photo-1474401639975-278ecfd1b421

セフレから本命になる方法:独立した女性を演じつつ相談すること!

セックスだけの関係を前提とした交友関係をセフレといいます。世の中ではセフレは本命にはなれないという考えの方は多いはずです。

しかしセフレであっても本命になることは十分に可能です。今回はセフレから本命になる方法を紹介します。

彼をよく知り、研究すること

まずはやはり彼の性格や好みを知ることです。セフレの場合、極端に言えばセックスだけと割り切っている男性も多いです。体の相性が合うから。セックス中にいろんなことをさせてくれるから。都合が付きやすいからと。セフレになる理由は必ずしも自分がタイプな女性ということはありません。

彼が好きな女性のタイプを知る

彼がどんな女性が好みかご存知でしょうか。髪型だったり服装だったり、可愛らしい女性、美人な女性、彼がどんな女性を好きかを知り、少しでもそれに近づくことで彼も今まで以上にあなたを魅力的と思ってくれるはずです。

まずは一緒にいてどのようなタイプの女性に目を引かれているかを気にして見てみると良いでしょう。

彼依存を断ち切る。独立した女性になること

あなたが自分の意思をしっかりもった女性になることは重要です。言われなくても自分の意思は持っていると思われると思います。しかし、少し彼に合わせすぎていたりはしないでしょうか。

彼に「重たい女」と思われたら、本命どころかそもそもセフレでもなくなってしまう。だからといって彼の好きな時に、彼の思うがままセックスだけをするようでは、単純に「軽い女」になりがちです。

勿論、重たくないあなたは彼にとっては魅力の一つであるはず、しかし呼び出せばセックスできる。なんて単純に軽い女ではいつまでたってもセフレとしか見てはくれないでしょう。

あなたがあなたの主張、意思を明確にし、それを彼が理解してくれることでただのセックスパートナーとしてではなく、一人の人間として、男女として、尊敬し合える仲になることができます。

自分の仕事や私生活の悩みを相談する

彼の仕事や私生活の悩みをご存知でしょうか。また自分の仕事や私生活の悩みを彼に話したことはあるでしょうか。相談し合える仲になることはそれなりの信頼関係というものが必要です。

彼がセックス以外でもあなたに意見を求めてくれるようになれたら、それはあなたが彼にとって重要な人物になれたことでもあります。

またあなたの悩みを彼が真剣に考えてくれたら、彼にとってもあなたがさらに愛おしくなってくるでしょう。

「尊厳欲求」を満たす

「尊厳欲求」という言葉をご存知でしょうか。アメリカの心理学者アブラハム・マズローという人物が唱えた「自己実現理論」に出てくる言葉です。人間には「尊厳欲求」というものがあり、頼られると嬉しいと感じるのはこれにあたります。

悩みの相談する仲になるにはまずはあなたの悩みを彼に打ち明けること。そうすることで彼は頼られている、自分は人間として認められていると感じ嬉しいと思うようになるでしょう。

しかし相談する悩み事はセフレから本命へといった彼に関係することではなく、彼に関係しない普段の私生活の悩みなど、相手にめんどくさい、重たいと思われない内容にしなければなりません。

素直な気持ちを告白すること

セフレ関係でも恋愛関係でも、やはり一番大事なことは自分の気持ちを正直に相手に伝えることです。
毎日会っている人でも案外相手の気持ちを理解していることは少なく、勝手に思い込んでいる場合が多いです。言われてからそうだったんだ、と気づく場合も多いはず。

セフレであればお互いがセックスの目的だけ、都合が付きやすいからといって関係を続けてると思い込んでいることが多いです。あなたの気持ちも知らずに。

あなたの正直な気持ち、理想を彼に話すことは本命になりたいならば必ずどこかで行わなければならないこと、勇気は必要ですが避けられないことです。

タイミングを見計らう

セフレという関係の特性上、ただ正直に自分の気持ちを告白するだけでは逆効果になってしまいます。都合のいい関係ではなくなってしまうことで彼はあなたに魅力を感じなくなるのです。

まずは前述したとおり彼があなたをセックス以外でも必要としてくれるような土台作りをしっかりしましょう。彼がセックス以外でもあなたを頼ってくれるのであれば、あなたとの関係を終わらせることはできないでしょう。

そしてタイミングを見計らうことは重要です。

ただ自分が愛されたいからと自分の正直な気持ちを言ってしまうなんてただの重たい女です。焦ってはダメです。彼が弱っている時は彼の支えになり、彼が楽しそうな時は彼を応援し、彼との人間関係が深いものになってから自分の気持ちを告白すると良いでしょう。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です