職場が選び放題?男性看護師の年収、メリットを紹介

男性看護師の人数は、近年上昇しています。患者の移動など、看護師の仕事の中には力仕事と言えるようなものもかなり多く含まれているため、男性の力を借りたいという意見が増え、需要が高まっているのです。

また男性患者の中には、身のまわりの世話をしてくれる看護師は同じ男性のほうが気が楽だという人も多数おり、患者さんのニーズになるべく応えたいという病院も増えてきました。

そこで今回は、男性看護師の現状について紹介していきます。

今すぐ男性看護師の勤務先を探したいという方はこちらから。

看護師専門の求人サイトに登録する

男性看護師の人数推移と割合

厚生労働省のデータによると、2004年には31,594人だった男性看護師は2014年には73,968人と2倍以上も増加しています。

それでも男性看護師の割合は、今のところ約5%前後。人数が増えたといわれている割には少なく感じてしまうかもしれませんね。

しかし、実はこの数値を大きく上回る場所があるのです。それが沖縄。

沖縄では、男性看護師の割合が12%でダントツの全国一位。看護師は女性の仕事であるという固定概念が少ないことと、地方の仕事不足が原因のようです。

男性看護師求人の現状

求人サイトや求人誌などを見ても、特に男性看護師を募集している病院を目にすることはあまりなく、どうしても「看護師=女性」というイメージを持ってしまう場合が多いよう。

しかし実は、2002年の名称変更によって、男女ともに看護師という呼び方に変わっているため、その求人には男性看護師も含まれているのです。

とはいえ、応募したら「女性看護師しか募集していません。」などと言われたという事例も多数あります。

男性看護師が勤務先を探すのは簡単ではないというのが現状です。

平均年収

厚生労働省の平成24年のデータを見ると、30代後半の男性看護師の年収は522万9400円だそう。

一家を支える男性の年収としては低いのでは、と思ってしまう方も多いかもしれません。

しかし実際には、需要の高い男性看護師の転職となれば、条件が良くしかも高待遇の転職先を簡単に見つけられます。

さらに、看護師長などの地位になると年収は800万円、1000万円と桁違い。現在は女性が就いている場合が多いようですが、男性看護師が増えている現状を考慮すると、そこまでの年収もねらえるでしょう。

看護師専門の求人サイトに登録する

男性看護師のメリット

まずに、有利な条件の職場を探しやすいことが挙げられます。男性看護師の需要が高まっている今、自分の求める条件にあった職場を自由に選ぶことができます。

女性と違い出産育児などのハンデが少ない男性看護師。女性が多い看護師の世界でキャリアアップするのは有利だといえます。

また、男性患者への配慮ができるなど、男性ならではの働き方ができることも挙げられます。大きな患者さんの移動を手伝うなど、女性ばかりの環境でやりがいを感じることができるでしょう。

男性におすすめの看護師転職サイト

現状まだ女性社会ともいえる看護師の仕事。地域や職場によっても男性看護師の働きやすさや年収は大きく変わってきます。

そこでおすすめなのがマイナビ看護師。

看護師の転職を専門的に扱っている転職支援サービス会社なので、勤務形態や地域など自分に合った勤務先を検索することが可能です。きちんと男性看護師の募集として区別して扱っているので間違いもありません。

マイナビ看護師に登録して、希望の仕事を探してみましょう。

マイナビ看護師に登録する

Tags

ライター