ツアーナースの仕事内容と就職する方法:求人の競争率は高い

みなさんはツアーナースという言葉をご存知でしょうか。

ツアーナースとは、主に修学旅行や一般の団体旅行、あるいは移動教室・自然学校などに同行して、旅行者の健康管理、事故や病気、怪我などに速やかに対応するというお仕事です。

今回はそんなツアーナースのお仕事内容と就職方法についてご紹介していきます。

ツアーナースの働く場所

学校関連の施設

一番ツアーナースが利用されることが多い旅行は、修学旅行。

修学旅行に同行し、生徒たちの健康を見守りながら突発的な怪我や病気に備えます。

また、学校の保健室や施設保健室などでも働くことが多くあります。

移動教室で屋外へ旅行するという場合などにもツアーナースが同行することがあり、生徒・児童の保護者の方々はツアーナースがいることで安心して学校行事に参加させることができるのです。

旅行会社

学校関係以外の場所でも活躍の場所があります。それは、ツアーナース同行の旅行を取り扱っている旅行会社です。

旅行をする方々の中でもご高齢者が多いツアーとなると、健康面等にも心配があるもの。

ツアーナースは、ご高齢者が旅行中に楽しく過ごせるように健康管理を行い、団体行動中は同行、自由行動中は施設で待機するなどの業務を行います。

ご高齢者のツアーでなくても、ツアーナースが同行することで安心して旅行に行ける、と多くの方が利用するようになってきているようです。

コンサートやイベント

屋外で行われるコンサートやイベント、お祭りなどでもツアーナースは活躍しています。

コンサートで興奮のあまり体調不良になってしまう方や、夏の猛暑の中でのコンサートやイベントで熱中症になってしまった方などへの適切な対応ができるということで、イベント等にツアーナースを利用する主催者も少なくありません。

急病、大きな事故等での怪我となると初期治療が大きな効果を発揮しますが、ツアーナースがいることで、何か緊急のことが起こってしまっても応急措置を適切に行えるのです。

イベントやコンサート、旅行など楽しい場面でツアーナースがいるということは、主催者にとってもイベントを楽しむ側にとっても、安心して楽しめる要因となります。

ツアーナースは、これからさらに需要が高くなりそうな職業のひとつと言えるでしょう。

ツアーナースになるために

そもそもツアーナースとは?

ツアーナースは別の名を「旅行付添看護師」ともいい、小・中学校や高校の修学旅行、企業の社員旅行などに同行し、参加者の健康管理やケガ・急病時の応急処置を行う仕事です。

主な業務は、参加者の健康管理、異常の早期発見、応急処置、各種医療機関への搬送など。

たとえば海外旅行に同行する場合、参加者の健康状態チェックや必要資料作成などを主とし、事前に参加者の名簿や記入表を確認します。

そのようにして持病がある方や健康状態に注意が必要な方のサポートや安全の確保に努めます。

求人の見つけ方

サマーキャンプ、林間学校、旅行会社企画の国内・海外旅行、スポーツ合宿など、ツアーナースには様々な場面への求人があります。

それらの募集がどんな時にどんな人によって依頼されるのでしょうか。

それは、個人旅行や企業旅行、学校の合宿や旅行、登山、キャンプなどが行われる時です。

求人を探す時には、ナース専門の転職サイトに複数登録

ツアーナースは、人気の仕事でありながらも求人数は少ないため、非常に競争率が高い職種の一つです。

一般的な求人サイトやハローワークで公開されることがほとんどありません。あったとしても期間も短いのが現状。

看護師専門の転職サイトの非公開求人として取り扱われることが多いため、 効率的に情報を収集するためにも転職エージェントを積極的に活用すると良いでしょう。

中でも、ナース専門の転職サイトに複数登録をするのが最も効率的です。

通常の看護師業と兼業できる?

仕事の休みの間や休みを希望して取ることで、ツアー看護師として働けます。

そのためツアーナースとして採用されれば収入面のアップが期待できそうですね。

Tags

ライター