老人ホームでの看護師の働き方とは?メリットとデメリットを解説!

老人ホーム利用者の増加に伴い看護師ニーズが増加し、日勤常勤として老人ホームで働く看護師が増えてきています。

老人ホームは、医療機関とちがって治療が目的ではなく、入居者が望む生活を送れるようにすることが目的。

そのため、看護師の仕事も医療処置ではなく、入居者と向き合い、健康に生活できるようサポートすることが中心になります。

この「一人一人と向き合える」看護スタイルが、医療機関と大きく異なるポイント。老人ホームは全国にあるため自宅近くで働けたり、給与水準も病院と変わらないなど、実はメリットが多くあります。

日勤常勤で働く選択肢の一つとして、具体的にどんな働き方ができるのかを見ていきましょう。

転職を考えている看護師の方はこちらをチェック!

老人ホームでの看護師の仕事内容

老人ホームでの看護師の仕事内容は医療機関での看護師とは異なります。

医療処置と呼ばれるものはインシュリン注射や胃ろう等の一部のみで、その他は健康管理やサポート的な業務がほとんど。

具体的には以下のようなものが挙げられます。

・入居者の健康チェック・健康管理
・入居者の生活や介護体制に関する打合せ
・業務提携医への入居者の健康状態の報告
・リハビリスタッフとの連携
・入居者の服薬管理

老人ホームの種類と違い

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、要介護度1~5の認定を受け、治療の必要な高齢者が入所する施設です。

あくまで目的は治療であり、在宅に復帰するための中間地点としての役割を果たす医療機関に近いイメージ。

そのため、看護師の仕事内容としては、胃ろう、じょくそうケアなどの医療処置が必要です。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは介護が必要な高齢者の生活の場として介護サービスを提供する場なので、スタッフは看護師・介護士が中心で医師は常駐していません。

医療処置が必要な方は入所を断ることもあり、看護師の仕事は健康管理が中心になります。

有料老人ホーム

民間企業が運営している場合が多く、入居者は、治療を終えたあとの生活を営むために入所します。

看護師の仕事は健康管理が中心ですが、入居者の望む生活を叶えることが目的なので、サービス・接遇が重要。一人一人と丁寧に向き合った看護が行なえます。

老人ホームで看護師として働く時に必要な能力

症状から緊急性があるかどうかを見極める力が非常に重要です。

少しのことで病院に搬送していては、家族も「何回呼び出されるんだ?」と不安になるので、そこを見極めなくてはなりません。

また、多くの利用者をみるので、誰を注意してみるべきかの判断能力も重要になってきます。

老人ホームで働く看護師の平均年収

介護関係の仕事の中で、老人ホームで働く場合の年収は一般的な看護師より少し低いくらいです。

月収では20万円半ばから後半、年収で言えば、300万円半ばから後半ほど。

介護士と比べた場合には、手当などがあって高くなっています。

特に施設の経営状態によって収入が変化するので、どこで働くかが給料を左右させると言って良いでしょう。

そこで、転職を考えている看護師の方におすすめしたいのがナース人材バンクという求人サイト。

ナースバンクの特徴

1.年間利用者数が10万人を超えている国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
2.東証一部上場の安心企業が運営
3.全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいの看護師の方でも転職サポート可能
4.給料などの条件交渉も、専任のキャリアコンサルタントに任せられる

非公開求人も多数あるので少しでも転職を考えている方はぜひ登録してみてください。

ナースバンクに登録する

老人ホームで働くメリット

看護も働き方も比較的ゆったり

患者の入れ替わりが激しい医療機関よりも患者にゆったり寄り添った看護ができ、認知症などの高齢者看護全般のスキルを身につけることもできます。

また日勤常勤で働ける施設が多く、突発的な残業が生じにくいのも良い点だと言えるでしょう。

急性期のような忙しさ・生死に関わる業務も少ないので、身体的・精神的負担も軽減されます。

収入を下げずに融通が利く一面も

介護施設は給与が低いと誤解されがちですが、看護師の給与水準は、病院とさほど変わりません。

また、全国展開している施設が多いため、急のお休み時は他施設にヘルプを要請したり、転勤や転居が必要なときに退職せず他の系列施設に異動できる場合もあります。

介護施設にもオンコールはありますが、電話で入居者の状況を聞き、医師や介護士と連絡を取ることが主。

オペ室のように深夜出勤や命に関わる判断に迫られることもほとんどないため、負担は少なめです。

老人ホームで働くデメリット

看護の仕事に専念できない場合がある

看護師としての仕事に専念できないケースが多い点が挙げられます。

例えば、多くの場合有料老人ホームで働いている大半が介護士で、看護師は少数、場合によっては1人だけという施設も少なくありません。

病院勤務の看護師は介護に近い仕事も行うため、スキルとしては介護にも対応ができます。それによって介護の仕事も手伝わされることが多いようです。

また、業務の分担が上手く行われていない場合には、現場を仕切る介護士から理不尽な指示を受けるなどして看護師としての仕事に支障をきたすケースさえあるようです。

キャリアアップには向かない環境

有料老人ホームで看護師が行うのは、医療行為というよりは入居者の健康管理になります。そのため、看護師としてのスキルアップは難しいでしょう。

一般の病院であれば行われるような研修や勉強会なども当然行われないので、医療に関する新しい知識を身に着けるには、独学で勉強するしかありません。

看護師として、医療の最前線でキャリアアップをしたいという人には物足りない環境に思えるかもしれないので、その点も考慮して考えてみてください。

転職を考えている看護師の方はこちらをチェック!

Tags

ライター