身を引くor略奪する?好きな人に彼氏がいるときの対処法を解説

photo-1455596120412-30a2e6c8e600

身を引くor略奪する?好きな人に彼氏がいるときの対処法を解説

好きになった女性に、好きな人や彼氏が居ると分かったとき。

貴男はどうしますか?

気持ちを封印して、諦める。それとも奪い取る。

大きく分けて、この2つの選択肢しかありません。

どちらを選択しても、貴男にとって悔いのない恋にする為の方法を考えていきましょう。

身を引く場合

双方の傷を最小限に抑えるにはこの方法が一番です。

とはいえ、気持ちを伝えず無かったことにして再出発できる、強い人ばかりではありません。

ここでは、割り切れないご自分の気持ちにケリをつける方法を、ご紹介していきます。

想いを告げて、玉砕する

バッドエンドが解っていて告白するなんて、とんでもないと思われることでしょう。

しかし、これが最も未練を断ち切って次の恋へと進める、男らしい方法といえます。

ここでポイントなのは、フリーの女性に告白するように「付き合ってください」と言って、困らせてはいけません。

「彼が居るのは分かっているから、気持ちだけ聞いてほしい」と、真摯に伝えましょう。

そしてきれいに終わらせるには、好きになった彼女へ感謝の気持ちを持つことです。

好きになった人に感謝する

人を好きになるのは、素晴らしいことです。

人を好きになると苦しみも伴いますが、そればかりではありませんね。

心が暖かくなり、幸せな気分で満たされるときも多くありませんでしたか?

恋は苦しみの中からも得られるものがあったり、人の痛みが分かる男性に、成長させてくれたりもします。

女性を認め敬愛する、甘い気分に浸るなど、優しい感情を持てたことに、感謝の気持ちを持つようにしましょう。

そうすると、ショックも和らいでいきます。

次の出会い・恋を探す

女性は、失恋には新しい恋が一番の特効薬だとよく言いますが、これは男性でも同じです。

新しい出逢いの場には合コン、相席居酒屋など様々ありますが、身近な別の女性たちの魅力に目を向けるのも良いでしょう。

このときにガツガツした姿勢はNGです。

女性に飢えている態度は、女性が嫌うものなので、他の人たちまで逃げていってしまいます。

※女性向け記事の『苦しい恋はもう捨てよう?好きな人を嫌いになる3つのステップ』コラム内『積極的に出会いの場へ行く』という項目でも、関連記事を紹介しておりますので、こちらもご参考までに。

略奪する場合

どうしても諦められないほど好きになってしまった場合や、彼女の想う相手が良くない男だという場合など、男性としては引き下がれないケースもあります。

略奪の覚悟

ここで再確認したいのは、彼女への想いが純粋なものであるかということです。

ライバル心を抱く男の恋人だから、などの別の理由で意地になっていませんか?

ただのハンター的欲求で動いてしまうと、大きな傷となって貴男自身にも周りの人にも返ってきます。

それでも想いを遂げたい覚悟があるのなら、意中の女性の気持ちをこちらへ向けさせるのが次のステップです。

優しさは大きな魅力

他に好きな人が居る女性を自分のほうへ向けるには、その男より魅力的でなければ難しいでしょう。

女性が異性の魅力を感じる一番のポイントは、やはり優しさです。

他にも人を好きになる条件には容姿や身体能力や頭の良さなど様々ありますが、たとえ好みのタイプではなくても、優しさを感じると女性は恋に落ちてしまうケースが多くあります。

ただし、ただ優しいだけですと、単なる『良い人』で終わってしまう可能性も大です。

人畜無害な良い人ではなく、異性として意識させなければいけません。

自分のアピールポイントを磨く

異性として見直すきっかけになるのが、意外性のある特技です。

趣味や知識が幅広い、もしくは専門的、仕事ができるなどの長所が、アピールポイントになります。

自分の得意分野を見つめ直し、いざという時にそれを発揮できるように磨いておきましょう。

真心、強引な男らしさをアピールする

女性向けの小説やコミックでも、強引な男性に心が移るストーリーがよくあります。

この場合、「貴女でなくてはダメ」「幸せにしたい(好きな女性の幸せを願う)」という気持ちがポイントです。

ただ強引に「オレと付き合え」ですと、体目的だと受け取られて嫌われてしまいます。

やってはいけないNG行為

好きな女性を奪いたいがために、走ってはいけない2つの行動があります。

それは、彼の批判や悪口を言うことと、踏み込みすぎたり馴れ馴れしくすることです。

別れそう、又は諦めそうな状況だったとしても、もしかするとまだ彼を想う気持ちが残っているから悩んでいるのかもしれません。

その彼のことを否定されると、かえって女性は反発してしまいます。

その男の素行が良くなくても、たいていそれは女友達から伝わるため、彼女の耳にもその話は入ってくるはず。

しかし男性のあなたが言うと、同性の嫉妬だと取られて、自身の評価を下げてしまうだけの結果になるかもしれません。

また、想う相手がいるときの女性は、必要以上にほかの男性から近付かれることを疎ましく思います。

親しい仲でも、そうでなくても礼儀あり。

蔭ながら見守りつつも、不快に思われない接し方を心掛けましょう。

心が弱っている時に助ける

強固で揺るがないラブラブカップルの場合は見込めませんが、彼女が別れそうな方向へぐらついている時や、つらい片想いに悩んでいる様子の時はチャンスと言えます。

つらい時に傍で支えてくれる異性に、人間は優しさを感じて好意を寄せるもの。

ここでNG行為に上げた通り、彼氏の悪口は言わないでください。

たとえ彼女が彼氏の悪口を言ったとしても、言わないほうが無難です。

「男の立場だと○○なのも分かるんだけどね。女性としては、つらいよね」と理解してあげるくらいの度量を見せましょう。

つらい気持ちに同調してあげるのも、彼女の心を和らげますので効果的です。

以上、いかがでしたか。

身を引くにしろ、略奪するにしろ、後悔のない選択をしていってもらえたらと思います。

タグ一覧

ライター

女性向けの恋愛・TL・官能系小説の電子書籍を出版中。 旧名:みなと香襟、南杜香選。

こんな記事も人気です