photo-1456162018889-1d2b969f7084

看護師が夜勤を怖がる理由と対策:巡回の仕方がポイント

看護師が夜勤を怖いと思う理由はたくさんあると思いますが、患者の命がかかっているため、仕事はしないといけません。

そうは分かっていても怖いものは怖い。そう思っている看護師も多いのではないでしょうか。

今回はそんな看護師がどうすれば夜勤を怖がらずにスムーズに行えるか、一緒にみていきたいと思います。

看護師が夜勤を怖がる理由

夜勤が怖いのにはもちろん理由があります。

みなさんは夜勤のどのような点に懸念しているのでしょうか。見ていきましょう。

夜のアクシデントが多い

夜勤を怖いと思う理由の1つは、夜は急変・転倒などアクシデントの起こる確率が高くなること。

そもそも夜勤帯は日勤に比べてスタッフの人数も減り、目が行き届きにくくなりがちです。

患者数は日勤帯と変わらないのにスタッフの人数は減るため、その分の責任が大きくなると、重圧に耐えきれなくなる方がいるようです。

責任者代行にならなければいけない

大きな病院であれば夜勤中でも当直師長がいて、問題が起こった場合などにすぐ相談ができます。

しかし多くの病院は、夜間は責任者が不在になり、夜勤リーダーが責任者代行にならなくてはいけません。

もちろん夜勤リーダーに全責任を持たせるわけではないのですが、勤務中に問題が起こった時にすぐに相談できる上司がいないというのは、その責任の重さから精神的に疲れてしまいます。

自分が夜勤リーダーの時は「何も起こらず、平和に終わりますように」と祈りながら勤務するいう看護師も多いのではないでしょうか。

夜勤の巡回が怖い時の対処法

怖くても仕事ですから働かなければなりません。

そんな時は少しでも恐怖を軽減できるように努めてみましょう。

ポイントをおさえて巡回する

急変があるかもしれないという不安で怖い場合は、巡回の仕方を工夫してみましょう。

基本夜勤の巡回は2回程度ですが、1件目の巡回の前に、まずは何が気になるか・何を確認するかを巡回時に持って歩く用紙に書きます。

2件目3件目では、1件目の巡回で気になったことを確認します。どんなことでも構いませんので、巡回したことを必ず記録に残すようにしましょう。

明かりを点ける

暗くて怖い場合、懐中電灯を持ち歩くようにしましょう。

電子カルテのある場合は電子カルテも持ち歩くと良いかもしれません。

加えて、入り口の電気を点けるなどして少し明かりを照らしましょう。

明かりは、患者の表情や尿道カテーテルの尿量を確認するためにも重要です。

明々と電気を点けるのはあまりよくありませんが、確認に必要な明かりは照らしましょう。

首にかけるライトや衣類に付けるライトなど、ライトにも色々な種類のものがあるので、そのようなものを活用するのも良いでしょう。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です