を避けて、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

これは、便秘の時も同じような考え方です。便秘がちの人は、食物繊維と水分を意識的に取り、必要に応じてヨーグルトなどの腸内環境を整える食品を食べるようにしましょう。

肌荒れにはビタミンBとC

忙しいと、栄養バランスの良い食事を毎日続けるのは難しいですよね。かと言って、外食・コンビニ弁当・加工食品に頼っているといつのまにか栄養不足に陥っていることがあるので注意が必要です。

そこで便利なのが、ビタミン剤です。最近は薬局、スーパーなどで手軽に手に入りますよね。

すべてのビタミンが入ったサプリが理想ですが、肌荒れ対策に大切なのがビタミンBとCです。

ビタミンCは抗酸化作用があり、ビタミンBは肌の皮脂分泌を調整してくれます。

ビタミンは水溶性で、すぐに体外に排出されてしまうので、一度にたくさん摂取するのではなく、1日3回食後に飲むなど工夫しましょう。

ストレスからの肌荒れ対策

肌荒れ以外にも様々な不調を生み出す「ストレス」は、ほんとうに厄介ですね。運動、買い物、温泉、マッサージなど、人によって発散の方法は様々です。

ストレスは溜め込まずに、自分に合った方法でどんどん発散していきましょう。職場や学校などでの精神的ストレス意外にも、生活習慣の乱れ・食生活の乱れなど、自分では気付かないうちに身体にストレスを与えていることもあります。

心当たりのある人は、出来ることから生活を変えてみてください。化粧品に頼らずとも、肌荒れが改善できるかも!

60日間返金保証!肌トラブルでお肌がピンチな方へ!

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です