つやのある肌を作る習慣:生活を見直して美肌を手に入れよう

肌は第一印象を決める大事なポイント。肌で見た目年齢が随分変わるでしょう。今回はきれいな肌を作るためにおすすめの方法を紹介します。

肌が汚い原因

肌が汚い原因とは何でしょう。

洗顔をしすぎている

肌を綺麗にすることを目的に洗顔をしている人がほとんどですが、実は洗顔のしすぎは肌トラブルの原因に。何度も洗顔をすることで肌に必要な潤いまで落としているかもしれません。

潤いがなくなると、肌はそれを補おうとさらに皮脂を出すので、ニキビが増える肌トラブルとなります。

また、肌に合わない洗顔を使っているとさらに肌トラブルは悪化します。洗顔の仕方もごしごしと強くこするように洗顔を行うことはNGです。

肌に美を咲かせる♡オウミニョンヌ ブースターウォーター

精神的なストレス

人間関係のストレスで肌のトラブルを実感する人が多いようです。ストレスを受けると体内に活性酸素(フリーラジカル)が発生します。

フリーラジカルはりんごが腐って茶色くなるのと一緒で、細胞を変化させる作用があります。

酸素は生きていくのに必要なものです。しかし、ストレスの影響で活性酸素になると老化を加速させたり病気になったりすることも。

そのため、シミ・ソバカスの原因になったり、肌のターンオーバーを見出してしわやたるみを作ったりするようです。

さらにストレスによりホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンの分泌が増え皮脂が非常に多く分泌されます。

このため、にきびや吹き出物が出来やすくなってしまいます。

便秘

便秘による肌トラブルも。便秘が慢性化すると体は便という有害物質を体外へ放出しようとします。

しかし便秘だと体外に出されず体に残ってしまうそうです。

排出されなかった便は腸壁に吸収され、血液中に溶け出し血液を巡ることになります。その結果、汗や皮脂などの形で毛穴から放出されるようになります。

肌細胞は有害物質を出すことに手間を取られてしまい、本来の肌の役割である新陳代謝(ターンオーバー)が追いつかなくなり、そして肌トラブルになることも。

綺麗な肌を作るための習慣

上記の肌が汚い原因を踏まえたうえで、綺麗な肌を作るための習慣を紹介します。

正しい洗顔方法

まず、大事なことは正しい洗顔方法で洗顔をしましょう。

①最初に手を洗い清潔にしておく
②洗顔料をしっかりと泡立たせる
③泡全体が肌にのるように優しくのせる、顎やTゾーン、小鼻など皮脂の多い場所から洗っていく
④目元や口の周りなどの皮膚が薄いところは軽くのせるだけにする
⑤ぬるま湯で最低20回は洗い流す。こすらずにバシャバシャ水をかけるイメージで洗い流していく
⑥清潔なタオルで拭き取る

また、洗いすぎは肌トラブルの原因になります。洗顔は1日1回でよいでしょう。

ストレスをためない

ストレスをためないことが大切です。しかし、社会や学校など人と関わると人間関係で悩みはつきません。

なにか自分なりのストレス発散方法を見つけ、溜め込まないようにすることが大切。

便秘にならないために生活習慣を整える

便秘にならないためには、体を冷やさない、睡眠をや食事を規則的にとる、適度な運動をする事が大切です。

とくに腸の動きを活発にするには腹筋がおすすめ。

また、水分を十分にとると大腸からの水分吸収が促進され、便秘の予防になります。

そして便秘対策に最も効果的なのは食べ物です。野菜・果物・海草などの食物繊維、ヨーグルトや乳酸菌飲料などで乳酸品を多く取るように心がけましょう。

果物は体が冷えないもの、野菜は玉ねぎ、長ネギ、ごぼう、アスパラガス、キャベツなどオリゴ糖を含んでいる野菜がおすすめです。

オリゴ糖が含まれている野菜には乳酸菌も入っているので一石二鳥。

化粧水が大切

綺麗な肌を作るためには日々の生活習慣を整えることが大切です。

さらに、自分に合ったスキンケアでをしっかりしていくと綺麗な肌になれること間違いなし!

肌に潤いを与えてくれるスキンケア用品はたくさんあります。直接肌につけるものは、いい水を使ったローションを使うことがおすすめです。

自分にあったものを見つけ美肌を目指しましょう。

肌に美を咲かせる♡オウミニョンヌ ブースターウォーター

まとめ

肌を綺麗にするためには、きちんとした洗顔を行い、ストレスをためない生活を心がけ、便秘を予防することが大切です。

そうすることで、肌だけでなく女性ホルモンにもいい効果があらわれるでしょう。

また、自分に合ったスキンケア用品を使うのもおすすめです!すっぴん美人を目指しませんか?

Tags

ライター