http://stainedglass-museum.com/izu/exhibit/index.html

昭和レトロを堪能しよう!熱海のおすすめデートスポット8選

明治から昭和の文人が愛し、新婚旅行では多くのカップルが訪れた関東の奥座敷、熱海。相模湾の西端に位置し、海岸近くまで山がせまっている熱海は、冬は温暖で夏は涼しく、海と山の豊富な自然と旬の味覚が楽しめる日本有数の温泉リゾート地です。

昭和レトロを堪能できる熱海と伊豆エリアの、おすすめデートスポットを8か所紹介します。

1.熱海に来たら一度は見ておきたい「MOA美術館」

熱海市背後の高台にある、ロビーからの眺望が素晴らしい美術館。天気が良ければ、初島や伊豆大島、房総半島から三浦半島、伊豆半島まではっきり見えます。

美術館の展示物は、国宝3件を含む重要文化財・重要美術品など、多数を所蔵。エントランスから美術館本館までは約60mの高低差があり、幻想的な光と音で演出された総延長200mにおよぶ7基のエスカレーターは、ドーム状の建物内の名物です。

豊臣秀吉が愛した黄金の茶室が復元・展示されており、まぶしいばかりの茶室に思わず溜息をつくことでしょう。

名称:MOA美術館
住所:静岡県熱海市桃山町26-2
電話番号:0557-86-2511
アクセス:熱海駅8番バスターミナルMOA美術館行7分
営業時間:9:30~16:30(※2016年3月7日から11か月間休館中)
休館日:木曜日(祝日の場合は開館)
駐車場:無料(3階入口駐車場、エスカレーター入口駐車場が有。エスカレーター入口駐車場は収容台数が少ない為、3階駐車場がおすすめ)
公式サイト:MOA美術館

2.海水浴・花火で訪れたい「熱海サンビーチ」

今から約30年前に全面オープンした、長さ約400m、奥行き約60mの人工ビーチ。海水浴場として、カップルで砂浜を歩いたり波と戯れたりできる人気のスポットです。

夜になると砂浜がライトアップされ、幻想的なムーンライトビーチになります。夏の夜には、海上花火大会が平日でも開催されるので混雑が少なく、ゆったりと観覧できるのが魅力です。

花火の打ち上げ場所は3面が山に囲まれた熱海湾で、すり鉢状に市街地が取り囲む地形のため、花火の音が体の中まで響く感覚があります。

名称:熱海サンビーチ
住所:静岡県熱海市東海岸町
電話番号:0557-86-6218
アクセス:熱海駅より海岸方面へ徒歩15分、バス5分
駐車場:無
公式サイト:熱海サンビーチ

3.日本を代表する文豪達が愛した「起雲閣」

. ただ、ただ ため息でした(≧∇≦) . #起雲閣#熱海市#洋館

A photo posted by chie (@koharu.1203) on

政治家・実業家の内田信也が建造し、その後東武鉄道の創業者である根津嘉一郎が増築した別荘。戦後熱海を代表する旅館になり、太宰治や志賀直哉、谷崎純一郎など多くの文豪が宿泊しました。

現在は熱海市指定有形文化財として公開されており、緑豊かな庭園と日本家屋の美しさが調和し、優美で気品のある歴史的・文化的遺産です。

常駐のガイドさんが、歴史や建築様式、宿泊した文豪達などの情報を分かりやすく説明してくれ、大正・昭和の時代を身近に感じること間違いありません。

名称:起雲閣
住所:静岡県熱海市昭和町42
電話番号:0557-86-3101
アクセス:熱海駅より路線バス 錦ヶ浦下車徒歩10分、タクシー10分(国道135号線錦ヶ浦トンネル:東京からは出て左折、伊東・下田からは手前右折)
営業時間:9:00~17:00 喫茶9:30~16:00
定休日:水曜日(祝祭日は開館)
入館料:大人510円、中高生300円
駐車場:無料 37台
公式サイト:起雲閣

4.コンクリート製でも見晴らし抜群!「熱海城(あたみじょう)」

今から約60年前、錦ヶ浦山頂に観光目的で建てられた、鉄筋コンクリート造りの天守閣風建築物。天守には、日本有数のコンクリート像作家、浅野祥雲作の「金の鯱(しゃち)」が乗っています。

