ムダ毛処理におすすめの除毛クリームはこれ!使い方も解説

みなさんはムダ毛処理する時、どのような方法で処理していますか?剃ったり、抜いたり、エステでレーザー脱毛をしたりと様々な方法がありますが、家で手軽にできるのは除毛クリームや脱毛シートです。

今回はムダ毛処理におすすめの除毛クリームを紹介します。

手っ取り早いのは除毛クリーム?

除毛クリームとは、ムダ毛にクリームを塗り一定時間置いた後ふき取るとムダ毛がなくなっているという商品。一方、脱毛シートとは、粘着力のあるジェルなどを肌に塗り、その上にシートを貼って乾いたら一気に剥がして脱毛するという商品です。

ここでは塗って置くだけで除毛する除毛クリームに焦点を当てます。

除毛クリームの仕組みは、毛を溶かすこと

費用・時間がかからず、コスパが良くて手軽にムダ毛が処理できるとなると、消去法で除毛(脱毛)クリームに軍配があがります。ですがこの除毛クリーム、何でも良いというものではありません。

ムダ毛は肌と同じたんぱく質でできています。そのたんぱく質を薬品によって溶かしてしまうのが、除毛クリームの仕組みです。

除毛クリームに含まれている『チオグリコール酸や、チオグリコール酸アンモニウム、チオグリコール酸カルシウム』という成分がムダ毛も溶かします。

肌は毛と同じ成分であるため、影響がでやすいものです。

その危険を念頭に置き、除毛クリームを使用するようにしましょう。

除毛クリームの種類

除毛クリームには、クリーム状、泡、ジェル、ローションなど種類がさまざまです。
また、敏感肌用という商品も存在していて、美容成分が入っているもの、保湿成分が入っているもの、いい香りがするもの、無香料、天然ハーブなどさまざまです。

使用できる部位を確認してから購入する

一般的に、除毛クリームが使用できる範囲は、腕や脚、ワキなどです。

顔や背中、Vラインなどのデリケートゾーンには使用できない商品が一般的ですので注意が必要です。

また、商品の中にはデリケートゾーンに使用できるものがありますので、説明書に記載されている使用方法をしっかりと守るようにして下さい。

ワキやVラインに使う場合は、垂れにくい商品を選ぶようにします。

これらの種類を確認し、自分の使用目的に合った商品を選ぶようにしましょう。

美容成分が入っているものを購入する

除毛クリームには強い成分が入っているため、除毛後のスキンケアが必要です。

保湿成分や美容成分が含まれている除毛剤を選びましょう。

また、除毛後は洗い流したあとのスキンケアを忘れないようにしましょう。

ムダ毛処理におすすめの除毛クリーム

パイナップル豆乳ローションは、1日1分、目的の部位に化粧水のように使うだけで、ムダ毛の処理ができる優れものです。

洗い流さなくていい上に、美肌効果もあり、何より肌への負担がありません。

多くの雑誌で紹介されており、ムダ毛ケア部門やボディーローション部門で1位を獲得しています。

パイナップル豆乳ローション【お得な定期はこちら】

除毛クリームの使い方

ここで説明する方法は一般的な方法ですので、実際使用する際は必ず商品の説明書を確認して下さい。

1.使用前にパッチテストを行って下さい。
少量の除毛クリームを肌の一部に塗り、5分ほど置いてからふき取って下さい。その後、24時間放置し、かゆみ、痛み、炎症などが起こらないか確認しましょう。

2.説明書の記載に従い、適量を除毛したい範囲に塗って、指定の時間置きます。商品や部位にもよりますが、5分ほど経つと毛が溶けていきます。

溶けきらない人はもう少し置いてみましょう。長時間の放置は肌への影響を考え、絶対に止めてください。その後は、ぬるま湯でクリームを優しく洗い流します。

除毛効果を高めたい人は、お風呂のあとの使用をおすすめします。また、除毛後の肌は敏感になっているため、石鹸でゴシゴシこすることはやめましょう。

3.洗い流したあとは、ローションなどで保湿します。除毛後の肌は敏感になっているため、過度なアフターケアは不要。24時間経ってから、しっかりと保湿するようにします。
つるつる素肌の完成です。

除毛ローションのコスパ

除毛ローションの価格は、1,000円以下のものから、3,000円以上のものがあります。

ムダ毛が生えてくる頻度にもよりますが、両脚に使用するとしても1ヵ月に一本ほどでしょう。

3,000円のクリームを月1本購入することと、永久脱毛に3回通って50,000円支払うこと、どちらのコスパが良いのかは、自分に見合ったものにした方が良さそうです。

パイナップル豆乳ローション【お得な定期はこちら】

Tags

ライター