油断は禁物!!彼女とのLINEで気をつける6つのポイント

メールや電話以上の気軽さで活用されるLINEは、もはやコミュニケーションにおいて欠かせないツールとなっています。しかし、その気軽さの反面、LINEによって起きてしまう人間関係の付き合いづらさもまたあるようです。

いつもつながっている感じがするLINEですが、彼女とのLINEで気をつけたいポイントをご紹介しますので参考にしてくださいね。

【1】スタンプだけで返信する

忙しい時などは、スタンプだけで返すのはいいのですが、スタンプだけで返すことばかりだと「ちゃんと読んでくれてない」と相手に勘違いさせて無駄に彼女を不機嫌にさせてしまうこともあります。

最近スタンプばかりになっているなぁと気になる人は、一言でもいいので文字を入れましょう。そのうえでスタンプを送るようにするといいでしょう。

【2】いつまでも続けない

LINEは便利ですし、チャットのようにも使えますが、やり取りを続けすぎて終わりがわからない時はないでしょうか。

彼女といつまでもLINEでやり取りを続けたい人だとしても、いつまでもLINEを送り続けることで相手が負担になっていることもあるかもしれないということを頭においておきましょう。

【3】返信の強要をしない

お互いにいつも暇なわけではありませんし、すぐに返信できないこともあります。すぐに返信がほしいと思っても、相手の都合もありますので即返信を強要しないようにしましょう。

【4】放置しない

LINEでやりとりしている途中で用事が入ってしまうこともあるでしょうが、既読スルーのままにして1日以上放置してしまうと、相手は、「無視されたのではないか」と不安になってしまいます。

忙しい時は、会話が盛り上がる前に「忙しくてごめん」と一言添えてみたり、途中でやりとりが途切れてしまった場合、後からフォローをすると彼女は安心をするでしょう。

難しいところですが、適度にお互いの不安や負担がないように使いこなしたいですね。

【5】一度に送る内容を抑えましょう

時々メールのようにかなりの長文を送ってしまう人がいるかもしれませんが、毎回長文を送ってしまうと、読む方が苦痛になってしまいます。

どうしても長くなってしまう内容の時には、できるだけサクサクと読めるように、細切れにして送るなど受け取る側のことを考えておくるようにするといいでしょう。

【6】送る相手と内容を間違えない

メールや電話などLINE以外のツールでもありがちなのが、送る相手を間違えてしまうということです。

他愛のない内容の間違いであれば問題なく収まると思いますが、あまりにプライベートな内容や別の女性へ送る内容を送ってしまったりすると、喧嘩の原因になりかねません。

タップしてしまうとすぐに送信がされてしまい、取り消すこともできないので、特に気をつけておきたいところですね。

おわりに

いかがでしたか?気軽なツールで日常的に簡単に使っているからこそある落とし穴ばかりですよね。

小さなことですが、大きな問題に発展しないよう円満のためのツールとして使ってくださいね。

Tags

ライター