熱海市街・初島・大島・相模灘を天守閣からパノラマ展望でき、熱海市の全景を写す時は必ずこの施設を使うほど、立地や高さに優れています。

夜には熱海の100万ドル夜景を楽しむことができ、熱海デートには欠かせないスポットです。

名称:熱海城
住所:静岡県熱海市曽我山1993
電話番号:0557-81-6206
アクセス:熱海駅より路線バス 錦ヶ浦下車徒歩10分、タクシー10分(国道135号線錦ヶ浦トンネル:東京からは出て左折、伊東・下田からは手前右折)
営業時間:9:00~17:00(7・8月の海上花火大会当日は夜間営業あり)
料金:高校生以上900円、小学生450円(ネット限定100円割引有)
駐車場:500円
公式サイト:熱海城

5.ムードたっぷり「伊豆高原ステンドグラス美術館」

海近くの高台にある教会風の建物。ドライブデートには格好のロケーションです。

英国の教会や聖堂、貴族の貴賓室、プライベートルームを飾った本物のアンティーク作品が至る所に配置されています。ステンドグラスを通して差し込んだ光が幻想的で、19世紀のオルガンやオルゴールが奏でる音色とアロマの香りが満ちた、癒しの空間です。

館内のソファに二人で腰かけゆったりとした気分に浸り、幸せを感じましょう。

名称:伊豆高原ステンドグラス美術館
住所:静岡県伊東市川奈1439-1
電話番号:0557-44-4333
アクセス:川奈駅からタクシーで5分
営業時間:10:00~18:00
料金:大人1,100円、シニア900円、中高校生700円、小学生400円、小学生未満無料
駐車場:無料 50台
公式サイト:伊豆高原ステンドグラス美術館

6.ドラマでもおなじみ「城ヶ崎海岸」

約9Kmに渡り、岩礁・絶壁が連なっている海岸です。下を見下ろすと思わず足がすくみ、思わず彼女の肩をしっかり支えてあげたいと手が伸びてしまうことでしょう。サスペンスドラマの定番スポットである理由が、よく分かります。

4,000年前大室山が噴火した際に溶岩が海に流れ出し、海水の浸食作用により「溶岩岩石海岸」となり、このような景観になりました。

長さ48m、高さ23mの門脇崎の海の吊り橋はスリル満点で、きっと彼女はしがみついてきますよ。

名称:城ヶ崎海岸
住所:静岡県伊東市城ヶ崎海岸
電話番号:0557-37-6105
アクセス:伊豆急行線 城ヶ崎海岸駅から徒歩約25分
駐車場:伊豆海洋公園駐車場 500円、伊東市門脇駐車場 500円/15分
公式サイト:城ヶ崎海岸

7.愛くるしいテディベアのふるさと「伊豆テディベア・ミュージアム」

テディベアといえば、ぬいぐるみの元祖ですね。幼児から大人まで、その愛らしい表情に心が和み、癒されない人はいないでしょう。

「テディベアを愛したおばあさんが、テディベアたちと一緒に住んでいる古い家」、「日本のテディベアの故郷」というのがこの博物館のコンセプト。テディベア・ミュージアムには、100年以上も前のテディベアから、海外のテディベア作家の作品まで、幅広く展示されています。

テディたちが乗る「テディベア・エキスプレス」や、楽しい「森の遊園地」などのジオラマ展示はメルヘンな雰囲気たっぷりで、女の子ウケ間違いなしですよ。

名称:伊豆テディベアミュージアム
住所:静岡県伊東市八幡野1064-2
電話番号:0557-54-5001
アクセス:伊豆急行 伊豆高原駅 高原口から徒歩約10分
営業時間:9:30~17:00
定休日:2・3・6・12月 第2火曜日(ただし祝日時は開館)
料金:大人1,080円、中高生860円、小学生640円
駐車場:150台
公式サイト:伊豆テディベアミュージアム

8.美しい湧水と自然風景「柿田川公園」

静岡の東部清水町にある公園。近年パワースポットとして注目され、人気急上昇中です。

公園内には富士山の雪解け水が伏流水となって湧き出ており、その量はなんと1日100万tと言われ、東洋一の量を誇っています。富士火山岩をくぐり抜け、20年余り経ってから地上に再び出てくるため、とてもまろやかで美味しい水だと評判です。

湧水広場で水に足を入れてみると、長時間浸けていられないほどの冷たさを感じます。国指定天然記念物の柿田川を眺めながら散策できる遊歩道はキレイに整備されているので、彼女とお散歩デートを楽しんでみましょう。

名称:柿田川公園
住所:静岡県駿東郡清水町伏見72-1
電話番号:055-981-8224
アクセス:JR三島駅南口からバス4番柿田経由沼津行に乗車、柿田川湧水公園前バス停から徒歩2分。東名自動車道沼津ICから10分
入園料:無料
駐車場:9:00~17:00
駐車場料金:200円(清水町民は無料)
公式サイト:柿田川公園

画像:http://stainedglass-museum.com/izu/exhibit/index.html#01

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です